ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • サンライズについて
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

2/10 海好きたちと久々の白瀬へ。
2018年2月11日

こんにちは。マエダサチコです。

昨日は志賀島白瀬に久々に潜れました。

2週間ぶりくらいかな。

小雨でしたが、気温は暖かかったです。

私は、かわいいドライスーツを初おろしのアカミーと
お揃いのかわいいドライスーツを着てアドバンス講習を担当してきました。

冬の時期にしては珍しく穏やかな白瀬でしたが、、、えらく水が冷たく感じました。

それもそのはず。

9度て。

そう、今年は気象庁の発表によると、
例年よりも対馬暖流が弱く、日本海中部以南は海水温が例年よりも低いそう。

例年なら年間を通して一番水温の低い2月末~3月末に10℃台までは下がるから、
この日は11℃くらいかと思ってたんだけど、
9℃はここ白瀬で私が経験したのは初めてだった。

シャワーの葉山さんが、
「昔は9℃くらいまで例年下がっていたけど、
最近はもう10℃切らんもんねー。温暖化なんやろーね」
って、いつか言ってたから、
昔からしたら普通の事なんだろうけど、、、
まだ下がるのかな。

私が経験したことのある最低水温は博多湾の8℃。
今年はもしかしたらそれに迫る体験ができるのか!?
ちょっとわくわくしますな。笑
冷たくて顔がキンキン冷やされてく感覚、不思議とそんなに嫌いじゃなく、
気持ちよいのです。笑

そして、そんな冷たい海に潜る特権といえば、

抜けるような透明度!!

のはずが、昨日は透視度2m。

自然のことなので、何とも言えませんが
とにかく濁っていました。

そんな中、寒いとか、きたないとか、きついとか
そんな弱音は一切吐かず、
『もう1本いきたいですーーー!』と
元気にはしゃぐアカミーと一緒に潜ると
自然とこちらの気持ちも明るくなります。

こんな中ナビゲーションも完璧とはいかずとも
なんとかできました。

水温が低いので、魚はそんなにいませんが、
それでも、一緒に生物を探したり観察したりして、
心に残るダイビングとなりました。

そして、昨日は水温9℃の海に
弱々しく、かろうじて生きているという感じの
ハリセンボンが居ました。

通常なら水温25~30℃くらいを好む温帯や亜熱帯の海に生息するこのハリセンボン。
海流にのって白瀬までやってきてしまったものの、
おそらく水温の低下が原因で免疫力も低下し何かの病気に侵されたのか、
食事もとれず、弱ってしまったのでしょう。
白濁目で視力を無くしている様子でした。

ダイビングをしていると、
時々こんなどうしようもない切ない場面に出くわし、
とても悲しくなることがあります。
もちろん私は無力で何にもできないし、
これが自然の中で生きていくことなんだと、
自分の生まれてきた環境に感謝してなりません。
そんなことを感じることのできる
地元の海に潜るというダイビングが私はすごく好きですね。

昨日もそんな地元の海大好きっ子、
サンライズ大好きっ子たちが他にもたくさん集いました。

こちらはRIOさんふーみんが担当するSP講習チーム。

あやあやとふじふじは今年MSDめざしております。

今後も地元の海でたくさんいろんなことを学び成長してくださいね。

こちらはDM大ちゃん率いるファンダイブチーム。

今回は濁った中で無事に四つ岩に辿り着いたようで、
悪条件の白瀬でロングダイブしてきたようです。

みんなも海が好きやね~~~~~♡

  • 日々のサンライズ

    2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧