ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

佐々船の大航海。
2015年10月10日

さわでぃーかっぷ。

昨日は、またまたしょーくんがブログ更新で
一気に注目度アップ。

面白いよね。
しょうくんって多重人格者みたいで
どれが本物なんだろうね。

ちなみに、今日、店長は結婚式で不在。
(店長は明日15時頃出勤予定)
あたしはさっきまでヨガTT。

今からがっつり開いてますって、もう18時過ぎとるがな。
土曜日なのに、お店開けてまてーん。

そんなわけで、
今日は、佐々舟の大航海の様子を。

佐々舟は今、ハウステンボスのそばの港に
停めてあるのだが、拠点を平戸に移すため
航海をする日を1ヶ月前から計画していた。

しかし、風などに影響でいけず、僕と佐世保湾で
遊んでいたのだ。

10/5僕がリチェルカ組と平戸で釣りをしていたとき
風がめちゃめちゃ強くて、ほとんど沖に出られなかった
次の日の10/6に佐々船長は航海を決めたのだった。

それにあわせて、僕も係船ロープを海底に固定するため
器材とタンクを持って、平戸へ向かった。
(平戸2連チャン)

どんなルートでいったかというと、これ

遠くない??
車で行っても何時間もかかるわ。

GPSやコンパスは使わず、山立てで
いわゆる地形の見た目で進んでいく。

まず、大村湾を出て、佐世保湾を抜け
黒島に向かった。
黒島につくと沖は荒れていたのはわかっていたが、
ここまできたら半分、引き返してもいいのだが、
そのまま突き進む。

本当はそのまま平戸大橋の方向に行くはずが
山立てなので、間違って平戸の最南端
宮之浦方向へ。

そして、幸漁丸の港の早福港の沖にある
島でおかしいことに気がついた。

ここは以前、幸漁丸に乗り合わせたおっさんが
ヒラマサを釣ったとこだ。

あわてて、携帯のマップを見ると、場所を確認できた

そのまま突き進んで、生月島の橋をくぐっていけば着くのだが
荒れすぎていたため、また戻って平戸大橋を目指す。

引き返す途中、かなり荒れていたが、平戸大橋まで
無事行き着いた。

平戸大橋を出てすぐ、北東の風が強烈に吹いて
おり、波も壁のようになって襲ってきた。

佐々舟は転覆寸前。

笹の葉のように揺られまっすぐ進めず、斜め斜めに
ジグザグジグザグ。

あの佐々船長が死ぬかと思ったっていうくらいだから
それは相当な波だったんだろう。

その後、波を後ろにうける格好になり、大波に
乗りながら、無事古江港に到着。

4時間近い航海でガソリンはすっからかん。

そして、ほぼ同時期に僕も港に到着。

こんな奥まった港でも風が強い。
沖はどんだけ強いんだ。

佐々船長、大航海の後にもかかわらず、
すぐにドライに着替えて準備。

どんだけ元気なん。

じゃ~~んぷ

水底に潜って、くいを打ち込み、ロープを固定しにいく。

ブクブク。

暇なので、ちょっとルアーキャスト練習。

船長はブイつないだり、潜ったり。

大忙し。

僕が誤って落とした、魚のうろこ取りを拾いにいって
もらった。

潜水士ばりの仕事ぶり。

その後、陸上作業と、

水面作業を繰り返し、

見事、完成。

ロープ、適当に買ってきて、
あまりほとんどなし。

もし、足らなかったらどうするつもりだったんだ~~
平戸は田舎だから買い物も一苦労なんだよ。

適当だけど、いつもなんとかなってる佐々船長の
生き様をみたような気がした。

心配しすぎなくても、意外に神様って助けてくれるもんだ。

だけど、これで佐々舟の限界値が上がったって、
言ってたので、けっこう荒れてても海に出るつもりだ。

お~こわっ。

みんなもいずれ乗れるので、楽しみにしててね。

明日は、北西の風が強いけど、海行くよ。

DMしょーガイドでね。

僕は相変わらずTTです。

では

RIO

  • 日々のサンライズ

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧