ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

冬の辰ノ口
2016年2月24日

さわでぃーかっぷ

りおです

1、2月はいつも新規の講習生の申し込みが少ないんですが、
今年は特に少ないみたいでなんでだろ

このままずっとこうだったら、倒産の危機だ

やばいよ。やばいよ。

「サンライズなくなっても、スタッフのことは嫌いにならないでください!!」

そして、次の瞬間、僕の頭の中は、 
倒産したら、何しよっかな~

いや、あれもいいな

これもいいな

そんな妄想、いや想像が頭をよぎる

昨日、親父と飲みにいったんだけど、
うちの親父は超がつくほどのサラリーマン気質で僕とは正反対
安定、安心が大好きで65歳まで勤め上げ、会社のおえらいさんまで
のぼりつめたおじさん。
これまで、起業しようと思わなかったの?って聞いてみたら
「そんなことは絶対せん!社長になったら責任も重いし、孤独だし
保障もないし、もの好きな変わりもんがやることや
サラリーマンなら、適当にしていてもお金もらえるし
楽チンやからな 老後もしっかり保障されてるしな」

そういわれてみたら、社長になる人って変わりもんばっかり

そして、「経営」っていう字を紐解くと、
本来仏教用語で
世の中を治め、人民の苦しみを救うこと
簡単にいうと、お経を営む
要するに、見えないものを信じていくということも
含まれる

なるほど、修行僧のようだ

修行ならこんなきついことをしていても、納得である

なので、僕がもの忘れが激しく何も覚えてなくても、
サボっていても、それは修行がきつすぎて、そうなって
いるだけなので、あんまり気にしないようにしてください

そして、この過酷な修行をあんまり修行と思わないで
いつも楽しい、いつでも幸せ、るんるるんという人が
経営者に向いているという結論になる

でも、起業したことない人は、一度くらいはやったほうが
いいと思うぴょ

話がそれましたが、今日のブログは
辰ノ口の様子だよ

冬のダイビングもある意味修行みたいな捉えかたする人がいるけど、
ものごとはいつでもニュートラル

考えようによっては、最初から最後まで汗を一滴もかかないので、
快適だし、人が少ないから濁りにくいし、あったかいお風呂が気持ちいい

ダイビングはあったかいところでしか楽しくないという観念が
自分のことを縛り付けていて、楽しいことを少なくしていっている

いつもと違うことをすると、いつもと違う現実が手に入る

そんな、いつもと違う現実を見ている面々

冷たく見られがちなしろやんも
色々世話して、あったかいんだからあ~~

ダイチャンは一人で水中地図作成
さみしいんだから~~こう見えても

北口から入って、西口であがるビーチドリフトダイブ
水温13℃でも、魚おるんだよ

夏には無視されがちな地味魚
アナハゼも冬では主役級

ほうほうよく見ると、ハゼだけどハゼっぽくないな
そりゃそうか

いつでもいるけど、いつでもかわいい主役級

ダイビングってよくレアなやつを珍重がる傾向にあるけど、
普通のやつもかわいいんだよ
こいつも年に1回しか見れなかったら、ダイバーの表紙飾ってるわ

2本目は西口から3本根をじっくりフォトダイブ

クリリンが講習で撮ったベストショットは
こちら
冬のクマノーさん

ヨメヒメジさん

ゴンズイさん

いかがでした?

まあまあゴミ感作品もあったけど、
そんなの関係ねえんだ

写真は楽しければいいんだ

思い出に残ればいいんだ

思い出に残る写真を一年に一枚GETしよう

そして、それをみんなに自慢しよう

2ダイブ潜って、楽しく遊んだらまだもう一回潜りたい人1名

それに付き合う人1名

バディーダイブで3ダイブ目

湾の中をおよいでいると、群れヨウジウオ発見したらしい

湾から出らずにテトラを沿いを泳ぐという
超無難なバディーダイブ

ヒラメもびっくりだ

たくさんしゃべって、たくさん笑って、今日のダイビング
おしまい

こんな風にみんなと仲良くなって、いつも思うのが
転勤したり、出産だったり、結婚だったり、お金がなくなったりと
状況や環境が変わって、ダイビング来なくなってしまうと寂しいよね

人生では何度も転機が訪れるから、それもしゃあないのは
わかってるんだけど、なかなか慣れないことのひとつ

楽しめなくなる状況になってもダイビングだのゴルフだの釣りだの
ヨガだのと、趣味に没頭できる人はそう多くない

もし、これからの時代、どんどん趣味が細分化されて
さらに遊べるお金が少ない人が増えてきて、値下げ値下げの
大特価セール経営になってしまうことも考えられる

そして、毎日毎日嫌なことばっかりしないといけなくなったら、
僕は迷わずこの仕事から離れてダイビングは趣味にしようと思う

そうならないように、いつまでも楽しく遊べるようになら
がんばろうかなという気持ちになるのが今の原動力です

それではまた明日

RIO

  • 日々のサンライズ

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧