ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

屋久島ツアー№2
2015年8月20日

さわでぃーかっぷ。RIOかっぷ。

さっき、ハイエースの車検にいってきた。

今度の、車検でもう買い換えようといいながら
もう5年乗ってる。

平成6年式で、すでに21年経過。

買った当時は10万キロくらいですでに
22万キロ越え。

そういえば、昨日マエサチが222222キロを
見過ごした。
200000キロも見過ごされた。

大体、年間2万4千キロほど走ってるけど、
30万キロまではあともう一回車検受けないと
いけない。

さすがに古い車だから、修理も大体5ヶ月に1回くらいは
出してる。

普通、そんな風になったら、買い換えたくなるものだが、
なぜか、逆。

修理から帰ってきたら、ようやく帰ってきたかって
てどんどん愛着が湧いてくる。
正直、修理めんどくさいし、お金もかかるから
買い換えた方がいいのかもしれないけど、
手がかかる子ほどかわいいという心境に近い。
(子供いないけど)

多分、取られたら泣くと思う。
とらんでね。

これまで、車8回くらい乗り換えてきたけど、
そんな風に思ったことないくらい、好きみたい。
そんなわけで、みんなもボロイボロイと馬鹿にしながら、
大切に乗ろうね。

もう一台のステップワゴンくんは、車検切れたら、
さよなら予定。
小回り利かないし、なんか嫌い。
やっぱ、ハイエース2台がいいな。

今日は、そんな車のことが書きたいわけではなく、
屋久島ツアーの続き。

まずは、宿にてチェックインして、お着替え。
そして、担当のガイドさんからご説明。
19歳のしほちゃん。

しっかりしとんしゃ~ね。
黒くて、細くて、顔が丸いけん
雰囲気似てて、マエサチと間違える。

初日のダイビングは、快晴の中始まったわけだけど、
風が強かった。
潜れるとこは限られてしまって、ビーチ組は元浦。
ボート組はタンク下。

ビーチ組担当は僕。
お相手は、3代目「やん」を継承した男。
それがしろやん。

この日は、OW講習最終日。
僕がまじめに教えてくれないと、
不安がってた。
まかせとかんね。
ちかっぱおしえちゃーけん。

序盤、浅くて、濁ってたけど、沖は透明度抜群。

砂地がきれい。

これに興奮するしろやん。

これは、ダツだよ。
ダツは、中層を泳いで、人を刺すんだよ。
だから、近づかないでね。

浅いけど、フロートあげる練習もしてみた。

砂地から、勢いよく発射。
なかなか手早い。
無事1ダイブ終了。

ボート組は、港まで車で3分移動。

船で5分でポイントだから、
ここで準備。

潜ってすぐ、カメ発見。

追い掛け回す一行。

汚い甲羅もさわってみる。

ばい菌いっぱい。

小亀もいた。

ちょっといやがっとるよ。

別のカメも出てきた。

寝てるカメもいる

カメ天国。

ヘビ無視されがち。

僕的には、このベイトの群れが気になる。

なぜなら、こんな青物がまわってくるから、

ジギングで、すぐ釣れそう。
1キロくらいのネリゴさん。

ダイビング終わったら、1回海水浴場で
集合して、お昼ご飯。

オーナーのしげるさんに、現場でやいやい怒鳴られても
めげることなく、元気いっぱいのしほちゃん。

うちのDM達に、あげん怒鳴ったら、誰もこんくなるばい。

そして、また2手に分かれて、ダイビング。
2ダイブ目は、しろやんガイド。

なんか変なの見せられた。

シマシマの魚も見せられた。

熱帯魚見せられた。

僕はカメを発見した。

併走。

お子様カメ。
かわいい。

さよなら~~

ビーチから、カメ普通にいた。
なんか感激。

カマスの群れもいて、ビーチでも充分楽しめる
屋久島のビーチであった。

しろやんは、コンパスで無事帰ってきて、
安全ダイブ終了。
おつかれさま~~
そして、OWおめでとう!!
ちゃんと教えたろ。
上手くなったばい。

ボート組は、またタンク下に潜る。

若干コースは変えてもカメ多し。

やっぱり、カメだらけ。

頭突っ込んで寝とる。

僕はこれが見たかった。
シモフリタナバタウオ。

なぜか、この魚好き。
昔から好きなんだけど、なんでだろ。

あと、これも好き。
ジョーフィッシュ。

理由はわからん。

これはかわいいけど、そんなに好きじゃない。

同じくこれも。

これもそんなに心惹かれない。

これは、存在意味がわからない。

これまあまあ好き。

配色が面白い。
釣って、皮剥いで筆箱にしたい。

これは、捕まえてシッペしたい。

ほぼ、徹夜で2ダイブお疲れ様でした。

宿に帰ってもまだ明るい。

下の川で水浴びして、お着替え。

虻が、群れて襲ってくるのが怖い、
あと、ゴキちゃんが出てくるのも怖いけど、
それ以外は快適な宿。

疲れて、眠くて、ビール飲んだらすぐ寝たい。

トッピー食べたら、おやすみなさい。

続きはまた明日。

明日は海だから、雨降らないことを祈ろう。

ではまた。

  • 日々のサンライズ

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧