ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

11/3 命を守る人を育てる
2017年11月4日

いざというとき、
命を守る人を育てるEFR講習。

こういうことは、知っておいた方がいいのは
わかっていますが、わざわざ勉強する
のはめんどくさいと思ってしまう。

普段必要ないですからね。

でも、いざというとき
「知らない」は、できないの一択ですが、
「知っている」は、できるとできないの
二択になります

何事も、選択肢が多い方が人生に
ゆとりができるのは間違いありません

ゆとりができると、幅が広がるので、
行き詰まり感が減り、悩みが悩みで
なくなっていきます

結果、悩みの質が変化していきます。

そして、すべては自分の「決断次第」ということが
わかってきます。

「腹をくくれるかどうか」

決断したら、できるかできないかはわからないが、
とにかく、やってみる。

レスキューの場合であれば
もし、瀕死の状態の他人に遭遇した時
怖くて、何もできなかったとしても、
大事な人だったら、勇気を振り絞ってできる。

そんな感じでやってみたらいいと思います。

さて、この日の講習は
3名の男性が集まりました。

最近、女性が寄り付かなくなってきた
サンライズですが、今は女性は寄せ付けない
ほど男性の波動が強くなっている
ように感じます

それが、いいとか悪いとかではなく、
ダイビングを長く共有したい
僕にとって、気が楽なのは間違いありません。

元来、女性は気が変わりやすく
ロマンを追い求める性質が備わっていないため
男性ほど趣味に「はまる」ことはありません。

女性のロマンといえば、「恋愛」であり、
「男性」なのです。

そこに、女性の本質が隠されていますので、
趣味はあくまで、その延長線上に過ぎません。
また、妊娠、出産など人生の転機が、男性より多いことも
趣味に長く没頭できない要因にもなってしまいます。

かといって、男性ばかりでもむさくるしくなりますし
繊細さがなくなってしまいますので、女性も大事ですが、
どのバランスが一番いいのか、僕にもわかりません。

すべては川の流れにまかせています。
転がる石のように。

さて、話を元に戻して、
EFRの講習です。

EFRは毎回、同じようなブログになるので、
「動き」をまとめてみました。

めぐちゃんがともきにトントン

うっちーがめぐちゃんにトントン

ともきが人形に呼吸確認

うっちーが人形に呼吸確認

めぐちゃんの人工呼吸

うっちーの人口呼吸

ともき巻き巻き

めぐちゃん巻き巻き

うっちーコロコロ

ともきコロコロ

脈の取り合い

再度、取り合い

やったぜ!

男性ならではの「ロマン」見え隠れしたように
感じます

全員、レスキューの試験も一発合格しましたので、
次回は楽しい実技になります。

誰が事故者役になるのでしょうか。

サンライズは「でかい男」がわんさかいますからね。

最後に明日、日曜日ですがお店は終日閉まっています。

伊王島ボート!

RIO

Page 1 of 11

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧