ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • サンライズについて
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

1/13 RIO九州初潜り&初詣
2018年1月13日

たつのくちまでの道中、
雪化粧の山々を見ると、
冬の寒さを肌で感じました。

ダイビング初心者の頃、
「こんな寒い日に誰が潜るんだ
海は夏でしょ」とい思っていましたが、
夏の海にはない「魅力」に気づくと
冬の方がダイビングに行きたくなって
しまい、傍から見ると「変な人」なの
かもしれません。

しかし、世の中の常識は
「偽り」だという太古からの
教えに従うと、「冬に潜る」方が、
最適解になりつつあるように思います。

現段階「変な人々」

エンリッチ&カニカメラ

冬の方がのんびりできる上に、
透明度もいいときたら、カメラ
にはいい環境です。

しかし、潜ってすぐにたっちゃんのフィンストラップ
が切れました。

ダイビングを長くやっていると、
こういうことがあるので、
器材の知識も必要です

また、ダイビングは「時間」が決められているので、
貴重な時間を無駄にしないためにも、
ダイビングにまつわる
あらゆる知識を蓄える必要があります。

たっちゃんは、つなぐことを諦め
フィンストラップ無しで潜ることに。

こういった判断も長くダイビングを
やっているからこそ。

「中性浮力」が取れたら
OKだという思っている人は、
初心者枠から抜けでることはできません。

一本根から、25mラインを
せめていきます。

エンリッチでないと、
いけないルート

エアーでは、DECO必至。

深い方には、
「熱帯魚」がいました。

なんの魚かわかるかな

これは、ちょっと珍しい
ウミウサギ貝の一種

これについているのは
「ガラスハゼ」だけではありません。

熱帯魚に負けないかわいさの
アオサハギ

「背景」もいいとこにいてくれる
魚です。

今回はスタッフ含め
全員写真が上手いので
ブログの質があがります


写真だけで、説得力があります。

ところで、深場に
不気味なロープが落ちていました。

なんとなく絵になるこのロープが
この先、ナビ目印になってくれる
ことになります。

クロの巣にいくための大事な目印です。

みんなもおぼえておきましょう

そんなクロの巣から少しあがったところで
セミホウボウに出会いました

体長30センチはある立派な
セミホウボウに見とれていると、
50分近く深場にいたせいで、
エアーがやばいことになり、
このあと急いでダイビング終了

2本目は、浅場でのんびりダイビング

いい感じの光の入り具合です

TG-5&ワイドレンズ&フラッシュで
サンゴの岩を綺麗に撮ることができます

いつものところで、いつものカニを
探す。

こいつはいました。

目がぎょろぎょろしていて
かわいいやつです。
すぐ引っ込むけど。

しかし、いくら探しても
やつは見つからず、帰ることに。

この時すでに、40分経過

こんなに「時間が早く感じる」ダイビングは
久し振りです。

さすが、辰ノ口

そして、帰りに初もうでにいってきました。

博多の総鎮守
おくしださん

いいスタートがきれた
九州初潜りに感謝します

ありがとうございました。

RIO

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧