ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

6/19 素潜り個人レッスン
2017年6月21日

今日は素潜り講習の学科で
しゃべりすぎて疲れました。

あんまりしゃべると、声が枯れてしまうので、
プロポリスを買おうかと悩んでいます

さて、今日のブログは、あずさんの素潜り個人レッスンの様子です。

下から撮ったので、足が長く見えますね

この前の志賀島で、「素潜り恐怖症」になってしまいそうだったらしく
宮古島で潜る前に、恐怖症の克服をするために参加されたようです。

一度、落ち着くために、スタティックで心の調整をしつつ、
今の状態を見ていきます。

今の耳の状態を把握することも大事です

フィートファーストだと、耳の状態がわかりやすく、
ヘッドファーストで行く際の目安になります。

この日はすこぶる調子がよく、すいすい頭から
潜っていきました。

水深5mは楽勝で潜って帰ってきます。

志賀島では、水深2mが潜れないほど苦しさを訴えていたのが
うそのようです。

脳に騙されると、素潜りは全くできなくなってしまうのが
証明されました。

水中写真&ムービーを撮る練習も行いました。

マクロ撮影も。

基本的にスキューバの時と同じなので、
まずは落ち着いて構図や光の具合を考えて、ピントを
合わせるのですが、息が長く続かないため、あらかじめ
どんな風に撮るのか決めて潜ることが大事。
撮影設定も決めておきます。

その後、イルカのように横泳ぎの練習や、

バブルリングを作って、くぐる練習まで
行いました。

プールでは文句なしに上手なのですが、海での恐怖心をいかに
なくすかが上達のカギになります。

なぜなら、素潜りは「メンタルのスポーツ」だからです。

そして、人間にとって、一番やっかいな感情は「不安」です。

不安になると、人は防御の態勢に入りますので
思考力が落ち、生存本能が働きだし、感情のみで行動
するようになるので、理性が働くなります。

すると、「普通」にできることができなくなってしまいます。

ですが、「不安」は生きている以上、誰しも持っているものなので、
うまく飼いならす必要があり、まずは
「命にかかわるのか」「かかわらないのか」を見極めるために
自分と向き合い、自分の心と対話していくのです

そういった、機会は普段あまりないので素潜りで、自分を
見つめる機会を作るのもいいのかもしれませんよね

さて、明日は海。

どうなのかな。

しょーくんが行きますよ。

では。

RIO

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧