ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

8/12 プール講習2回転の日
2017年8月13日

仕事仕事で遊べません

僕は、多様的な遊びを好みますので
多くの時間と体力を必要としますゆえ
優先順位的にも季節的にもダイビングのお仕事
がメインになっています

いつも遊んでいるようなものだと
思われていますが、ダイビングのお仕事は
一部仕事で、一部が遊びという、二種混合
ですので全てが遊びにはなりません

そして、遊びは人生にとってなくてはならないものですが
幸福度には収入も大事です

ノーベル科学賞を受賞したプリンストン大学の
心理学者、ダニエル・カーネマン教授が研究した
「感情的幸福」は年収7万5000ドル(900万円)
までは収入に比例して増えますが、それを超えると
比例しなくなることがわかっています

ですので、年収900万円を目指すことがまずは現代的バランスを
取るにあたり大事なのでしょう

また多くの人は、精神的な部分を精神的に解決しようとしたり
肉体的な部分を肉体的に解決しようとしますが、
大抵の場合は解決にいたりません
(カウンセラーの僕がいうのもなんですが)

全ての物事は多面的であり、幅広い視点から見ることが
不可欠です

ですから、心が病んだときに応援ソングを聞いても
抜本的な解決にはなりません

むしろ、食生活を見直し、腸内細菌のバランスを
整え、自分の体質にあった運動をする方が
驚異的な効果を発揮することがあります

幸福度のバロメーターは「セロトニン」ですから

そういった、制作実費がかからないエセ心理学を応用した
マーケティングには注意していきたいものですね

さて、昨日は朝8時から素潜り基礎コースに
珍しく男子3人とプールにいってきました

水温31℃、室温35℃では
ウエットは必要ありませんでしたね

夏休みの子供が寝ているようです

夏休みの子供の息止め合戦

夏休みの子供の素潜り競争

夏休みの子供の素潜り練習

夏休みの子供のバブルリング

夏休みの子供の我慢大会

夏休みの子供のスキューバチャレンジ

3人とも子供のように素潜りを楽しんで
いらっしゃいましたので、これからも
続けてもらいたいと思います

今がベストシーズンの素潜り基礎コース
是非ご参加ください

そして、一度天神に戻り、3人を降ろしたら、
薬院のアジアン料理屋でランチを食べて
プールに舞い戻ってきました

老若男女の講習生と共に
第2ラウンド突入

仲良さげ

今度はウエットを着ます

ずいぶん、派手にペイントされてますよね

水中で目立ちますから、夏の海でも
サンライズの講習生だとすぐにわかりますが
陸上ではちょっと気恥ずかしいかもしれませんね

そんなペインティングウエットを着て、
まっちゃんも楽しんでます

「サンライズレンタル男」って
男しか着ないでしょ
これ

カップルでお越しのしゅうへいくんとみなみちゃん

どうやらお二人は僕のことを
娯楽大麻を嗜んでいる男だと
思っていらっしゃったようですが
一切やっておりませんよ
ヘンプフードやCBDオイルには興味ありますが
THCには興味はありません
僕は普段から別の世界に行ってしまった
変人だと思われているのですね

まあ、高濃度窒素はいつでも吸いたいと
思ってはいますが・・

みのださんは耳抜きにかなり苦戦していましたが
器材や水には慣れたようで

みんなと楽しく講習をしていました

プールの主な目的は
「水」と「器材」に慣れること

そして、海での講習は
「海」と「ストレス」に慣れること

そういった段階を踏むことで
徐々に余裕をもって
ダイビングで遊べるようになり
ひいては人生の糧へとつながっていきます

そして、
体験ダイビングをされる方で多いのが
ダイビングをすべて楽しみたいという
「欲張りさん」

体験ダイビングはダイビングの
2割楽しめれば大満足なコースなのですが
5割~10割をお求めの方が
いらっしゃるわけです

全てのものごとに言えますが
それなりの時間とコストをかけない方は
それなりの体験しか得られません

「はまって」からではないと
見ることができない新しい世界がありますので
面白いと思ったもの全てに、「はまって」みることは
人生においてとても大事なのは、諸所申し上げて
いる次第です

そういえば、
11日に硫黄島沖でダイビング事故がありました
ニュース

女性ダイバーの方がお亡くなりになったようで
同じダイビングをするものとして心が痛みます

安全なスポーツとはいえ、安全ではない海で潜っている
わけですから、誰しも事故にあう可能性はありますから
他人事ではありません

また、夏季のダイビングシーンは、ブランクがある方が
潜り出す時期ですので、その辺も注意しないと
いけません

サンライズでは、
プロという称号をお持ちの方でも、経験本数問わず
ブランクがある場合は、全員ビギナー扱いにしています

僕ですら、1週間潜ってなかったら、
感覚を取り戻すのに少し時間かかりますから

月に数本潜ることは万が一に
備えることでとても大事なのです

それができない方は
体験ダイビングもしくは
リフレッシュコースがベストな選択肢のように
思います

RIO

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧