ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

5/17 黒瀬
2017年5月18日

こんにちは。

今日は朝から1時間お店の掃除をして
どうしてもお寿司が食べたくなったので
ボンラパスに行って8巻で980円の割と高級なお寿司を買ってきたけど
お醤油がついてなくてちょっとガッカリ。
マエダサチコです。

今日は何かと人の出入りがあった平日でした。

そんな日は1日が早いのでありがたい。

さて、今日は昨日の黒瀬の事を書こうかな。

黒瀬は白瀬よりも北風に弱いので、
少しでも北風が吹くとまぁまぁ荒れるのが特徴。
昨日もまぁまぁ荒れてたけど
水ちゃんのディープ講習があったのでここに来ました。

満潮時刻が12:55だったので
ディープ講習には2本目に行く事して、
1本目は久々にRIOさんガイドでみんなで潜ることになりました。

間もなく100本を迎える美佳さんと
間もなくDM講習が始まるおにい

青森帰りのつぼやんと
新婚のミヤモンといったメンバーで出発。

足場が悪いのも黒瀬の特徴。

なので、MSD限定のエリアとさせてもらっています。

足場も悪いし、波で簡単に倒される。
私も昨日転んで右足の靭帯負傷した様子。

ミヤモンは波に翻弄されながら
小さな体でころころと転がりながらエントリーエキジット。
フィンを脱ぐのも一苦労で、
間違っておにいのフィンのバックルを外して、
自分のフィンが行方不明になったりと・・・
色々とおかしなことがあったけど、
水中に入るといきいきするのはミヤモンの特徴。

黒瀬のウミウシはやたらとでかいのも特徴。

水深が深く、イソバナに似たヤギ類が多いのも黒瀬の特徴。

そして、体が透明できれいなミズタマウミウシが居るのもここ黒瀬の特徴。

今まさにそのシーズンなんです。ミズタマウミウシ。

ですが、今年はあんまり居ない。

てか、出会えない。。。

おにいはシロウミウシをミズタマウミウシだと思ってずっと持って泳いでいた。

『それシロウミウシね』と教えると
すぐにシロウミウシを岩に戻して、泳いで去っていった。

つづいてはまた全く透明感のない子を連れてやってきた。

だけん違うって!

つぼやんはどこにでもいる超がつくほど今の時期のイツメン中のイツメンを
ミズタマのように大事に持ってきた。

だけん違うって!笑

まじめにきっと誰も探してない。

そして肝心のガイドは寒さで思考停止して動かなくなった。

後半意識が飛びそうだったらしい。

そんな人はミズタマウミウシはおろか何も探せないよね。

1本目はそんな感じで肝心のミズタマウミウシには会えず、

ゴシキミノウミウシとか、

サガミミノウミウシとか色々見てきたのでありました。

2本目

寒さでメインのガイドはギブアップし、陸に残ってお片付け。

おにい率いるファンダイブチームはドリフトダイビングに、

私は水ちゃんとディープ講習に行く事になりました。

満潮を狙ってギリギリ水深18m。

いろはすもぺっちゃんこ。

いろはすじゃないペットボトルがよかったね。

深いところにはカタクチイワシ的な小魚がむっちゃ群れてて
透視度はそんなよくなくてもキラキラ光ってきれいでしたね。

てか、忘れてた。

水ちゃんもウエットスーツを着ています。

でも、そんな寒くないらしい。

普段からサーフィンをしている水ちゃん、寒さに強し。

寒さ恐怖症のおにい率いるドリフトダイビングチームは黒瀬からエントリーし、
無事に白瀬でエキジットしてきた。

楽しかったかな。

たまにはそんなダイビングも面白いね。

では、また。

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧