ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • サンライズについて
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

1/18 辰ノ口でのんびり潜ろう
2018年1月20日

今日は、志賀島潜れました。

やっぱいいですね。

なんかあの岩場落ち着きます。

なんででしょうね。

今日もウミウシいっぱいでしたし
ダイバーもいっぱいでした。

その様子はまた明日。

さて、今日は一昨日の辰ノ口の様子から

ふじつぼ

りおふー

僕はタイで7キロ痩せました。
遊びすぎによる免疫力低下の
「嘔吐下痢症」により、5日間ほどまともに
御飯が食べれなかった上に
3ダイブ潜っていたので、痩せたようです。
しかも、いまだにあんまり脂っこいのは
食べれません

それはさておき、

海の中は水温この時期に珍しく
17℃でしかも、透明度10mと
素晴らしいコンディション

写真も撮りやすいのです。

ふーみんはDM講習のディープダイビングの実習。

水温17℃にエンリッチだと全く寒くないのでした。
むしろ「ほっかいろ」が熱い熱いになります。

地形はワイドでいい感じ

鯛がすごい寄ってきます

熱帯魚もまだまだ元気

2本目は、「ミジンベニハゼの観察ダイブ」のために
一本根から25mまで降りていきます。

すると、クロイシモチの幼魚に出会いました。

かわいいな~

幼魚はキイロなのです

うろうろしている真鯛にはコバンザメもついているのです。

真鯛は普通浅いとこにいないので、コバンザメに狙われて
しまうのでしょう

ふじりんも「プーマ形のジップの留め具」に
狙われてしまって、

「みみずばれ」になっていました。

かわいそうに

冬のダイビングは、夏と違って
いろんな部分で「繊細な調整」が
必要になります。

インナーの種類や形もそうですし、
おもりのつける位置や量など。

冬に快適に潜るようになれるのが
「ベテラン向き」だとも言えます。

繊細な調整が必要な「冬ダイビング」は
ただ、潜行できて、中性浮力が取れたら
上手いと思っているダイバーとは違い、
「知識」と「知恵」と「技術」が
必要になるのです。

ダイビングは「知識で遊ぶレジャー」である
ということをわかっている人は
本当のダイバーなんですよね。

RIO

Page 1 of 11

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧