ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • サンライズについて
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

4/29 りなぞー&おさむんの水中結婚式 <前編>
2018年5月1日

皆さんが撮ってくれた計1500枚の写真を
一枚一枚拝見し、選んで、並び替えていましたが、
いい写真がたくさんあり、一つのブログに収めるには
もったいないので、2部構成にすることにしました。

そして、いい写真が多い時は、写真の力で
「絵日記のようなブログ」にするようにしています。

可愛らしい2人の雰囲気とサンライズの雰囲気を
ご堪能くださいませ。

それでは、はじまりはじまり

2人の結婚式はメイクから

シャワーさんの更衣室貸し切り状態
隣の部屋では、一度も眉毛を
カットしたことない
純情おさむんを店長が
かっこよく仕上げてました

美にはうるさいまいまいが
可愛い新婦をプロデュース

ひとりづつ念を込めるように
髪を編んでいきます

あかみも真剣

全てが手作りゆえ、
全てが思い出になります。

花嫁完成
いえい!!

そーっと後ろから降りてくる
新婦

近寄る新婦

さらに近寄る新婦

ご対面

駐車場がバージンロードに
見えました

照れる新婦

うふ

素敵に仕上がっております

ここから撮影タイム

笑顔が素敵なおさむん

PART2

わいわい

めっちゃ撮られる

シャワーが賑やか

実は、たいちゃん頑張ってます

最後は、記念撮影

シャワーオーナー葉山さんも一緒

シャワーさんはこの日
年に数回の満員御礼で
お昼には、お客さんの行列が
できていたようです

素晴らしい

幸せな流れがシャワーさんを
包み込んだようです。

ある程度撮ったら
次の撮影場所、志賀島ビーチへ移動

濡れるから
りなぞうのブーツ

でも、上半身は
皇族のりなぞう

手を振ってください

ひろしリムジンで快適移動

海がきれい

撮影場所は、15分ほど移動した
志賀島まさごや裏の
人が少ないビーチ

前日、下見をしてここに決めました。

最高の天気に恵まれたことに感謝

一般ピープルは、海藻の撤去作業

がんばれ~

いい感じの海の色

撮影準備に余念がありません

ウエットスーツに合うように
大きめなので、安全ピンでつめつめ

サイズが合うとかっこよくなります

準備ができたら

ガンガンに撮られます

空中からも撮られます

でも、肝心なところは撮れてなかった
ひろしのドローン

素敵なウエディングショット

水のかけあいタイム

これをやってもらうために、
ブーツを履いてもらっております

ドローンも追いかけます

パシャ

パシャパシャ

きゃははは

やってるうちに楽しくなります

海と白いドレスは相性がいい

そのへんのリゾートには負けません

りなぞうを重そうにあげるおさむん

気合いいれろ~

敬礼が上手なおさむん

ピシっ

アマチュアカメラマンとは思えない
素晴らしい写真ばかりでした。

ありがとう

撮影が終わったら、
水中結婚式での水中シュミレーション

これをやっておかないと、
水中でぐちゃぐちゃになってしまいますからね

一旦帰って、

次は白瀬へGO

到着した白瀬はお昼を回って
初夏のような日差し

セッティングはダイバーの先輩
りなぞうがリード

初の共同作業?

大ちゃんイチオシの写真は
だらっとしたゆるい
雰囲気がサンライズっぽいのだそう

これまで気がつきませんでした
サンライズがゆるいなんて

りなぞうをダイビングに誘ってくれた
あやこちゃんとお昼ご飯

誘ってなかったら、この日は
ありませんでした

福岡のダイビングショップで
サンライズを選んだきゅー

サンライズに来なかったら
この日の参加はありませんでした

6年前、サンライズでライセンスを取った
おさむん

あの時、サンライズで取らなかった
この日はありませんでした。

もしかしたら、りなぞうとの出会いも
なかったかもしれません

全ては縁でつながっており、
偶然はありません

こうやって、一緒に潜れることは
奇跡だと、いつも思っています

ねっ!あずー

ここから、水中用花嫁に変身

おさむんは水中花婿へと変身

もはやウエットを着ていることを
忘れてしまうほど

完璧でした。

僕も神父になるべく
ローブをまといますが、

小さすぎて息ができません

くるしい

手もうっ血してきました

でも、動いていると、
いつの間にか背中が破れてくれて
ラクチンになりました。

せっかくなので一緒に撮ってみましたが
僕の存在感と違和感がすごかったそうです
(体のサイズもおかしいですね)

二人だけになると急に華やかに
なったそうです

炎天下でのドライに黒いローブで汗だくの僕は、
水中では報われるのでしょうか

そして、二人だけになると、
いつもの白瀬が輝いてみえました

花嫁の周りに友人たち

新郎新婦の周りに友人たち

他のショップの方が見守る中でエントリー

道路からもギャラリーが見ておりました

白いマスクがお似合いでした

この水中結婚式はタイの結婚式から
ヒントを得て、作りました。
(もちろん水中の部分は違いますが)

一般的に日本で行われている
ビジネス&デジタルな式よりも
手作り&アナログな方が人の心に残ります。

以前、みやっちとブランの水中結婚式と
普通の結婚式に、両方参加しましたが、
大差をつけて、水中結婚式に感動した
記憶があります。

あの「一体感と非日常感」は
普通の式では絶対に出せません。

普通の結婚式に比べ、
華やかさや出来栄えでは劣りますが
タワーマンションよりも、
自分たちで作った山小屋のほうが素敵なように
「手作り」に勝るものはありません。

そして、何事も「体験」に勝るものはありません。

どこにお金を出してもやってもらえない
こんな素敵な式を一番やってもらいたいのは
僕なのかもしれませんが、なにせ結婚が
向いていませんので、結婚式をする理由が
ないのが残念なところです

なんだか、この前のおにいのDM認定祝賀会に
似ていますね。

そして、今回の式には参加していない方からも
たくさんの支援がありました。

この場を借りてお礼申し上げます。

みなさんの助けがなければ、開催は
難しかったと思っています

ありがとうございます

そして、たくさんの写真を撮ってくれた
カメラマンたち
素敵な写真をありがとうございます。

そして、幸せな行為や行いは必ずや
廻り廻って何倍にもなって自らに
返ってくることは宇宙の教えです。

それでは後半は水中結婚式の様子から
お届けします。

RIO

  • 日々のサンライズ

    2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧