ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

会社と人生の在り方
2016年8月14日

僕はどんなに忙しい時期でも月に3冊以上の本を読んでいる
ジャンルを問わず、興味のあるものをランダム選ぶわけだが
そうすることで、著者の考えによる偏りに傾倒することなく、
自分の興味がどこにあるのかを常に知ることができる

最近の興味は「会社の在り方」
会社は本当に意味のある存在なのかということ

会社という組織は社員がいっぱいいればいい会社で
少ないとしょうもない会社というのが一番一般的な評価だ

本当にそうなのか

昔から疑問に思ってきた

自分が実際に経営をやってみると更なる疑問に変わってきたわけだが、
じゃあサンライズに社員がいっぱいいればもっと売り上げが上がって、
よくなるのかといえば、別にそんなことはない

もっと投資をして、チャージの施設や現地施設を自社で作ったり
それに伴いスタッフを増員して、そして営業部員を教育して、
たくさんの企業やグループなどに売り込みにいって、支店を作る

組織が大きければ大きいほど、たくさんのことができる
そう思っているのかもしれないが、そんなことはない

そもそも、社員をいっぱい抱えるということはそれだけ
リスクをたくさん抱えるということにもつながる
それを承知でたくさんの社員を抱える会社は
仕事を社員に割り振れる分、楽になっていくという前近代的な
会社の在り方なわけだが、別に社員をたくさん抱えなくても
少数精鋭のスタッフでやりたいことはなんでもできる

僕は物を基本的に所有するのが嫌いで、一番たくさん持っているのは
釣具くらいだ

残りの趣味や仕事道具も大好きなものを少量しか持っていない

もちろん、僕の家は基本的に物が少ない

なので、サンライズをやっていくうえでも必要なものしか持っていないので
ほとんどがレンタルや外注、委託といった形をとっている

そうすることで、無駄な仕事から解放され自由な時間が増える

常に最適化を目指し、好きなことをする時間に回していくのだ

そうすると、周りの人達から、レンタルや外注、委託ばっかりではなく
自社ですべてを所有し、サービス力をあげて、会社を大きくし
もっと売り上げを上げないといけないといわれることがある

僕としては、そこまでお金に困っていない上に、好きなことができる状態を
手放してまでそこを目指そうとは思わない

しかも、現地のショップや現地のお店でお金を使ってあげることで
喜ばれて色んな情報をくれたり、助けてくれたりするので、
実際には全く損はしていないし、リスクも回避されているので
無駄なストレスから解放されている

僕は常に自分の人生を一番に考えているので、
とことんやりたいことをして生きていきたい

全てが全自動化され、生活に時間を奪われなくなった
この現代に時間を使おうとすると、仕事以外にすることがない

遊びを極めてやっていくと、大抵それが仕事になってしまう

仕事になってないのは、そこまで極めてないか
仕事にするほどまだ自信がないかのどっちかだ

アマチュアで何かを極めようとしても、やはり限界がある

プロになってからしか、見えてこないものがあるので
結局、極めるとプロになる

それが、副業であろうと、なんであろうと関係ない

でも、そうやって遊びを仕事にしながら生きていけば
特にお金に困ることなく、ストレスもなく、自由に
生きていける

せっかく、こんな豊かな時代にしてくれてるわけだから
昔みたいに汗水たらすのはやめよう

もっと好きなことをしよう

これを読んだ人は是非そうしてほしい

RIO

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧