ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • サンライズについて
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

7/28 水温上がりまくりの辰ノ口ダイブ
2018年7月29日

おはようございます。

今日は、海の家で飲もう会です。

ご存知でしょうが、
左ターン台風の影響で
海は、大荒れ潜れません。

おそらく、雨も強くなります。

でも、
何か爪痕を残したい

どんな天気でも、関係なく
心に残る夏の思い出を作りたい。

そんな思いから、「飲もう会」
に、切り替えることにしましたが、
どうなることでしょうか。

今回は、人数が少なく
こじんまりしてますので
お潰れになる方が続出しそうですが
節度ない会になってくれることを
期待しております。

ちなみに、今回の僕のテーマは
おしとやかに過ごす。
お酒も飲みませんので、
運転手です。

ここ最近、酒の飲み過ぎで、
内臓がやられて、嘔吐下痢症の
ような症状になってからの、
「病み上がり」が本当の理由ですけどね。

まあ、僕はお酒なんてなくても
全然楽しい方なんで、お気になさらず
盛り上がってもらえたら幸いです。

2次会に参加されたい方は、
18時にサンライズに集合してください。
飛び入り参加可能ですよ。
(D-PASSをお持ちの方のみ)

さて、昨日はしょーくんが
無事ダンゴウオを見つけたブログでしたが、
さすがですね。

僕はいないと思っていましたので、
ダンゴウオのおもちゃでお茶を濁すように
言っておいたのですが、出番はなかった
ようです。

しょーくんの、ガイドの腕が
また一段を上がったようです。
運も含めて。

さて、本題。
昨日は相変わらずの
酷暑の中、笑顔な仲間たち

この日は、ウエットスーツ初おろしが
3名と、新品の風が吹いていました。

特に、店長とおそろが最近の
流行りのようです。

このウエットスーツ可愛カッコよくて、
あったかくて、丈夫という
インストラクター御用達の一品です。
MOBBYSのデザインは、他メーカー
に比べ、群を抜いて素晴らしいですよね。
体型も綺麗にみせてくれます。

末長く愛用していただき、体に
馴染ませれば馴染ませるほど
愛着が湧いて手放せなくなり、
これ以外では、潜れなくなります。

どんな悪条件でも楽しむために、
ギアが重要なのは、どんなスポーツでも
変わりませんね。

1本目は、夏の北側調査と題し、
「クロの巣」まで足を伸ばすことにしました。
アカオビハナダイが何匹ほどいるのかも
気になっておりましたし。

道中、水深4mほどまでは
水温30℃と生温いサーモクライン

そこで「コロダイの巣」を発見しました。

この辺は、むわーーーと
気持ちの悪いほど暖かい水に
包まれておりましたが、
こんな場所がコロダイは好きなんですね。

大潮の引き潮で潮がガンガン流れて
いましたので、先割れフィンで泳ぐには
若干の慣れとコツがいります。

ミューなら余裕でしょうけど、
僕はあえて使いません。

流れのない岩の隙間には
可愛いアオサハギが。

たいちゃんなかなかのショットです。
美しい

ピッコロちゃんも今日ばかりは
寒さを感じないようで、快適に
潜っておりました。

寒がらないピッコロはある意味
レア種です。

あかみは、カメラに没頭。

やり出したら、止まらない
S気質な女子でございます。

無事、クロの巣でアカオビを5匹
観察して、Uターン

深いところで、25℃と快適でしたが、
上がってくると、またあのムワーーと
地獄。

首から水を入れて調節
するしかありません。

付いてくる石鯛の若魚

子供の頃、憧れの魚は石鯛
でしたが、ダイビングで
見るようになり、憧れは
なくなりましたが、いまだに好きな
魚。

飼いたい。

これは、たっちゃんが撮った写真。
マスカラのような
いばらかんざし

そういえば、たっちゃんは、
サンライズ初展示会のシールを
一列揃え、3000円の商品券ゲット
しました。

やりますな。

苦手な分野での入選は、
数打てば当たると申しております
ように、失敗を恐れずどんどん
撮りまくってみたらいいのです。

写真に師匠はいらないと
かの有名なプロカメラマンも申して
おりましたように、昔みたいに
技術がなくても撮れるデジタル時代では、
GOODなフレーミングとシャッターチャンスで
誰でもプロのような写真を撮ることが
可能です。

そのうち、直感と感性で
どんな写真も撮れるバランスの
いいカメラマンになれます。

そして、撮りまくるうちに
だんだん自分が撮りたい&撮りやすい
被写体がわかってくるのです。

焼きリンゴは、この日ディープダイビングで
AOW終了。

無口三兄弟の三男としてこれからも
サンライズを無口の素晴らしさを
広めてくれるかもしれません。

2本目は、全員で東口から
スタート

森に迷い込んだような
イカ芝

新旧卵が孵化を待ちわびていました。

イガグリウミウシ

ゼブラガニ

東口は、魚が多く、泳ぐ距離が短いため
フォト講習には最適です。

魚がぐちゃっとしたアジアの
海を彷彿とさせており、
タイの海を思い出しました。

目が可愛いと評判の
ヤドカリ

確かに目が可愛いような
気がしてきました。

そして、以前に比べサンゴが増えているような
気がしました。

何度見ても、気のせいではないように
思います。

日本だけ温暖化の影響でしょうかね

それにしても、綺麗です

そして、寒がらなくなった
ピッコロちゃんがフォトSPで
撮ったショットご紹介

僕が勝手に選びました。

一枚目は、ニジギンポの写真。

比較的撮りやすい被写体ですが、
構図と色合いが面白いですね。

2枚目は、ゴンズイ玉

久しぶりに見た、チビたちが集まった
ゴンズイ玉。
なんか、可愛いし、明るい写真で
いい感じです。

3枚目は、クマノミの赤ちゃん

流れがある中で、上手に撮れました。
ちゃんとど真ん中でピンもあっていて
いい写真です。

どれも上手に撮れていましたが、
入賞まではあともう一歩という
ところでした。

しかし、写真センスはありますので、
水中のコツを掴んでいけば、
入賞を量産する可能性があります。

頑張ってください。

ちなみに、僕も久しぶりに
ストロボを引っ張り出して
撮りまくりました。

ワイドレンズにこのストロボセットは
地形や人を撮るのに、最高でしたね。

写真に没頭するダイビングは楽しいものです。

でも、時間が早すぎてびっくりします。

あかみも浮上後同じことを申しておりました。

「上がるの早くないですか?」

すでに60分潜っておりましたので
早くはありませんが、それほどまでに
早く感じるのも写真の魅力なんでしょうね。

あまり写真に興味のない方も、
コンデジでいいので、何かを撮ってみてください
撮った写真を何に使うとか考えず、
撮るだけで、楽しいですから。

楽しい、なつのひでございました。

先日、とある方から
僕が以前お世話になっていた
福岡のダイビングショップから
新たに独立された女性がいると
聞きました。

その女性は、僕が当時そのショップに
所属していた時、DMコースを教えたことが
ある方で、言ってみれば弟子
いや後輩、いや知り合い?なのですが
切磋琢磨できるライバルが増えるというのは
嬉しいものです。

僕は常々、ライバルは多い方がいいと
思っており、ライバルがいるから
自社のいいところを引き立てようと
頑張りますし、ライバルがいるから
全体的なダイバー人口が増え、
福岡全体のダイバー活性化につながり、
結果的にいい流れを掴むチャンスも
増えていきます。

例えば、福岡にダイビングショップが
サンライズ一軒しかなかったら、
ダイビングライセンスを
福岡で取ろうと思う人は少なく
なりますよね。

LA CHOBI BLOG
ちなみに、ブログを拝見致しますと、
クマノミの卵初めて見たとか
下手な水中写真載せたりと、
素人感満載なブログをアップして
おりましたが、
お客様を満足させるのに
そんなことは関係ありません。

福岡にはない新しいスタイルを
築き、末長いご繁栄を期待しております。

RIO

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧