ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

ダイビングの楽しみ方についてその2
2016年11月22日

こんにちはRIO先生だよ

ヌルフフフフ

ご好評につき今日はダイビングの楽しみ方その2

オープンウォーターライセンスは値引きしてるお店
よくあるでしょ

うちもそうなんだけど、なんで値引きしてるかっていうと
オープンウォーターってそれだけ持っていてもあんまり使い道ないからなの
だって、18mって変な深度制限つけられてるでしょ。
オープンウォーターで100本潜ったっていう人も知ってるけど
その人は黙って30mとか行ってるはず。
海の中の18mなんてめちゃめちゃ浅いからね。

とは言っても教えるのめんどくさいし、時間もかかる。
ほんとは安くしたくないけど、オープンウォーターは
有料メルマガのお試し無料期間みたいなもの

申し込んだ本人もやったことないから好きになるか
わからないので、自分自身へのお試しっていうことにも
なってるんだけど

ダイビングなんてマイナーなレジャーはまずはやってみないと
何にも始まらない

かといって、体験ダイビングは自分に向いているかどうかの
指標になりにくいのね

だって、体験ダイビングは重たいおもりつけて、中性浮力も取れないし、
インストラクターに引っ張りまわされ、そこの定番魚を見せられ
よくわからないうちに終わってしまう

でも、体験ダイビングしたい人はそれで大体満足する
だって、それが目的だから

なので、オープンウォーターに申し込む人は少ない

体験ダイビングを昔やったことあったり、
何度も体験してる人が、何年か後とかに申し込む人いるけど
それは体験ダイビングをやったからとかあんま関係ない

もしすごい面白かったら、すぐ始めるでしょ

お金と時間ができたからやってみようとか言う人がほとんど

体験ダイビングの経験は関係ないよね

だから、ほんとの体験ダイビングはオープンウォーターなんだよね

ほんとは体験ダイビングと同じ価格でオープンウォーターやってあげた
方がいいんだけど、それはそれで怪しまれるし、客層も変わってくるから
それはそれでよくない

(ていうか、PADIが教育システムをガラッと変えてくれたらほんとはいいんだけど)

大体、安くすると安く潜りたいやる気ナッシングのお客さんも
たくさん集まってくるからそれを対応していくのにスタッフが必要になる

実際は高くした方がいいお客さんが集まってくるんだけど、
それはそれで広がっていかないし、もっといろんな人に知ってもらいたいって
いう気持ちとの葛藤があるわけです

結論としては、100人集めるために200人を相手にするんではなくて
1000人相手にするしかない

なので、オープンウォーター安くしてますので、

あんまやる気ない人
誘われたから来た人
ライセンス取るのが趣味の人
とりあえず人生の思い出作りに来た人
安かったから来た人

やるかやらないかは別として
思いっきり楽しんでみてほしいと思います

サンライズの優秀なスタッフが最後まで面倒見てくれます

ライセンス取って、一度は続けるのやめたけど
やっぱ楽しそうだなと思って続けるのもOKだし
一生潜らなくてもOK

去るもの追わず、来るもの拒まず

サンライズは誰の選択の自由を奪いません

とは言っても、みんな口実を作って潜りたい人や
教えるの好きな人ばっかりだから、全然苦じゃなかったり
するんだけどね

そんなわけで、今日は火曜日のお休みの時間を使いブログを書いてみました

それではまた

ヌルフフフフフフ

RIO先生

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧