ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • サンライズについて
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

9/18 フジナミウミウシを探すダイビング
2018年9月19日


秋晴れでした。

ガイドはわたくし。

せなこんぐが撮ったいい写真です。
水平線がまっすぐだったら、
入賞でしたね。

バディーは、この通り
最近、シロマスクがかわいい
ぷーみんと演技派ふじこ

国家資格猛勉強中のまゆこんぐと
コンテストに向けてセンスを磨く
セナコング

2人ともいい結果が残せるよう
お祈りしておきます。

1本目は、セナ&まゆを
P3へ、フー&ふじをP5に
置いてくる計画でしたが、
僕のエアーがなくなり、
全員P3に置いてきました。

せなまゆを二人で潜らそうと
思ったのですが、ふーが
連れて帰ってきてしまいました。

2本目は、なぜかきっちり潜って
新しい生物を探そうと思って
しまったので、僕用に持ってきた
ハーフタンクは、セナコングに
背負ってもらいスタート。

1本目、2本目とも
フジナミウミウシは不在

P6に着いた時、無性に
のりこんぐにもらった
「田舎ディナー券」のことを
思い出し、食べたくなったので、
聞いてみました。

スレートにて
快く、OKを頂きましたので、
僕以外に、唯一チケットを持っている
店長と行くことを決めました。

イカ玉瀬付近で、発光魚と

小馬魚を見つけ、

P4付近で、型のいい
いっさき(地方名)に遭遇しました。

その下には、婚姻色のお歯黒ベラが
底石でじっとしていましたが、調べた結果
なんだったのかはわかりません。

ハーフタンクのセナコングは
我慢我慢で、マックス水深12m、
70分を潜り切りました。

僕は、フルタンクで、20BARの
ギリギリのフィニッシュでした。

この日は、シャワーさんが閉まっていたので、
新宮IKEAのフードコートで、スウェーデン風
ご飯を食べ、ショールームを見て周りました。

フカフカのベットに横たわると
ものすごい眠気に襲われましたが、
無事帰ってこれました。

フジナミウミウシはP1付近にいますので、
皆さん探してみてください。

必ずいます。

見つけたら、SNS等で発信してくださいね。

RIO

9/17 2018年放生会の様子。
2018年9月19日

古代インドに起源を持つ放生会は、
生き物に感謝の意を伝え、
秋の豊穣を祈るお祭りです。

ですので、お宮ではしっかりと
生き物へ感謝の気持ちを伝えます。

人間は、動物にしろ、植物にしろ
何かを殺して食べないと、生きていけない
なんともやっかいな生き物なのですから。

食べすぎて、ダイエットする人は
基本的に生き物への感謝の意が足りません。

さて、山笠が終わると夏が始まり、放生会が来ると、
秋の始まりと、博多の人は言いますが、
実際はどちらの祭りも暑いので、夏の
お祭りのイメージがあります。

放生会は、子供の頃から数えると、
相当数、通っていますが、
30も過ぎたあたりから、箱埼宮に参拝すると
ささっと帰宅するようになりました。

毎年定番の催しもの(見世物小屋等)や、
屋台の食べ物は、「飽きてしまった」うえに、
お祭り価格の料金設定が、購買意欲を
失わせてしまうからです。

しかし、今回サンライズのメンバーで
放生会に行ってみようという企画に
ちょこっとのっかり、
プール終わりに駆け付けました。

まずは、お参りをしようと、
宮の方へ歩いていると、

偶然人ごみの中で、メンバーたちと
遭遇しました。

これも神様のお導き

その後の待ち合わせ場所も大雑把に
しか、聞いていませんでしたが、
偶然入ったお店にまたもや
メンバーたちを発見。

ここで、タダ飯(殺人級の焼き鳥)
を食べ、あやかちゃんにおごってもらった
お茶を飲み、射的をしようと外へ出たら、
シャワーの葉山さん(息子さん)に
遭遇。

ビールとジュースをおごってもらいました。

ここでもタダ飲み。

そして、射的もみんなから
集めたお金でやりました。

タダ射的。

落ちたのは、
丸川のオレンジガム一個。

一個で十分です。

そして、うなぎ釣り

弱糸500円
中糸1000円
強糸3000円
(釣れなくてもウナギ1尾付き)

僕は中糸でチャレンジしましたが、
ひっかけて、端に持ってきたまでは
よかったですが、ウナギの動きに
耐えれず、あえなくラインブレイク。

コツは、端に寄せて、えらを出し、うなぎが苦しくなって
よじ登ってくるのを待つのだそうですが、
子供の時からそのコツは変わっていません。

そして、僕は一度たりとも、あがったのを
見たことがありません。

そして、中糸でも
あっけなく切れる強度にも
関わらず、小夏丸とひろしは
500円の糸でチャレンジ。

一見、うなぎの散歩のように
見えますが、弱らせています。

生き物を侮辱しているかのような
うなぎ釣り。

最近では「カラーひよこ釣り」は、
なくなりましたが、(動物虐待反対の流れかな)
ザリガニ釣りなどは、まだまだ健在です。

うなぎに夢を見た小夏丸は、最後まで500円の糸で
果敢にチャレンジしましたが、酔っぱらった
小夏丸など、ウナギの相手ではありません。

最初から強い糸でやっていれば
よかったのではないかと
思うほど、「過剰投資」しましたが、
あえなく終了となりました。

戦ったウナギも、身体のあちこちに切れた
針をつけ、やった方も
やられた方も、どちらも得はありません。

これは、釣れるよ、釣れるよとあおりを入れる
おいちゃんだけが夢を見る
ウナギドリームなのでありました。

放生会の締めはやはり、
お化け屋敷

男子の輪の中に女子を入れるという
作戦なら、やってもいいという
怖がりしぶしぶな女子達を連れ、いざ
中へ。

その前に、入場料が半額になっていたのが
気になっていましたが、その理由は
入ってわかりましたが、お化けが異常に少ない。

実際、出てきたのは2人だけ。

それでも、人生初のお化け屋敷に
小夏丸は入った直後から
号泣。

まいちゃんは、目をつぶり手を引いて
もらって歩いていました。

しかし、さすがにこれでは500円の価値もないと
思い、僕は3人目のお化けとして
みんなを脅かしたのでありました。

みんなで行くと、また違った視点から
楽しめた放生会でした。

来年は、見せ物小屋チャレンジしたいと
思います。

最後に、たつぼうの家から捉えた
スクープ写真。

未成年をホテルに連れ込む
○将容疑者

どこから狙われているのか
わかりませんので、お気をつけください。

RIO

Page 1 of 11

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧