ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • サンライズについて
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

2月になりました。
2018年2月1日

今日から2月スタートということで、
2018年もどんどん進んでおります。

今年は寒波が多く、寒い日が多いのですが、
海に行きたい症候群になっています。

海に行きたい理由
その1
「カニカメラを使いたい」
いまいち、上手く撮ることができない
あのカメラを早く使いこなしたいのですが
なにせ、講習や普通のガイドに持っていけないという
欠点があるゆえ、使えるのは完全なフォトダイビングの
時のみなのです
それを使えるのはあまり忙しくない時期をさします。

その2
「ひだまりとエンリッチとほっかいろの
相互作用の暖かさを実験したい」

「ひだまり」という肌着をご存じでしょうか
上下で20000円近くする高級肌着ですが
エベレストでも寒くないと言われる
国内最高峰の一品です。
それにほっかいろ背中お腹の3点張りにエンリッチという
最高の組み合わせで潜ってみたいのです。

なぜ、そこまで温かくして潜るのが楽しいのかって
いいますと、それは冬の海を快適に潜るという
「簡単そうで簡単でない難題をクリアしたい」
それだけです。

夏の海は初心者でも快適に潜りやすい環境ですので、
実際、トータル的に「感動が少なく」あがった後のご飯も
冬に比べると美味しくありませんし、お風呂も気持ちよく
ありません
魚や生き物を見つけたときの感動も
冬の時期の方がはるかに大きいと思います。

すべての自然の遊びは「不快適」が必要なのです。

その3
「体を使いたい」

最近、日常生活とダイビングに特化した
身体作りを行っていますが、
今の時点でどの程度
動きやすいのか、使いやすいのか
を試したいのです。

まず、ダイビングに必要な筋肉は下半身。
大腿筋はもちろんのこと、内転筋や臀部
といった「あおり足」で使う筋肉をメインに
背筋と腹筋いったコア部分やタンクを運ぶときに
必要な肩の筋肉や力こぶの筋肉などを
鍛えています。
しかし、ベンチプレスや腕立て伏せで鍛える
「大胸筋」は一切やっていません。

大胸筋が大きくなると、ドライの時に
肩バルブの開閉が苦手になりますし、
僕のような鳩胸体系では冬服が似合わなくなります。
昔の春日のようになってしまいます。
「トゥース」

ですので、見た目よりも使いやすい体を
目指しています。

そして、日常生活に限らず、人生において大事なのは
土台である足腰。

大抵のスポーツにおいても大事なのは下半身です。

そこがないとはじまりません。

さらにいうと、アウターマッスルよりも、
インナーマッスルが大事になります

服にしてもそうですが、
アウターがいくら丈夫で、分厚くてかっこよくても、
インナーがしょぼければ寒いのです。

若いうちは見た目や外見。
誰にどう思われるかを気にするので
アウター重視

年を重ねると、外見や見た目は気にならなくなり
インナー重視に変わっていきます。

つまり、他人にどう思われるのかと
いうことより、自分と向き合い内観していく
「インナー」の世界を重視するようになります。

服も筋肉も心もインナーありきなのです。

RIO

Page 1 of 11

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧