ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • サンライズについて
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

8/12 魔夏の黒瀬&白瀬
2018年8月12日

みなさんこんばんわ。

DMのショウです。

気が付けば8月中旬。

夏はあっという間ですな。

一度きりのこの夏を遊び尽くすべく、今日は黒瀬に行ってまいりました!

ちょい波がありますが、上から見ただけでも透明度よさげ。

ベストシーズン真っただ中に黒瀬に行く機会はほんとに少ないです。

その貴重な機会を逃さずやってきた熟練ダイバーたち。

めちゃくちゃ暑そうです。

暑いと早く海に入りたくなります。

ドボンと入れば、予想通り透明度GOOD!!

透視度8m!!

前回の黒瀬(3か月前)では1mも見えていなかったの大違いです。

地形が面白い黒瀬は透視度がいいと泳いでるだけで幸せになりますね。

店長のGoProアクシデントにより残念ながらワイド写真少なめですが

生物を沢山見てきたようです。

ピッコロも夢中になって、なんと200枚近くも写真を撮っていました。

一人でタツノオトシゴがやらも見たそうです。

ピッコロのバディの大将さんも一人でミナミハコフグを一人で見てたらしいです。

あと、オトヒメエビも。

こういう誰かに教えたい生物を見つけた時に限って、

周りに誰も居ないんですよね(笑)

というか志賀島でオトヒメエビなんて見られるんですね。

そして黒瀬といえばツユダマガイ。

白瀬では見かけないんですが、黒瀬では年中見られるようです。

そんなに離れてないのに見られる生物が変わってくるのが面白い。

黒瀬のポテンシャル恐るべし。

白いおじ様はそんな生物には興味を見せず、今日もコイボを撮っていました。

ブレませんな~~~。

そんな感じで黒瀬組が遊んでいるとき、たっちゃん×2は白瀬でファンダイブ。

さすが白瀬をこよなく愛す男たちです。

こちらのチームはガイドのたっちゃんが写真を撮り忘れたので写真なし。

ゲストのたっちゃんは最高だったと言っていたので、

きっといいガイドをしてくれたのでしょう。

沖に行きたい衝動を抑えながら僕はこちらのお二人と体験ダイビング。

にっしーは最初のスキルチェックで慌ててしまい、くじけそうになっていましたが

綺麗な海を悠然と泳ぐ魚の群れをみていたら

だんだんと落ち着いてきてばっちり楽しんでくれました。

音ちゃんは、学校で習っているだけあってめちゃくちゃ上手。

初めての海には驚きがいっぱいでしたが、

特にウミウシには興味津々でしたね。

ウミウシは飼育が難しいので、水族館ではなかなか見ることが出来ません。

ダイビングならではの出会いです。

上がるころには二人とも随分上手になって自分でスイスイ泳いでついてきててビックリ。

潜れば潜るほど上手になるのがダイビング。

いつでも潜れる地元の海で上達して、色んな海で楽しめるダイバーになってもらいたいものです。

そんな感じで楽しい一日となりました。

明日は、無制限ダイブの日!!

7本無事に潜り切れるのかな。

それではまた明日!!

8/12 蒸し風呂プールでわいわい講習
2018年8月12日

プールが暑いです。

冬寒くて、夏暑い

ほどよく自然に近い
ダイビングプールですが、
現在の水温31℃と
自然とかけ離れてきました。

水に入らないと、熱中症に
なりそうです。

仲良し4人組はわいわい楽しそうでした。

夏休みの子供のように

おもちゃ(器材)と

水に戯れておりました

深い方でも、

思い思いの

思い出ができたように思います。

もしも今後、ライセンス取って
一生潜らなくても
この夏はいい思い出になりますよね。

大人になってからの
初経験だらけですから。

この仕事をしていると
人も魚も一期一会だと
つくづく思います。

でも、縁あって出会ったわけですから
時間は短くても長くても関係なく
濃密な空間を楽しむことが
この仕事の最大の課題なのです。

そして、人はどんなに口でいいこと
言っても腹で何を考えているのか
わからないように、人間関係の駆け引きも
濃密な空間を過ごすための
エッセンスであり、複雑に絡み合った
時間と空間と人とモノが
ダイビングというレジャーを
これまでの次元ではない
パラレルな世界へと変化させます。

今日も、新たな世界を「かいま」
見れるよう、古い世界を跋扈
しつつ、無制限ダイブ行ってきます。

RIO

Page 1 of 11

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧