ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

クリーンアップ&赤瀬ダイビング&BBQ
2017年5月23日

初夏ですね
気が付かない間に、季節はどんどん移り変わっているようです

つい先日まで、ダウンを着ていたような気がするのですが
もうTシャツを着ています

そして、気が付いたら、またダウンを着ているのでしょうね

そういえば、この前SONGSっていうNHKの番組たまたま
見ていたら、店長の好きな「竹原ピストル」が出演していました。

番組の中で歌っていた「カウント10」を聴いて、
面白い歌詞を書く人だな~と感心しました

♪ダウンから、カウント1・2・3・4・5・6・7・8・9までは、
哀しいかな、神様の類に問答無用で数えられてしまうものかもしれない。
だけど、カウント10だけは自分の諦めが数えるものだ♪

まずこの「神様の類」っていう表現が面白く
色々な本を読み、あちこちに行き、
生きていくのに悩み苦悩してる人なんだろうな
と想像できます
(フルで聴くとさらにわかります)

あとは、

♪ぼくは、どんなに打ちのめされようとも、絶対にカウント10を数えない。
ちなみに話は変わらないようで変わりますが、
ぼくは“人生に勝ち負けなんてないんだ”という人の人生に、
心を動かされたことは、一度たりとも、無い♪

「この一度たりとも無い」っていう強い意志と
竹原ピストル自身へのメッセージに心動かされました

「言葉」というのはパワーであり、言霊でもあります
どんな「言葉」をチョイスするかで、その人自身の
人間性までも垣間見えてしまいます

しかし、今ではお行儀のいい言葉を流暢に話す人ばかりです

ほんとうに自分の思いを伝えるのに最適な
言葉を身につけるのがこのデジタル社会で生きていく
スキルであり、マナーでもあると思います

そんな魂の言葉を紡いでいる竹原ピストル聞いてみて
くださいね
「カウント10」

そして、話は変わらないようで変わりますが
クリーンアップの様子を書いてみます

この日は、快晴、ベタ凪の蒸し暑い一日でした

僕らサンライズチームは9時過ぎに受付を済ませ
第一陣を浜辺に降ろした頃には、もうかなりの
掃除が終わっていたようです

準備に時間を取られてしまったので
出だしが遅れてしまいました

それでも、なけなしのごみを拾う女子達

ゴミを見つけ、喜ぶ面々

浜辺のごみは跡形もなく消えていました

第2陣が到着したころには、
ゴミも回収されていました

僕は新品の軍手をつけていましたが、ごみを拾えなかったので
軍手は新品のままでした

あちゃ~~(困)

今年は30分早く集合したのですが、さらに来年は
更に、30分早く集合することにします

ゴミはエンドレスにやってきます
ほとんどが漂流ゴミなので、また流れ着いては
流され、また流れ着くの繰り返し

韓国、中国、漁師の漁具、板切れ、釣り具、
空き缶、ペットボトルといったものばかり

世界中のゴミたちが海の上を漂流しているんですね

もちろん、海の底でも漂流してますけどね

ゴミ拾いの後は、
初夏の「赤瀬探検ダイビング」
赤瀬は白瀬から北に行った、北寄りの
風の影響をもろに受ける場所で
博多湾に近づいていくので全体的に浅く、
階段などはないので、崖の上を下りていくのが
特徴です

浅くて、ほとんど誰も入らないので
海藻が覆い茂っています

ざっきーの髪が逆立ってびっくししています

海藻は「草」ではありません
「藻」です

「海草」というのは、「アマモ」などで
「海藻」は「ワカメ」などです

南国には大型の海藻はありません

しかも、日本には何千種類という海藻が生えており
南国からきた人が日本の海に潜るとびっくりします

そんな日本特有の財産をダイバーや釣り人は
鬱陶しがります

海藻は「魚のゆりかご」とも呼ばれ
卵を産み付けたり、隠れたり、休んだりと
まさに魚にとってはリゾート地

それを器材にまとわりついて邪魔だとか、
前が見えないとか、見てると酔うとか文句をいっては
いけません

邪魔だといっても、大型の海藻類は
水温があがる6月には消えてなくなってしまうのです

水深10mまで行くと、アラメが覆い茂っています

海藻の中には大型のマンリョウウミウシ

季節季節のウミウシたちを観察できます

これも、全て生態系の一部なんですね

南国の海で、透明度が高くあったかい
場所で、ただひたすら癒され、ミーハーに
遊ぶことも大事ですが、
自分が住んでる海の神秘に触れて、知見を広げる
ことは、人生において大事な何かを知るきっかけに
なるように思います

エキジット後に歩く石の上

海の石なのになんでこんなにとがっているんだろう
足つぼマッサージをされているような気分

アスファルトは熱いけど、平らでありがたい

「楽」=「楽しい」ではないを
味わえたダイビングでした

そのあとは、一回戻ってお着換えしたら、
サンディエゴおにい主催のBBQ

肉5キロ、魚介類1キロ、パン、寿司、揚げ物
ソーセージ、サラダ、お菓子など
18人で行うBBQで食えるかどうかの
ギリギリの量を持参しました

大食い好きの僕としては、腹いっぱいに食べる
様を見たいのです

お酒を飲まない僕は、釣りをしたり、食べたり、焼いたり
と適当に過ごし、日が暮れる前に撤収

2次会は
サンディエゴおにいの「不動サンライズ」
休憩室で行いました

なかなかくつろげる不動サンライズ
また打ち上げやろうと思います

もちろん、誰もいないときにです

さて、次回のイベントは多分あれです

あれですよ

次回もお楽しみに

RIO

サンライズの最新情報
☟☟☟
☆サンライズメールマガジン☆
の登録よろしくです

Page 1 of 11

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧