ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

6/16 黒瀬と青瀬
2017年6月17日


昨日、潜った時にみたセンヒメウミウシ?

昨日は、かなりかなり久しぶりのにマンツーマンガイドで
ふーみんと黒瀬ダイブ

がっつり沖の方まで探索しながら、
白瀬との違いを見つけていく

水深18.5m

「カリフラワー」にしか見えない生物もいました。

ヨウジウオなのか、タツノイトコなのかわからない魚や

白瀬とはテイストが違う地形に
サラサもちょっと違うウミウシに見えてきます。

よね?

深いところで、冷えた口では「バブルリング」難しい

最後は、DECOリミット25分くらいまで、深場にいたので仕方がないよね

2ダイブ目は、去年みんなで遊んだ海の家の前の
海に潜ってみたくて、2人で調査ダイブ

海の家はまだ開いてないので、こっそり車を止めさせてもらってエントリー

赤瀬よりも北側にあるここのダイビングポイントは、
白、黒、赤ときたら青しかないよねということで「青瀬」に命名

入ってすぐに水深2m

その後、ずっと遠浅で150mくらい泳ぐと、水深4m。

きれいな砂地では小型アカエイ。
写真にはとれなかった体長1mくらいのエイも観察

サザエのプランクトンご飯中

ちょっと気持ち悪し

イワシの群れも浅いとこで見るときれい

さらに300mくらい泳ぐと砂地と岩場を乗り超えて、
最後に切り立った岩礁域にたどり着いた
水深8m

白瀬とも黒瀬とも赤瀬とも違う、「地形」の現れ方をする
「青瀬」は不思議な感覚になります

しかし、ここにつくまでに40分くらいかかっているので
普通に船が上を通る音が聞こえます

なので、最低60分ダイブオーバーの覚悟がないと入れません

開拓すればまだまだ面白いものが出てきそうな気がしますし、
エントリーがしやすく、真北に向いているので、東風が吹く
「秋」にいいと思いますので、また調査で潜りたいと思います

調査ダイブにつきあってくれたふーみんありがとうございました。

今日は荒れた白瀬を強引に潜って、一人酔った方がいましたが
明日は酔えない穏やかな海の予報で「満員御礼」です。

ハイエースがんばれ
あと、2か月です

RIO

サンライズの最新情報もりだくさんのメルマガ登録よろしくおねがいします。
☟☟☟
☆サンライズメールマガジン☆

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧