ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • サンライズについて
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

3/21 春のチューリップ祭り
2018年3月22日

神奈川では、雪が降っているそうで
異常気象が今後のデフォルトになるが
識者たちの見解です。

二酸化炭素に排出による
地球温暖化は「嘘」であることは、
承知の事実ですが、日本の気候は今後、
冬ものすごく寒く、夏はものすごい暑くなり、
異常気象が増えていくと言われています。

また、地球全体で見てみると、北極の氷は解け、
北回りの航路が大きく 開通することで、
フランスから届くワインなどは、気温の高い南周りに比べ、
品質を維持できるようになり、あたらしい物流革命が
おきると言われています。

そして、北極の氷が解ける代わりに、
南極の氷は増えていますので、
相対的に氷の量は変わりません。

南極大陸の氷が全部溶けたら、
モルディブは なくなるでしょうが、
北極の氷が全部解けても
アルキメデスの原理により、
海水面の上昇は ありません。

海水温は上昇しサンゴは死んではいますが、
世界全体的に見ると、太陽の黒点の数から
「寒冷化」に向かっています。

全てが悪い方向にいっているように
錯覚をするのは、気のせいです。
(というか、「テレビ」のせいです)

地球は生き物なのですから。

さて昨日、喉が枯れやすい
という、お悩みをつるっこから頂きました。

そして、それは「脱水症状」の一種であることを
お伝えしました。
お茶、コーヒー、ハーブティーなど
全て水分ですが、体の水分として
認識されるのは、「真水」のみ。

一番いいのは、軟水の白湯です。

つるっこは、真水を一日に一滴も飲まないとのことで
久し振りにペットボトルの水を買ってもらい
飲ませることにしました。

1日2L飲んでも、「水太り」するどころか
大抵の人は「痩せやすい体質」に変わりますので
頑張って飲んで、美しくなってくださいね。
僕のおすすめは「フィジーウォーター」です。

昨日はふーみんのガイドテスト。

神経を張り巡らせ
一生懸命みんなをコントロールしますが、

全員フォトダイバーで

ウロウロウロウロ

※大ちゃん初のワイドレンズ

特にこの子は写真に夢中であっちこっち
泳ぎ回って、ガイドについてこないので、

GEKIMUZU

らしいです。
カメラもガイドもね

いまは、綺麗に撮れなくても
いつか綺麗にとれるようになるであろう
ポテンシャルを秘めたカメラであることは
ちょっと使ってみると誰でもわかります。

そして、つるっこが撮った
リングライト写真


テンロクケボリがいい感じに仕上がっています
顕微鏡+リングライト最強です。

アオサハギも

かわいく撮れてます。

中性浮力が取れて、
どう撮れば魚がかわいくなるかを
知って、カメラの使い方を勉強すれば
TG+リングライト
TG+ワイドレンズ+ストロボ
でインスタにもフェイスブックで
十分映える写真は撮ることができます。

こっから先の、「アーティスティック」
もしくは「ロマン」ひいては「プロ」を
視野に入れている方は
一眼をお買い求めください。

全然違いますから。
「お値段以上の写真」を撮ることが
できます。

たっちゃんが
イカの補食を撮ってくれていました。

食べられているのは
見た感じサラサエビです

いつものシロハナガサも神秘的。

ゼブラガニも男前。

さすがたっちゃん。

この魚なんとなく
たっちゃんに似ている雰囲気を感じました。

大ちゃんもがんばれ~~

ストロボががっつり映り込んでいるよ

2本目はふーみんの
デモンストレーションスキルテスト

マスククリアが苦手なふーみん
マスク外すと、体がクルクル回るので
コンタクトを無視して
目を開けてやってました。

ウエイト脱着

中性浮力

一発クリアなら、15分で終わるところを
65分かかって何とか終了。

正直、今のスキルではPADIダイブマスターで
あれば、まあ合格ですが、サンライズのスタッフテストでは
100%不合格レベルです。

毎回のファンダイビングを意識的に
イメージしながら反復練習しないと、
いつまでたってもレベルは変わりませんし
プロとしての自覚も芽生えません。

こいつは、いつも何かの枝に化ける
プロとして生きています。

ふーみんだけでなく、
皆さん、とりあえずプロレッスンに
参加できるレベルに到達してくださいね。

期待しています。

帰り路、チューリップ祭りに
参加してきました。

毎年これを見ると、春を感じます。

まだ、5分咲きといったところ

暖かくて気持ちがいい

梅も咲いてました。

景色は全部たっちゃん作
さすがたっちゃん

テントウムシも喜んでいます。

カサカサ

さてこの後、
「無傷のエスティマくん」を
ぶつけた男がいました。

天神に帰ってきて、最後の最後
ビュートリアムの前に路駐する際、
花壇にボディの下側を「ガン!!!!」
ハイエースの感覚だったらしいのですが
そんない言わ分け通用しません。

そんなやつはお仕置きじゃ

次やったら、「氷の微笑SP」を受けてもらうことに
なります。
ロングバージョンで。

ダイビングも運転も
「意識する」

それがふーみんの今後の
課題です

RIO

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧