ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

粟国島観光編っていうか、これで終わり。
2015年7月8日

さわでぃーかっぷ。RIOかっぷ。

昨日、おとといとお休みして完全復活。

おっくんお疲れ。

ていうか、
昨日、気がついたんですが、ぎっくり首になったり、
腰が痛くなるのは、ずーーっと、ダイビングのせいというか、
BCDからうせいだと思って、首や腰を鍛えなくちゃって
やってましたが、実はベッドのマットレスが古くなって
腰の辺りが沈んで、首や腰に負担がかかっていた。
ただ、それだけのことに気がついて、昨日さっそく
ニトリにマットレス買いにいきました。
土曜日にこないので、昨日はとりあえず
マットレスを裏返しにして、低反発マット敷いて
寝たら、まったく痛くなく快調。
見た目はきれいなマットレスも実は老朽化。

さっきもボート免許の更新にいったら、おじさん先生が
きれいなエンジンほど故障するっていってた。

逆に漁船の汚いさびさびのエンジンは好調。

なぜかって、それは漁師さんは海で機関が故障したら
やばいってしってるから、異音や変な震動などに気がつきやすいから
すぐ修理に出す。
でも、たまに乗るレジャー船はきれいだけど、普段乗ってないから
どこが変かわかりにくい。
そのかわり、漁師さんは網に夢中でよく衝突するらしい。

目で見えるものばかり信用しないようにねってことか。

さてさて、今日は最後の粟国ツアーブログ。

ちゃりんこコギコギ。

そこらにヤギさん。

かわいいけれど、島人に食べられるヤギさん。

そして、時間がない一行はお目当ての筆ん崎の灯台へ。

潜れなかったので、せめて一目でもみようかと。

落ちたら絶対死ぬであろうここマハナは風が強いので、
カメラ置いて撮りにくいので自撮り。

そして、観光は1時間で終わらせて、荷物をまとめないと~~

でも、どうしてもいきたかったビーチに宿のおばちゃんに
連れていってもらった。

ウーグ浜。

3分滞在。

間に合うか、間に合わないかと少し思っていたけど、
時間通りに空港到着
好きにやってれば、全て間に合うものなのだ。

この日のテーマは「心配事の9割は起こらない」

もうすぐ、廃車いや廃飛行機のこいつに乗る。

もうすぐ、老朽化から19人くらい乗れる飛行機に代わるので
こいつに乗れるのもこれで最後。

ありがとう。

マエサチは2回目の助手席。

僕はその後ろ2回目。

体格からここなのか。
願っていた助手席の夢はあっけなく打ち砕かれた。

うらやましい、、、、。

相変わらすきれいな海。

でも、こんなきれいなところで銃撃戦してたんだね。

いつも思うけど、
海は上から見るのが、一番いい。

那覇空港到着。
なんか知らんけど、知らん人混ざってる。

知らん人やけど、ブログ見てくれたらいいね。

福岡に帰る飛行機まで時間あるから、
沖縄観光。
おにいの法人会員のレンタカー借りて、
まずは、くるくまカフェ。

ここは沖縄の神が宿る場所
久高島が見える。

昔、僕がイントラ講習中に連れてきてもらって、感動したとこ。
あーなつかしいな~~

ねえ
聞いてる?

「うん?
聞いてませんよ。
だって、興味ないんだもの~~」

さいて~~。。。

そして、おにいおすすめの場所。
ガンガラーの谷へ

洞窟にあるカフェその名も
ケーブカフェ。

その奥でガイドさんの説明を聞いて、
約1時間ほど歩いてみてまわるのだ。

ぼくらの祖先の港川人

祖先の話とか聞いて思うのが
地球の歴史からしたら、人類など
ほんのわずかしか地球にしかいない。
そんなわずかしかいない人類が昔にいた人類の
ことをそこまで知ろうとは思わない。

歴史を知れば今がわかるといわれて、勉強したことも
あったが、それをしってても人間はいつでも繰り返す生き物。
それならば、今を楽しく今に集中して生きていきたいものだ。
だって、今しか生きられないし。

大きく成長した竹。

自然はやっぱり偉大だな。

鍾乳洞。

ランタンで入る。

昔、全て洞窟だった場所が崩れ落ちて、
こうやってところどころに洞窟が残っているのだ。

港川人の骨が見つかったってことは、
このへんを歩き回っていたってことか。

蚊に食われたり、ムカデに刺されたり、狼に
襲われたりしなかったのかな。
昔の人の言語ってなんだったんだろ。
なんか気になるな。
多分そうやって研究していくんだろう。

ガジュマル

ガジュマルって垂れてきた細い茎みたいなやつが
地面につくと、根を這ってちょっとづつ前にいくんだって。

やっぱり自然はすごい。

説明してくれるおねえさんがお話し上手くて
聞き入ってたけど、さすがに疲れてきた。

最後の洞窟の説明。

ここに住んでいた昔の人の話。

しょうくんもう完全に聞いてない。
あきちゃったね。

上がってくると、反対側のオキナワワールドに
いるのだ。

そして、空港にいくとざっきーとやっすん元気に迎えてくれました。

福岡に21時到着。

その後、僕とマエサチとおにいとしょーくんで打ち上げに
博多駅の居酒屋へ。

22時スタートで2時。

お店を出て帰ろうとすると、おにいとしょーくんはまだ飲み足りなかった
らしく、その後6時まで飲んで、しょーくんは始発で、
おにいはタクシーで帰ったそうです。

ツアー何日目かな。

4日目かな。

人生もそのままずーーっとツアーのように楽しんでいこうと
毎回思いながら、普通の日常に戻ってしまう。

それができたら、ツアーなどいかなくてもいいのだ。

明日は海。

志賀島。

粟国島の海と思って潜るぜ!

ではまた

 
 
今日も1クリックお願いね。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

こっちもね
↓  ↓  ↓

  • 日々のサンライズ

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧