ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

GW屋久島TOUR①
2017年5月11日

こんばんは。店長のまえだです。

車で博多から鹿児島南ふ頭まで向かい、
その後高速船に乗り込み、
当日2本潜る工程で出発したGWの屋久島ツアー。

無駄が嫌いな私。
電車がないこともあり、集合は6:00博多駅。
途中基山で6:30にはまちゃんをピックアップし、
トイレ休憩をはさんで10:20の高速船に乗るつもりでした。

ご察しの通り、時間に殆ど余裕がないので、時間厳守でお願いして出発しました。
事故でもあってたらアウトのスケジュールだったんですが、はまちゃん10分遅刻。。。
でも、毎回毎回心配事は起こらなくて、
なんでも順調に進んでこれたので、今回もそんなに
てか、全く何も心配してなかったんですね、わたし。
 
 

しかーし・・・
 
 

山江付近で事故により
車が全く進まなくなくなった時はさすがにヤバいかもって思ってました。
グーグル先生で調べてみたら、到着予定時刻10:30とかなっとるし、
前の車の人は降りて、タイヤ磨きだす始末。
車は一向に進まない。
仮に渋滞から抜け出したとしても
ハイエースじーさんが、そこからスポーツカーばりに
かっ飛ばすなんて、、、できないことはわかってる。

念の為、高速船に電話してみたけど、
「10:20定刻に出港するので、それまでに来てください」の一点張りで、
GW期間中はもちろん全便満席なので、
次の便に振り替えるのも不可能。
キャンセル待ちで空いた順に1人ずつ屋久島入りする・・・?
ないわー。

高速船以外で屋久島に入れる方法は、フェリーか飛行機。
フェリーは朝の便しかないので、乗れたとしても明日の朝。
鹿児島で1泊しないといけない。
HOTELもとらないといけない。
GW期間中・・・。
宿とれなかったら、
車中泊?
たまお君の豪邸に泊めてもらう?
ないよねー。

飛行機はもちろん満席。
値段も一番高い
これが一番ないわー。

お!
漁船チャーターという手もある。
漁師のおじさんに好かれる体質の私。
漁師さんなら人脈使えば、何とかなるぞ!と思ったけど、
チャーターお願いするなら、
漁船に絶対に乗らないと行けないので、
高速船に乗れる希望を完全に捨てないといけない。
漁師さんは誠実なお願いにはだいたいYESといってくれるけど、
保険かけられたりするのを嫌うのだ。

10:20発の高速船に乗れなければ、
もちろん当日キャンセルで1円のお金も戻ってこない。
おろか、GWの繁忙期。
屋久島でのダイビングや宿のキャンセル料も100%かかるのは当たり前。
どれが一番経済的な選択か、
そして何より今回サンライズの屋久島ツアーを楽しみにしてくれて、
GWに休みを取ってツアーに参加してくれたみんなが
楽しんでくれるのか色々考えたのだけども、、、、
 
 

乗るしかないのだ。
 
 
 
 

10:20に乗るしか選択肢はないし、
乗れなかった時のことを考えるのをやめた。

そしたら、頼みの綱はハイエースじいさんしかいない。
てか、ドライバーの大谷翔しかいなかった。

渋滞を何とか抜けて
山江付近から高速全線140kmでかっ飛ばした。

はじめはみんな冗談言いながら笑っていた参加者たちも
誰も笑わなくなった。
長距離移動にも関わらず、寝ている人は誰も居なかったし、
「トイレ休憩」なんて言葉は禁句。
ただ無言で手に汗握って走り続けたのだ。

正直私はこのままハイエース壊れて、
事故ってみんなで死んでしまっても仕方ないなって思ってた。
誰か一人だけ生き残るのはかわいそうなので、
死ぬなら全員即死がいいなとか思ったり思わなかったり・・・
まさに命がけ。
 
 

そんな中、
みんなの願いが通じて事故や車のトラブルはなく
10:18に港に着いた。
 
 

ダッシュで私だけ車から飛び降り、
受付を済ませて、乗り場に到着した時既に10:20。
みんなはまだハイエースから荷物を降ろしてたのが見えたけど、
「今日混んでて少し遅くなりましたけど、残りのみんなもすぐそこに来てます。」と、
平然な顔で言ってみせ、
チケットをチェックするおじさんと世間話をして、
時計を見るのを忘れさせる作戦を取った。
 
 

そうしているとずごい荷物をかかえたみんなが走ってきた。
間に合った~~~♡
みんなを船に乗せてホッと一息。
さて、私も乗ろうとしたけど、、、
手元にはチケット2枚。
あれ?
1人いない。
 
 
 
ウッチーがいなーーーーい!!!
 
 
 
 
10:23
「さすがにもう出ますよ」とチケットチェックのおじさまに言われ、
ウッチーだけ置いてくかと思ったその瞬間!
ウッチーが見えた。
ズボンのベルトを閉めながら走ってきた。
そう
ウッチー、うんこしてきてた。
「乗船してからうんこしろよ!」
って思ったけど、とにかく全員乗れたから怒らなかった。笑
 

乗船して、みんなは我慢していたトイレを済ませたら、
むちゃんこお腹が減っていることに気付いた。
 

しかし、コンバットも居ないし、お菓子も食べ物も何もない。
あるのは眠気覚ましのガムだけ。
いやいや
今むしろ寝たいからね。
隣の子供がトイレに行った隙にお菓子を盗もうかと思ったし、
博多土産に買った【通りもん】をこっそり食べようかともおもったけど、、、
なんとか空腹に耐え、
 
 

約2時間船に揺られ屋久島に到着したのでした。
 
 

ばんざーーーい。
 

今回の旅、ここ屋久島の港ではじめてやっと集合写真が撮れました♡

トミーちゃんが急遽来れなくなってしまったので
今回は私を含めて7名での屋久島の旅。

実は現地のガイドさんとツアーの前日電話で話をした際に、
・黒潮が入っていないので透明度が10m未満(5m~7m)
・水温が例年なら23度あるのだが、19~21度しかない
と聞いていたし、しばらくよかったはずの天気も悪い!!

でも、そんな事もはやどうでもよくなってた。

無事に屋久島に予定通り入れて、
それだけであとはどうでもよくなってた。

しかも、そう思っていたのは私だけじゃなくて、
みんな同じ気持ちだったこともなんか嬉しかった。

ほんわかした気持ちで準備を済ませてボートに乗り込む。

はじめてのボートダイビング・はじめてのツアー・はじめてのカメに
ちょっと緊張気味の彩ちゃん。
今年は勤務先が変わってGW久々に休みがとれたはまちゃん。
5/3-5休むことに全精力を使った大ちゃん。笑

打ち上げが楽しみでサンライズのツアーにいつも来てくれるウッチー。
8年ぶりに5連休を取ってこのツアーに参加してくれたテルちゃん。
いろんな思いで140キロでかっ飛ばした翔くん。
きっと翔君以外が運転してたらここに着いてなかったと思う。

みんなの強い想いが導いた。
改めて感謝の気持ちでいっぱい。

そして次回からはもう少しゆとりを持とうと思いました。わたし。
ハラハラさせてすみませんでした。m(__)m

そんな感じで、スタートからハラハラした今回の屋久島の旅。
文字ばっかり長かったけど、
ここからは海の様子をお伝えしていきますね~~

水中は、

透明度は5~7mくらいかな。

辰ノ口みたいな感じでした。笑

でも、リクエストしたウミガメは飽きるくらい居すぎました。

はじめてウミガメに会った彩ちゃん、
むっちゃ楽しそうにしてました。

てるちゃんは、急ぎ過ぎて
ハイエースじいさんの車内にカメラ忘れてきたけど、
そんなのどーでもいいね。笑

透明度悪くても・・

とにかくカメ。

カメ。


カメ。

カメ――。

この日会ったカメは全部アオウミガメでしたが、

1ダイブで8個体ものアオウミガメに会えました♡

1ダイブで一気にこんなカメみたの初めてかもしれません。

これには小さい生き物が見えないウッチーも大喜び♪

小さいウミウシも見ましたよ。

インターネットウミウシと教えられたけど、

なんか違和感を感じて調べてみると

パイナップルウミウシでした。

なんとなくパイナップルっぽいね。

1本目は屋久島を代表する一湊エリアの【タンク下】に潜り、

2本目も同じく屋久島を代表する一湊エリア
【お宮前】に入ってきました。

雨が降ってきたので、ウエット組は上がって少し寒そうにしてたけど、
完全に楽しさの方が勝ってましたね。

透明度は少し良くなって、
まぁ10mくらいかな。

リクエストしていたカエルアンコウに会えました。

オオモンカエルアンコウ。

辰ノ口で会えなくなったから、カエルアンコウに会うのはちょい久々。

いつも思うけど、小さいのがかわいいね。

ほかにもここではペアのオイランヨウジも居たし、

綺麗で人気者のシンデレラウミウシも居ました。

ライトを照らすとその色の美しさがわかるこのウミウシ。

特に珍しい種ではないんだけど、
インパクトのある名前とこの美しさでダイバーにはすごい人気のウミウシ。

同じくこのハタタテハゼも珍しい種じゃないけど、
すごく綺麗でダイバーに人気。

でもこの時の屋久島では水温が低いせいで
あんまり外に出てこなくて、ゆっくり観察しづらかった。
みんな見たかな?

そして!
これぞ屋久島の海!
亜熱帯と熱帯の魚が一緒に泳いでいるすごく珍しいエリア。

カゴカキダイとヨスジフエダイの群れ。

普通は同時にカメラに収めることはできないんですけど、
ここ屋久島ならそれが可能なんですね。

はまちゃんはバッテリーと充電器は持ってきたけど
一番大事なカメラを忘れてきたので、写真は撮れないけど、
のんびり生物観察し、

無事に工程通り2ダイブ終えました~~

宿は中心地から車で15分くらいのとこにある
いつもお世話になっている屋久島らしい素敵なロッジ。

今回は女子部屋と男子部屋お隣どおしで
部屋飲みも大富豪にも便利。

すぐ前にはきれいな川も流れているので、
夏場は水遊びもできるし、

ハンモックに揺られてマイナスイオン浴びまくりでリフレッシュできるよ。

夕食は地元の海の幸と山の幸。

ビールがむちゃくちゃうまし!

2日目のことはまた明日書きますね。

久々の長文ブログ、
ちょい疲れたな。笑

Page 1 of 11

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧