ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • サンライズについて
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

6/22~24 伊江島ツアー ③
2018年7月6日

みなさんこんばんわ。

一日凄い雨でしたね。

DMのショーです。

さて、伊江島最終日は島の観光でしたので、今日はその様子をお届けいたします。

小さな島なのですが、観光バスが出ています。
と、いうか前田さんが、もともとない時間帯に
無理を言って出してもらったそうです。
そのおかげで立派な観光バス、サンライズ8名で貸切です。

色々教えてもらいながら見て回ったほうが、
より立体的に理解できて良いですね。

今見ているものの背景が分かると見え方が違ってきます。

伊江島を支えているのは、タバコなどの農業。

太宰府市とほぼ同じ大きさのこの島でタバコの販売高は、
毎年8億円を超えているそうです。

沖縄といえばサトウキビのイメージですが、
どこへ行ってもタバコ畑が広がっているのが印象的でした。

その他、菊やモンステラなどの観賞用植物が合わせて14億円。(出荷額でいえば沖縄一)

島らっきょうも有名です。

どうりでお金持ちなわけやで。

とはいえ大谷家ほどでもないですが。

貧乏人たちがわらわらとバスから降りてきました。

伊江島の最大の観光スポットに連れてきてもらいました。

パワースポット”ニャティアガマ”

地元の人々からは子宝祈願にもご利益のある御嶽
(うたき、沖縄古来の祈祷所、聖地のこと)
として信仰を集めているそうです。

こんな石もありました。

子宝に恵まれたいコン姐も石を持ち上げていました。

僕も心からコン姐の幸せを願っています。

その後潜った場所を上から眺められる絶景ポイントへ。

この島では使った生活用水はそのまま海に流れず、一旦ろ過されているそうなので、
常に島の周りも濁ることなく高い透視度を誇っているんだとか。

韓国人カップル風の二人がほほ笑んでいました。

なんか古臭くて面白い写真です。

つづいては、炎天下の中ハイビスカスを見に来ました。

ハイビスカス園の周りには広い芝生があり、
そこでは四葉のクローバーを簡単に見つけることが出来ました。

ひろしにも幸せが訪れます。

みんなも幼少の頃に戻って四葉のクローバー探し。

幸せな僕ももちろん見つけました。

虫食いクローバー。

ハイビスカス園にはたくさんのハイビスカスが展示してあったのですが、
沖縄ではハイビスカスって冬の花なんだそうで、
この時期はあまり花が咲いていませんでした。
暑すぎるんだそうですね。

最後は伊江島のシンボルたっちゅー登山!

291(にくい)段の急な階段を登っていきます。

これがかなりきつかったのですが、
登り切ると、島を一望できる絶景が広がっていました。

まぁまぁな強風の中、ひろしのドローンを飛ばしてもらいました。

高い建物が一切なく、かなりいい見晴らしでしたが、
ドローンで見る伊江島も楽しみです。

午前中で島の観光を終えて、本島に戻ります。

前日梅雨明けした沖縄はむかつくくらい暑かったです。

そんな中レンタカーでつぼやんリクエストの【古宇利大橋】見学。

その後、ひろしのリクエストの【がじゅまる】見学。

最後に【真栄田岬】を覗いてきました。

梅雨明けした最初の日曜と言うだけあり、
すごい数のダイバーやスノーケラーで賑わっていました。

外人も多くて僕は得意の英会話でコミュニケーションとりまくりました。

いえい。

日焼けした俺もイケてるぜ。

3日間遊びまくって今年も最高の夏が始まったぜ。

伊江島ツアーブログおわり。

連日読んでいただきありがとうございました。

ではまた明日。

Page 1 of 11

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧