ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • サンライズについて
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

4/29 りなぞー&おさむんの水中結婚式 <後編>
2018年5月2日

水中結婚式ブログ後半戦は、
実際の水中結婚式の様子をお届けします。

この日は、天気はよかったのですが、
水温が上がり調子で、潮が大きい日に、
干潮だったこともあり、濁っているであろうことは
予測していました。

そんな撮影に不向きな環境の中、
みな一生懸命にベストショット&
ベスト動画を撮るべく頑張ってくれました。

動画の編集は、サンライズの編集部員が
責任をもって行いますので、少々お待ちください。

そして、ここに載せることができなかった
ベストショットの数々は
サンライズフェイスブックページでも
ご覧いただけます。

また、いい写真はできたら、スマホじゃなくて、
「大きい画面のパソコンやタブレット」で
見てもらいたいと思っています。

写真の力というのは、
「写真の大きさ」に比例します。

もっというと、パソコンではなくて、
大きく引き伸ばして現像したときに、本領を発揮
するようにできています。

そして、現像した写真は
「日常のふとした時」に見るのが
一番グッとくるのです。

デジタルとアナログのいいところを
生かすことが21世紀的な
写真の使い方なのです。

さて、そんなこんなで
そろそろ後半戦の
はじまりはじまり

結婚式場に選んだ場所は
講習等で必ず訪れるP8

サンライズの人たちは
多少なりとも思い入れがある
ポイントです。

ステンレス製のチェーンがついた
P8ブイに、フロートをセッティングし
そのブイからエントリーします。

そして、P8先の見慣れた砂地に参列者は
2列で並び新郎新婦の潜降を待ちます。

すると、降りてきました。

プールリフレッシュで練習した成果が
出ており、スムーズに泳いできました。

なかなかの濁り具合でしたが、
幸せな二人の門出に、
そんなちっぽけなことは
もはや関係ありません

誓いの言葉をひとつ確認するように
OKサインを出す二人

二人なら、誓いの言葉を
守ってくれそうです。

ここからは読めませんが
動画ではバッチリ映っています。

そして、指輪の交換

まずは、おさむんからりなぞうへ

そして、りなぞうからおさむんへ

指輪は「魚の群れ」をあしらった
シルバーリングです。
サイズが変えられるリングですが
広げすぎると折れそうでした。
折れると縁起が悪いので、丁重に扱いました。

ていうか、僕の衣装、水に入ると急に
目立たなくなってませんか
十字架だけでよかったのでは・・

そして、誓いのキス

水中でのキスは初心者には
なかなか怖いものです。

しかし、そんな恐怖に
おののくことなく、男らしく
りなぞうを抱きしめるおさむん

素敵です

そして、最後はウエディングダイブ

ようやく、海を楽しむ時間
りなぞうはダンゴウオを見たがっていました

見送りも参列者は2列に並び、
フリーフローで祝福します

しかし、この後のダイビング用に
エアーを節約していたのか
あまり出してはくれませんでした。
もっと出してよ大将さん

ここが、透明度のいい海だったらよかったのにね
とか、思う方もいらっしゃるかもしれませんが
実は当の本人たちも、やっている僕らも
そこまで気にしていません

それは、綺麗に撮って記念に残す
結婚式ビジネスとは目的が違うからです。
また、どんな環境でも人間に備わった想像力のおかげで
どんな状況でも、いい思い出に変えることができます。

この濁った中で、はぐれないように
見つけづらいダンゴウオを探した
「経験」こそが、一生の宝物になります。

そこに見栄など存在しません
あるのは、自分たちの楽しみだけです

だんだん乗ってきたりなぞうは
ダイビングを普通に楽しんでいました。

P8を3周ほど回っているうちに、

誰かが、ダンゴウオを見つけたようで

横取りしました

居てくれてありがとう

いえい

全ての式が滞りなく終わり
浮上開始

ゆっくり浮上してねって
言ってましたが、なかなか
浮上しない二人。

ドレスが引っかかって、フィンが蹴れなかった
そうです

りなぞうがリードしながら

退場していきました

お幸せに

アーメン

やっぱり、十字架だけで
よかったですね。

浮上してくると、

数人のウエット組も一緒にあがってきました

30分前後潜ってましたが、
寒さは全く感じなかったようです

そして、ブーケトスは
サンライズに誘ってくれた
友人あやこっぺにプレゼント

えい

あやこっぺの頭上を越えて
飛んでいき、失敗

これがなかなか難しい
水面で、しかもひとりの人に向けて
投げるのは技術がいります

何度やっても受け取れないので最後は
手渡し

はい

ありがとう

あやこちゃんも
海で、いい出会いがあるといいですね

潮が引いた浅瀬に戻ってきました。

素敵な式でした

見ているこっちも幸せな気分になれました

ありがとう

他のみんなが長く潜っている間に
僕らは先に戻って、お着換えタイム

急がないと、披露宴パーティーに
間に合いません

そして、披露宴の会場は
個室で騒げて、サンライズから
近い場所
「表てい」

まずは、いずれ関東に引っ越す
りなぞうたちへ
「東京の先輩」ねもやんから乾杯の挨拶

関東にはサンライズの
人たちが数名引っ越してますので
向こうで一緒に潜るのもいいかも
しれませんね

ひとりづつ祝辞を述べました

ひろしからも

なぜかヤ〇ザの方からや

織田裕司さんからも

キターーーーーーーーーー

ブーケを受け取った
あやこっぺからも

素敵なお言葉を全員から頂き
新郎新婦とも聞き入っておりました。

新郎新婦にお酌をしながら
徐々に盛り上がってくると、

キャンドルサービスならぬ
ログブックサインサービス

一緒に潜ったみんなに
新郎新婦からサインをしてくれる
サービスですが、ふじりんお手製の
羽ペンで書いていきます

書く方もかかれる方も
記念になります。

僕は、スマホにサインしてもらいました
Bluetoothログブックですので

そして、ウエディングケーキ入刀

包丁にリボンをつけるだけで
それなりに見えますよね


いーなー
幸せそうで

ケーキの食べあいこ

ぱく

新郎へは、もつ鍋のおたまで

がっつりすくって

ぱく

美人な奥さんから食べさせてもらって
さぞかし美味しかったことでしょう

ぬるふふふふふ

そこで、誓いのキスをもう一度
見せてくれとお願いしてみましたが断固✕

何度お願いしても
はずかしいから嫌と断られるので

ここは
店長が奪うことに

激しいキスを見ることができました

ごちそうさまです

最後は、花嫁からみんなへお手紙朗読

最近は、紙ではなくスマホなのです
もちろんBGMはナオトインティライミ

素晴らしい手紙にうるうるしてしまいました

最後はおさむんからみんなへ挨拶

若いのに、しっかりとした
挨拶に驚きました
これなら、りなぞうをたくせます

デザートはウエディングケーキ

はまちゃんも

たいちゃんも

超高カロリーな激アマこってりケーキを
美味しそうに頂いておりました

そうこうしていたら
あっという間に披露宴終了

おめでとうございました。

最後は新郎新婦をお見送り

仲良く帰っていきました。

一日中、動き回って、写真を撮られまくって
さぞかし疲れたと思います。
一日お疲れ様でした。

そして、ありがとうございました。

末永くお幸せに

残った我々はまだまだ飲み足りないので
いつものところで2次会開始

そこで、なんとおっくんとあずーから
重大発表があるとのこと

なんと、
以前からふたりはお付き合いをしていたようなのです。

しかし、随分前から付き合っていたので、
風のうわさでみんなにはばれていましたが、
あえて誰も突っ込んで聞きませんでした。

本人たちの口から聞けるまでは、言わないように
していましたが、今回の幸せそうな二人をみて
思い立ったのかもしれません。

これで、おっくんもあずーも「一皮むけました」ので
これから更にいいお付き合いができるように
サンライズもバックアップしたいと思っております。

お幸せに

これで次の「水中結婚式候補生」は
おっくん&あずー
つるっこ&旦那様(ノンダイバーなのでライセンス取得必須)
ダークホースのしょー&まーさ

次回のテーマは「ボートダイビング」
わたくしの中でイメージはできあがっております。

緊張感があり、なおかつダイナミックな式に
したいと考えております。

地形を生かしたウエディングダイブに
なると思います。

何度も言いますが、イメージは
出来上がっておりますので、
「破局」だけはご遠慮くださいますよう
お願いいたします。

ちなみに、3次会まであったそうですが、
僕は2次会で焼酎を飲ませられすぎましたので
帰宅後、きっちりおろってすっきりと
次の日、目覚めることができました。

そして、いいエネルギーに一日触れたせいか
疲れがまったくないどころか、元気に
なっているように感じました。

サンライズはこれからも
皆様からいいエネルギーを
もらいながら、奇妙で奇抜な
お店創りをしてまいりますので
懲りずにお付き合いくださいませ

それでは、明日から通常の海ブログで
お会いしましょう

RIO

  • 日々のサンライズ

    2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧