ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

5/18 素潜り基礎コース
2017年5月19日

今日は27℃と一気に夏日になりました

しかし、海はまだ水温低いのでおそらく明日も
寒いだろうと予想されます

そこで、NASAが開発した真冬でも汗をかくほど
暖かくなるといわれるハイマウント社
「サバイバルシート」を購入しました

金色の面と銀色の面があり、金色を外側にすると
太陽の熱を吸収して、高い保温効果が期待できます
ちなみに、銀色の面は反射するので、暑いときに使用すると
いいのです
ただ、一つ欠点は一度出すときれいに畳めずかさばるということ
しかし、そんな欠点は欠点に及ばずです
早速、明日使ってみようかと思います

さて、昨日は大ちゃんと素潜りプール講習に
行ってきました

今回から、新しいカリキュラムに変更した
素潜り基礎コース

泳ぎの練習をしてから、いよいよスタティックトレーニング

オリジナルリラクゼーション誘導から、潜水徐脈へと
移行し、スタティック開始

スタティック基本姿勢
プカプカ

ヨガインストラクターであり、ヨガと瞑想を日常的に
行っている大ちゃんは変性意識状態になるのが
早く、スティックの記録はどんどん伸びて、
5回目のスタティックではなんと5分に迫る記録

まだまだ、いけそうな予感でしたので
これから陸上閉塞練習を混ぜて行えば
6分台も目指せると思います

スタティックのコツは時間と空間が
いつもの状態でなくなり、不安や悩みを
感じなくなること
そのためには、頭の中のおしゃべりをやめ
潜在意識とつながり、プールの中であれば
「プールくん」に川でやる場合は「川くん」になる感じです
そこまではいきなりできないという方は
まずは呼吸から整え、落ち着いた状態を作り、
本当の意味で身体に力が入っていない状態を体験していきます

慣れてくると、だんだんできるようになってくるので
これは繰り返し日常的に行うことが大事です

身体が緩んだところで、
ダイナミックの練習

ロングフィンで横に閉塞潜水
大ちゃんはノーフィンで50mの記録をもっている
そうなので、フィンありであれば100mはいけるでしょう

ただ、そのためにはロングフィンでの効率的なキックと
身体を安定させるウエイトベルトの調整、
呼吸と心をしっかり安定させる必要があります

慣れていないフィンで行うと、やはり力が入ってしまい
呼吸が苦しく、記録が伸びにくいのですが、それでも50mくらい
泳ぐことができました

その後は、コンスタントウエイトウイズフィンの練習

ロープ沿いに潜ること、あごをきちんと引くこと
簡単そうで難しい
あごを引けないと耳抜きもやりにくくなってしまいます
逆さの状態に人は慣れていないのです

逆さに慣れるには逆さになるしかない
フリーイマージョンも練習します

ロープを手繰って潜る方法
これは身体が安定するので、簡単に行うことができます

一番難しいのは、コンスタントウエイトノーフィン
「素潜り泳法」で腕と足だけで潜る方法
元祖素潜りです

大ちゃんは慣れているのか、とても上手に潜って
ました

5mの水中もすいすい泳いで、自由自在

不思議なことに一番簡単そうに見えました

水中スタティックで
水の中を満喫していました

お疲れ様でした
といっても、大ちゃんはあまり疲れなかったようです

以前の素潜り基礎コースは「3日間」で
教えていた内容をぎゅっと凝縮して
「2日間」で教えることにしたことで
値段を大幅に下げたことで、
素潜りへの「垣根」を下げました
素潜り基礎コース29000円

2日間だけ受けても、人並み以上に潜れるようになるのですが
実際やってみると、ここが苦手だった、あれがもっとやりたかった
と思ってしまった方は、
「素潜りマンツーマンレッスン」を受講していただければ
さらなるステップアップも望めます
マンツーマンレッスン15000円

これまで培ってきた僕の経験と知識を惜しげもなく、伝える
「素潜り基礎コース」は、かなり濃密な内容になっており
素潜りやってみたい方は絶対受けたほうがいいと
思います

僕が素潜り始めた頃、こんなコースがあったらいいなを
バージョンアップしたコースになっていますからね

プールが「暖かい」この時期是非受けてみてください

スキューバダイビング&フリーダイビングのこと
お店の情報をいち早く知りたい方は、
こちらの無料メールマガジン登録をしてみてください
☟ ☟ ☟
☆サンライズメールマガジン☆

RIO

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧