ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • サンライズについて
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

1/21 津久見イルカ島日帰りツアーでイルカと触れ合ったよ!
2018年1月23日

はい。
今日はきゅーからスタート
イルカ島のことを書いていきます。

この日、イルカ島「閉館日」ということで、
休憩所も着替え場もすべて貸し切り。

Bluetoothスピーカーで
音楽流しながら、
お昼ご飯を食べて、まずは
イルカとスノーケリングから。

まゆこんぐのドライは
いい感じで「ゆったり目」に調整されて
いました。

イケスの中には
イルカが4頭います。

そんなに広くありませんので、
イルカとの距離も近く感じます。

生まれたばかりの
「つばさくん」が
人なつっこくてかわいいのです。

ドライで素潜りすると、
イルカと目ががっちりあいます

そして、イルカの鳴き声も
聞こえてきます

ものすごい警戒してたので、
こちらも脅かさないように動こうかと
思ったりもしましたが、
それよりも、ドライの圧迫状態での
素潜りがあんなに動きにくく
肺が苦しいものだとは予想外でした。
あと、5m深かったら無理でしたね。

普通の人は30分であがってくると
監視員のおじさんは言ってましたが
僕らは途中から「イルカウォッチング」から
「素潜り練習会」に切り替わり、水温13℃の
水温で「1時間近く」遊んでいたのでした。

イルカたちは僕らのことを
どう思っていたのでしょうか

イルカと素潜りを満喫した僕らは
隣の「魚イケス」へダイビング

こちらのイケスでは、
「魚の切り身」で餌付けできるという
特典付きです。

実際、エサをあげなくても、
シマアジいいサイズのやつらが
寄ってきます。

カンダイ(コブダイ)の
60センチ級も悠然と泳いでいます。

他には、クエ、ブリ、真鯛、カマス
メジナ、ゴンズイ、カワハギなどの
お馴染みの魚たちもたくさんいますが
圧巻なのはこの
「マダラエイ」

体長1.5mくらいあるので
まゆこんぐよりも大きく感じます。

これはエサをあげてるところ
エイは地面にぴったり張り付き
エサを吸い上げるように食べていきます

慣れてくると、どんどん寄ってきます

こんなに大きいマダラエイと
触れ合えるのは僕が知る限りでは
ここだけでしょう

これは見る価値あります。

でも、そんな迫力満点のイケスで
魚には全然目もくれず、ウミウシを探し
に没頭し、アオウミウシに「喜ぶ男」
もいましたけどね。

なんでやねん

結局、トータル1時間近く潜っていた
サンライズっ子たち。

どんだけやねん

一度冷えた体を温めてから、
最後のイルカに乗るプログラムへ

コツメカワウソは
室内にいたので、部屋の中は
獣臭で充満していましたが
かわいいので気になりません。

まずは、乗り方の説明から

YEAH!!

そして、イルカに触りながら、イルカの生態を
お勉強。

まいぷーが「これ○○○?」と
と純粋な質問をしておりましたが
これは男子イルカですので、
「それ」ありません

イルカの背びれにつかまると、
イケスを一周してくれます。


胸のドライバルブが当たらないように
注意を払うまいぷー

きゅうちゃん

でかいからか、心なしか
イルカゆっくり

ウミウシだけでなく、
イルカも好きなんだね
意外

まゆこんぐも
上手に乗れてました。

お腹側にも乗れます。

普段見せないいい表情の
男たち。

イルカに感謝ですね

乗るだけではなく、
ひとりづつ
記念撮影会もありました。

いつも美人なまいまい

うしうしきゅーちゃん

いたずら小僧しろやん

強烈ダイエット中まゆこんぐ

メカニックてるちゃん

みなさん
寒さも吹き飛ぶいい写真に
仕上がっております。

イルカの口の中も触れました。

イルカのおしっこって
食べた魚の水分から出るって
知りませんでした。
海水は飲まないようです。
魚の体液も海水にほど近いような
気もしますが。

最後に、ジャンプしてくれて、
お立ち台に上がってきてくれた
むさしくん

イルカ島サービス良すぎでしょ

ドライ着て、島一周観光(10分)

帰りは、塩湯温泉で
海を見ながら
お風呂に浸かり、
完璧に温まって
スムーズに帰ってきました。

そして、次の日は
大分道、雪でチェーン規制という
この運の良さ!

ちょっと寒いの我慢して
人少ない中、貸し切りで満喫して
ご飯やお風呂の良さを味わうのか
夏、人ごみの中、遊ぶのかは
お好みですが僕は「前者」の方が
いい思い出になると経験上思います。

是非、固定概念を捨てて、
新しい扉を開きましょう

今年こそは

PS:スタッフ紹介更新されましたので
見てね!スタッフ紹介

RIO

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧