ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

コンバットにダマされた日
2017年3月2日

僕は春のダイビングのポカポカお外にお水がひやっと
気持ちよく、汗もかかずにさらっと快適
海もきれいで、オトシゴたくさんと
お気に入りの季節

逆に、夏は汗と塩でベタベタ、蚊とクラゲにチクチク、
日焼けでヒリヒリ、暑さでバテバテ
日本の夏ダイビングはあんまり好きくない

久々、ルンルン春ダイビングに日曜日に行ってきたのですが、
この日はハイエースが大分に行ってたので、
レンタル軽バンとりなぴょんのワゴンRの2台出しで
計8名のドライブ

シャワーについたら、荷物を軽のバンに積み込み
2往復でメンバーを運ぶ段取りで
DM候補生コンバットが仕切り、
誰が先に白瀬に行くのかを決めることに

僕は「荷物を運びたくない」との意思をコンバットに伝え、
先発でも後発でもどっちでもよかよと言うと

「RIOさん、今積んでいるのと、同じ分だけ荷物残って
るから、先でも後でもあんまり変わりませんよ」と
はっきりと言うもんだから、早く海に行きたい僕は
先発チームを選択しました

助手席に乗り、その他、後ろに誰が乗ったのかあまり気にせず
ねもやん運転で出発

白瀬について、ハッチバックをあけてみると、
驚愕の事実が!

メッシュバックが天井までぎちぎちに積まれ、
タンク全部16本、ウエイト8本と
ほぼすべての荷物が入っていた

そして、後ろのメンバー確認すると
つるっこ、おざきくん、りなぴょんと
ものすごいひ弱な精鋭揃いではないか

シャワーに残っている、コンバット、ふーみん、
きゅうちゃんというガテン系メンバーは
1人もいない

ねもやんは次のメンバーを迎えに、シャワーへ戻り
ひ弱な3人とガテンの僕で全部降ろすことに

まじコンバット殺す!!

復讐方法を頭に巡らせながら、
車にひかれないように、道路を横切り
崖から降ろしていく
でも、荷物を受けとる人も降ろす人も非力だから
基本フラフラフラフラ
時間をかけてようやく降ろすことができた

汗もかいてのども乾いたので、お茶でもしようと
周りを見渡すと、重たいポットはあるものの
肝心のコーヒー粉もコップもない

コンバットの策略か

のどカラカラで待っていると、
ようやく次のメンバーが来た

案の定、荷物はほとんど入ってない上に
なんの悪げもなく、コンバット登場

「すいませ~ん あんまり荷物なかったですね~
 なんか勘違いしてました~~」

でしょうね!!怒

ちなみに荷物の運搬で一番疲れるのは
タンクや!!!!
2番目にウエイトや!!

「あんまり大きい人ばっかり乗せたら、車が
 走らないかもと思って軽い人乗せました」

は~~~~~っ!!

そんなら、タンク半分置いておけや!!!

このことは一生語り続けていきたいと蛇年の
RIO先生は固く誓いました
そして、いずれコンバットに倍返しで復習します

ようやく、準備も終わりいよいよダイブ
こっちはファンダイブチーム

オトシゴ見つけるぞ

こっちは、あほ女&ねもやんDM候補生チーム

1人、どうせあほあほな水中地図を描くんだろうけど

水温は12度だけど、上であったまっていたので
ひんやり気持ちがいい

体が冷えているのか、あったまっているかで
寒さの感じ方が全然違います
実は、水温より気温と体温の方が重要なのです

何か見つけるとみんなでワラワラ集まって写真撮影

この日は目の前にオトシゴが現れるという幸運

普段、全然見つけきれないので
めっちゃうれしかった

そして、つるっこがハリセンボン連れてきた

ハリセンボンめっちゃかわいいよね

僕の魚ランキングベスト3に入るハリセンボン
でも、膨らんでないとランク外

あとで、聞いてみるとハリセンボンは
コンバットにもらったらしい

水中地図まじめに書けや!
ていうか、ついてくんな!あほたれ!

そして、手を放すと
ハリセンボンは水温が低いせいか
ゆっくり泳いでいきました

幻想的なハリセンボン

きれいだな~~

ばいばい~

コンバットむかつく

砂地には、冬の魚カレイもいました

カレイはヒラメと違って、目が出てるし
唇が分厚くて、ちょっと不細工
でも、僕は食べるなら、ヒラメより断然カレイが好き
煮つけ最高だもんね

コンバット腹立つ

そして、4つ岩の方まで足を延ばすと
奇跡的にも2匹目のオトシゴ発見

これは普段からいるらしいけど、
僕はそんなの知らずに見つけたんだから
驚きでしょ

コンバットどうやっていじめようかな

2本目は、4つ岩まで行って40分も過ぎたし
そろそろ帰ろうかと思って、行こうとしても
つるっことりなぴょんがウミウシかなんかを
じーっと見てて全然動かない
「2人は適当に帰ってね」ってスレートに書いて
他のみんなと帰ったんだけど
2人ともコンパス持ってなかったらしく
迷って、浮上して、ウニウニパニックの
浅瀬からエキジットしてきました

コンパスのスキルはいつでも使うので
さびつかせないようにね

ウニウニパニックの浅瀬はドライに穴が開いたり
することもあるよ

とまあ、天気も透明度もよく、
基本的に満足の一日だったんですが
なんかコンバットのことだけむかつきました

ベタにカラシ入りのシュークリームでも食わそうかな

ねえ

他には何がいいと思う??

コンバットが一番嫌がるやつ誰か教えて?

RIO

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧