ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

連日辰ノ口へ。
2016年11月2日

こんにちは。 マエダサチコです。

昨日から11月中旬並みの気温だそうで、いきなりこんなに気温が下がると

まだ体が寒さに慣れていないせいか、えらく寒く感じますね。

こんなふうに北風が吹くと志賀島はすぐにクローズで、

週末も連日長崎まで行ってきました。

本来長崎まで行くとなると、車の運転やガイドに講習となにかと一日へとへとになるんだけど、

最近DMが増えたこと、ファンダイブに来たゲストのみんなが車の運転までもしてくれたりして、

実はあんま疲れない。

みんな色々手伝ってくれるので、いつもありがたく感じています。

そしてDMたちの成長っぷりに最近よく驚かされています。

ここんとこ、サンライズではしなければならないことが特にないんです。

プロダイバーとして安全管理は絶対なので、それはさておき。

魚を覚えなければならないとか

地形を覚えなければならないとか

写真を上手に撮らなければならないとか

ゲストを楽しませなければならないとか

そういうのがない。

それだけ聞くと、ちょっとそれってどうなの?

って思うかもしれないけど、

そういうのがないと、みんな自分の好きなことを自然と勉強するんですね。

成功・失敗問わず、自分の経験体験の中で自分の好きなことを知ってく。

そして、みんな自主的に好きなことや興味のあることを学んでいくんですね。

あるDMは魚が好きなのか、人に何か教えることが好きなのかは分んないけど、

志賀島や辰ノ口にいないような生物の名前を知ってたり、

何気に話している生物の話しも興味深くて、

いつの間にそんなこと覚えたのかと驚かされたりすることもしばしば。

自分の好きなことを自主的に学ぶのが一番身になってくんだろうなって感じます。

そしてそれがゲストにも伝わるんじゃないかと。

みんな得意なことや苦手なことがあるので、

得意なことを伸ばしていける、

そんな環境をつくっていける手伝いができたらいいなと思います。

さて、この日の辰ノ口はと言うと。

りなぴょん&ゆかぽんは流れと濁りの中でディープ講習。

りんりんは魚いっぱい教えてガイドしてくれました。

ファンダイブのみんなは写真を撮ったり、

生物観察して楽しんでました。

濁った日はマクロ生物探しがいいかもですね。

その時の環境に合わせてダイビングの楽しみ方も変えていこう。

先週からずっと同じ瓶の中にいるニジギンポ。

こいつって普通に泳いでると全くかわいくないけど、

こうして巣穴から顔出してるとかわいいよね。

オドリカクレエビはよく見るとアホみたいな顔でおもしろい。

ウミエラについた不思議なカニはおっくんが見つけてくれて、

コンバットが図鑑級に上手に写真を撮ってくれた。

カニかと思って調べてみたけど、【ウミエラカニダマシ】という面白い名前で、

実はこの子はカニの仲間ではなくて、ヤドカリなどの仲間に分類されるそう。

カニの仲間は4対歩脚があるのに対して、この種は3対しかないみたいです。

この仲間はウミエラ類、まれにオウギフトヤギに共棲しているみたいなので、辰ノ口でまた探してみたらいいですね。

深場ではガラスハゼやカラマツ類についた小さなエビやカニを探してみたり。

時間があっという間に過ぎた。

とはいえ、みんな楽しい時間が過ごせてよかったわ♡

ご参加の皆様ありがとうございました!

明日は志賀島いけるかな。

行けなかったら大濠公園走るぞーーー!!



月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧