ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • サンライズについて
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

4/17 志賀島マンツーマンダイビングIN雨白瀬。
2018年4月18日

やはり、この方がいらっしゃると
かなりの確率で雨が降ります。

前髪で誰かわかりずらいですか
この方です。

最近、ばっさりと髪と未練を断ち切って
いい「気」に包まれ中の、せなこんぐさん。

しかし、バックが曇り空なのが、
よくありません。

運がどんどん上がってきているので、
このまま「雨曇り女」
を返上してもらいものです。

南西の風が強く、荒れ模様で、
ダイバーは、僕ら以外に、自転車ダイビング
おじさんただ一人。

そんな状況でも透明度はまあまあでした。

年々白瀬では、少なくなってきた
アメフラシ。

なぜなんでしょうか。

前がおかしいのか、
今がおかしいのか
わずかな歴史しか知らない僕らには
わかるわけもありませんが。

ハリセンボンも、ここのところよく出ます。

なぜなんでしょうか

さて、
ダンゴウオ探しに、P8の沖の
立岩に行きましたが、10分探しても
その姿確認できず、そこから、北白瀬側の
岩に進路変更。

しかし、P8からそこまで行くのは
距離があり、しかもウエイトベストを忘れ
ウエイトの調整が上手くいっていなかった僕は、
エアーの減りが早く、北白瀬の大岩に
行く途中で引き返し、なんとなく
この辺にいるかもと思った、小さい岩を
探してみると・・・

発見!

何かに導かれるように、一発で
見つけました。

肉眼で見えるくらいのサイズで
およそ0.8センチ

カメラ装備が不十分で、
綺麗に撮れませんでしたが、
大ちゃんならもっと鮮明に
撮ってくれていたことでしょうが。
大ちゃんはいません。残念。

2ダイブ目は更に荒れてきましたが、
ミズタマオトシゴ狙いで、メバル瀬~イカ玉瀬コース

メバル瀬でオトシゴを探すも、なんか気が乗らず
すぐにあきらめ、イカ玉瀬へ。
せなこんぐがフィンを履き直して
いる最中に、

ヤズの群れに遭遇。


僕らの周りを4周くらいして、
過ぎ去っていきました。

この群れは夏場にたまに遭遇する
ので、こんな時期に出会えると
びっくりします。

目がマクロモードですし。

イカ玉瀬に来ると、急に
ミズタマウミウシの匂いがぷんぷん

こいつがいるということは
絶対いますよね。

すると、せなこんぐが急にミズタマウミウシを
持ってきました。

なぜだか知りませんが、
頭から降ってきたそうです。

海の中はいつも想定外だから
面白いんでしょうね

兎にも角にも、ほぼ見たかった
生物クリアで満足の2ダイブでした。

今月で20本のセナコング。

次回は、ご自身で見つけて
ウミウシの魅力を
伝えてみてくださいね。

現在、黒瀬には劣りますが
白瀬でも「相当数のウミウシ」を
みることができます。

ちなみに、黒瀬は色々
大変なので、粟国島と同様
「MSD限定」にしております。

「相当数以上のウミウシ」を観察したい方は
MSDカードをお持ちください。

新しい世界を垣間見ることができますよ。

PS
今日の白瀬は最高でした。
その様子はまた明日。

そして、お兄のDM祝賀会へのご参加は
お早めに。

激しい飲み会になりますので
心と身体を整えて、万全の
態勢でのご参加よろしくお願いいたします。

RIO

Page 1 of 11

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧