ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

志賀島ダイビング。
2016年1月29日

こんにちは。マエダサチコです。

ここ数日ブログ熱が上がっているので今日もわたくしが、

みんな大好き志賀島のことを書こうと思います。

志賀島(しかのしま)は

福岡県福岡市東区に所属する面積5.82km2、周囲11.0km、

人口約2,000人の博多湾の北部に位置し海の中道と陸続きの島で、

現在島には3つの集落があり、保育園・幼稚園・小学校、診療所もあります。

博多湾の北側を包み込むように伸びている“海の中道”、

その先端の橋を渡れば歴史に名高い、みんな大好き志賀島!

ちなみにその道が福岡のモンサンミッシェルの様だということでも有名なんです。

ですが、皆さん実はここ、昭和5年の志賀島橋竣工当時、

潮が満ちると西戸崎と志賀島の間は海に沈んでいたそうです。

橋が出来てからは橋脚のところに砂が溜まりはじめ、ついには陸続きになってしまったんだって。

そんな志賀島ですが、一躍有名になったのは、皆様ご存知!

そう!

「漢委奴国王」(かんのわのこくおう)と彫られた金印が見つかってから。

金印が実際に発見されたのは1784年2月23日の事で、

現在の金印公園の場所だそう。

九州北部は古代より朝鮮や中国と交流が深かった地域で、

志賀島はその海路を見守る海神として神格化された存在でもありました。

もともと古代海神族として知られる阿曇(あづみ)氏が本拠地としていたところで、

志賀海(しかうみ)神社にはその祖神である

「綿津見(わたつみ)神」が祭られています。

こんな歴史とロマンに溢れる志賀島!

夏には海水浴客で賑わうのですが、

我々ダイバーは年間を通して賑わっています!

スキューバダイビングのエリアとしては【白瀬・黒瀬・赤瀬】の3箇所。

因みにこのエリア以外の場所は

漁師さんとの取り決めでダイビングは出来ないことになっていますので、ご注意を。

そして私たちがメインに入っているのは一番足場のいい【白瀬】!!

もちろん昨日もここに潜ってきました。

冬場は北からの冷たく強い風の影響で潜れない日が多いのですが、

昨日は海況◎!!!

ただ、最近は道路工事をしているので、器材を運ぶのが少しだけ大変なのが難点。。

でも、潜れないよりは100倍いい。

えっさえっさみんなで協力して運びました。

ま、みんなって言っても昨日は3人だけどね。

癒し系のさゆみんとネコ系のさざっぽと潜ってきたよ。

人も少なくて、穏やかで、透視度も10m近く見えててすごいいい海だった。

水温はもちろん下がってたけど、

想像したよりは下がってなくてまだ12℃あった。

ワカメもまだ生えてなくて泳ぎやすく、

魚もまだいます。

昨日は胎生の魚として有名なウミタナゴの群れが

水深の割と浅いいたるところで観察できたし、チョウチョウウオまでいたから驚きでした。

キュートなクサフグは年間を通して大接近できるここ玄界灘の海。

貝の仲間、様々な美しい体色を持った“海の宝石”

ウミウシ類も多くの種類をここでは年間を通して観察することが出来る。

特に今の時期は冬のウミウシ達がちらほらと姿を現しだしはじめてるから、

ウミウシ探しで時間もあっという間に過ぎちゃいます。

潜っても潜っても飽きない玄界灘の海。

それに、ここ玄界灘ではこれからの季節から6月前半頃まで

ダイバーに人気の“ダンゴウオ”も居るんです。

幼魚の頃は頭に天使の輪っか模様があって、大きさ僅か3mmくらいかな。

そろそろ出はじめてもいい頃かなと思い、昨日の何気に探したのですが、

まだ見つけられなかった。

また今度探してみよっ。

4~6月頃は大きくなるから探しやすく、よく会うことが出来ます♪

今年もたくさんの出会いがあるといいなー。

あとは、ここ志賀島には年間を通してこれまたダイバー人気のタツノオトシゴにも会えます。

夏の時期には水温も一気に30℃近くまで上がり、

様々な季節来遊魚達の姿も至るところで観察できます。

実は日本周辺の海って、かなり多様な海水魚が生息しているんです。

年間を通してここ玄界灘でさえも約200種類ほどの魚類を観察できるのではないでしょうか。

世界中を見渡しても、こんなに多様な海水魚が生息している海はすごく稀なんですね。

インド太平洋・・・約3,000種
西大西洋・・・約1,200種
東太平洋・・・約1,000種
東大西洋・・・約500種
地中海・・・約500種
北極、南極・・・それぞれ約250種

日本・・・約3,700種

そして、その中でも日本固有種の海水魚の種類はなんと約1900種も。

そう、大西洋全体で見られる海水魚の種類数と、

日本にしかいない海水魚の数が、そんなに変わらないんです。

実は日本って海水魚たちの楽園で、とても恵まれた場所なんですね。

ここで潜れること、遊べることに感謝です。

ちなみに昨日、さざっぽ50ダイブを迎えました。

おめでとーう。笑

あと、

気の帰りにおにいの会社にお邪魔したら、

ついつい居心地が良くて1時間も居座ってしまいました。

美由起ちゃん・ひとみちゃんお待たせしてゴメンヨ。

では、また明日ー。

明日はRIOさんが書きたいみたいなので、お任せしよう。

  • 日々のサンライズ

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧