ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • サンライズについて
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

8/5 2018年初!沖ノ島ダイビング
2018年8月5日

今年初の沖ノ島は、まあまあ風が
ありましたが、なんとか行くことが
できました。
(ちなみに、僕は2年ぶり)

ありがとうございます。
田心姫神様

次回もよろしくお願い致します。

(Hちゃんが参加しなかったことの
方が大きいのかもしれませんが)

ゆめタウン裏の
東浜港
7時30分出港

これから、2時間の船旅

水しぶきをあげながら、
疾走する漁船チャーター船で
沖ノ島に到着

ヒロロイは、沖ノ島の
世界遺産登録をお祝いしておりました。

そして、誰がどう見ても
レンタルウエットでした。

これを見て間違える人は
だいぶ変な人です。
そして、書いた人も。

つぼやん綺麗にエントリー

透明度はいいとこ10m
悪いと8mくらいでしょうか

それでも、ダイナミックな地形に興奮
したまゆコング


シロマスクとハリセンボンの
コンビネーションが素晴らしい

ここは遺跡のポイント

昔、階段だったとされています。

そんな情報を聞いて
一眼をお持ちの方は
黙ってはいません。

しっかり、カメラに収めて
くれました。

猫風に。

猫型に。

なぜ、猫なんでしょうか。

相島と間違えてらっしゃるんでしょうか

びっくりあやかちゃん

マスクが店長とお揃いに
なって、見分けがつかなく
なってしまいました。

見分けるコツは
レギホースの色で
店長は、ピンクです。
そこを真似られたら
いよいよ分かりませんね。

水深20m付近での記念撮影は
どうしても暗くなってしまいます。

DECO出るので、早く撮りたかったのですが、
まゆこんぐがカウントダウン
無視して、息を出すので、
なかなか撮れませんでした。

まゆこんぐは、
RIOザップをしているにも
関わらず、パスタ食べたり、
ビール飲んだり、お菓子食べたり、
ちょっと痩せたことに安心しきって
なめた食生活を送ってますが、
改善や運動習慣を変えない限り
1ヶ月もしないうちに以前よりも
体重が増えるのは、よくあることです。
潜在意識から変えていくのが、
本当のダイエットであり、
一生同じ体型を維持できるのです。
くれぐれもダイエット終わったと
思わないでください。
始まったばかりですので。

話は元に戻して、
最後は、キンギョハナダイと地形を
ゆっくり見ながらエキジット。

流れもなく、泳ぎやすかったです。

2本目は、
トンネルポイントでしたが
こちらは若干透明度が
上がってました。


沖ノ島の面白いのは
アジやイサキといった
温帯の魚とタカサゴや
クマノミ、キンギョハナダイ
といった熱帯の魚が
混合でいるところです。

ソフトコーラルが多いのも
特徴です。

水深30mの岩で、
シロウミウシと
遊んだら、

一気に浅瀬に戻り、

沖ノ島上陸

顔も出してみました。

半上陸という感じでしょうか
釣り人は、男女問わず
磯や堤防に上陸してますので、
このくらいはセーフです。

テンション上がりまくり。

いえーい!

60分潜って浮上というとき、
一人だけダイコンを見ておらず
DECOを出したまゆこんぐ

減圧停止と安全停止で
合わせて5分。

窒素を抜いて上がったようですが、
ダイコンをしっかり
見ることと、使い方を
学んでください。

ファンダイブのガイドは
そこまで管理しませんよ。

今日は怒られデーのまゆこんぐで
ありました。

まあ、怒られてもあまり
応えた様子はありませんけどね。

次回の沖ノ島は
キャンセル待ち状態で、
参加は不可ですのであしからず。

さて、
夏のトップシーズンに入り、
マスク、フィン、ダイコン、
ウエットスーツなどを買い替え
気分新たに快適ダイビングを
行う方が増えております。

ありがとうございます。

サンライズで、購入された
商品は、修理、パーツ取り寄せ、
使い方の説明、使いやすくする方法、
修理の際のレンタル品貸し出しなど
手厚いサービスを行っております。

逆に、他店、ネットショップで
購入された商品に関しまして
修理、交換パーツ取り寄せ
使い方の説明、使いやすくする方法
などは、一切行っておりません。
ですので、わからなくても独学ですね。
(ちなみに、カメラを他店で買ってきたけど
フォト講習を行うという場合は
カメラを使いやすくする方法などは
教えますが、修理等はやりません。
※レギのオーバーホールのみ行っています)

そもそも、そういった修理関係の作業は
時間がかかって、めんどくさい上に、
利益が出ませんので、やればやるほどマイナスです。
(スタッフの勤務時間は無料ではありません)

サンライズで買ってくれた
方への感謝の気持ちで、
お値段以上の対応をしておりますので
まさにプライスレスとなっております。

そして、プロショップが対応してくれる
ことがいいのは、海(現場)での安心感が
違うからです。

なぜなら、どんな器材も「ちょっとしたこと」で
調子が悪くなりがちだからです。

その場ですぐに直るものでも、
自身で直せないとなると、
レンタル代を払って潜り、
その後、自分でメーカーや代理店に
問い合わせて修理に出すのは
めんどくさいを通り越し、更には
時間もお金も損をする可能性が
高くなります。

ネットショップ全盛の時代に
ネットで買うなとは言いませんが
ダイビング器材において、
ネットとリアルの差が確実に
あるのも事実です。

その辺も考慮しつつ、ご自身で
責任を負えるものだけを
購入、(または譲渡)
使用するのが賢い選択肢
だと思います。

そして、僕は以前より、幾分高くても、
プロショップで買うことをお勧めしています。

いくらでもわがまま聞いてくれる
プロショップのサービスはネットショップ
ではあり得ませんし、器材を個々の体格
や趣味に合わせてアレンジして使いやすく
してくれるのは、プロショップならではです。
もし、全て対応してくれるAIが登場しても
現場では無理でしょうから、当分は
プロショップに軍配が上がると思いますよ。

まあ、22世紀になったらわかりませんけどね。

RIO

Page 1 of 11

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧