ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

8/16 おにいDM講習
2017年8月17日

昨日は、おにいと店長と3人で
食べ飲み放題の大名のお店でビール2杯と
食べたいものを好きなだけ食べてみたのですが、
終わり掛けには、胃の消化吸収がストップしてしまい
帰ってから10割おろってしまいました

お酒が体に合わないのか、食べ物を食べすぎているのか
わかりませんが、とにかくすっきりしました

おろってしまうと物理的にはもったいないですが、
心は満足しましたので今日はとても元気な一日です

さて、

真夏だというのに、クラゲゼロの白瀬

それもそのはず、ちょっと深い方は
水温25℃しかありません

そんな7月の海に逆戻りしてしまった白瀬ですが、
外気は真夏の8月中旬

しかし、みやもんとみかさんの
MMコンビはなぜか汗をかいていないのが
不思議です

そして、今日からDMトレーニングのおにい

今日はひたすら水中地図を作ります

僕は2人を連れてファンダイビングのガイド
2か月ぶりくらいでしょうかね
ガイドだけというのは

ですので、いつもみんながいくルートではないところに
連れていきながら、海の視察をするのが今日のテーマ

スタートから北白瀬側に大きくずれて泳いでいくことに

透明度が7mくらいまで見えるような場所も
ありつつ、魚が少ない北白瀬
2人のポーズにあるように
HAWAIIの海のような雰囲気になって
いました

中型コロダイが岩の壁に沿って
泳いでいました

そしてそこから南東側に大きく進路を変え
4つ岩方面に向かうと
みやもんがオトシゴ発見

みやもんは見つけるの上手くなりました

その後、濁り気味の白瀬側をぐるっと回って70分ダイブ

ちなみに、おにいは
「フロートをつけるのにP1の先の砂地まで泳いでいった~
どこかの講習生がサンライズの水中ブイにまたがっていて
見えなかった」
らしいのですが
最後は直感でみつけるあたりさすがです

「ニモカにチャージできないおにい」も
徐々に進化してきましたよね

海の中は少しひんやりしますが、
あがるとムシムシ

すると、みやもんが目を抑えて苦しそうにしていました

「潜る前に目をこすってしまったんだけど、今、目がとても痛い」
とのこと

ん?

潜る前にこすって、なぜ今痛い?

あと、「上を向くと痛い、下を向くと痛くない」
とのことでしたが、ダイビング中、下を向いていたのでは?

もしかしたら、上がってすぐ、
目に尖ったごみが入ったのかもしれませんが
そんな不思議っ子みやもんは真っ赤な目を抑えながら
2本目は辞退して休憩することに

すると、3人になってしまったので、
先ほど地図を書いていたP8へ連れていってくれる
ことになったのですが、おにいが2人?

水中に入ると、見分けがつきません

こっちは本物

「本物おにい」はすいすい泳いでいき
5分でP8へ到着

言っていた通り、
P8には先ほどの北白瀬の岩とは違い
メバルやソラスズメダイなどが群れていました

そして、おにいの水中地図には「サザエの巣」なるもの
を書き記していました

P8の「トップの切れ目」にそれはありました

サザエが密集中

普通にその辺の海に入って
サザエがこんなにいる海はそうそうありません

そんなサザエが大好きなおにいは先ほど
偶然見つけた「サザエとウニの山」なる場所に
案内してくれることに

普通、魚やウミウシがいるところに
案内するのがセオリーですが、
サザエやウニが集まっている場所に連れていって
くれるなんて、なんとも言えない好奇心を
掻き立てられます

さっきいったルート思い出し

山立てのために一度水面に
浮上しすいすいおにいは無事到着

P8から南西に行った水深4mくらいにある
何の変哲のない岩ですが、

その岩だけサザエやウニがたくさんはりついて
いました

白瀬にはどこにでもいるウニとサザエですが、
その周りにはおらず、そこだけにいるというのは
不思議に思います
何か美味しい海藻でもあるのだろうか
いい潮の流れが来ているのだろうか
外敵がいないのだろうか
夜になったらもっと増えるんだろうか

人間の想像力は素晴らしく
何の変哲のない岩でも
魅力のある岩に変わっていきます

僕は子供の頃から想像力を
掻き立てられることが大好きで
そのせいなのか「高性能」「高品質」「高価格」
にあまり魅力を感じません

これまでも、高性能で高品質、高価格のものを買っても
オーバースペックだったり、使いにくかったりすると、
すぐに手放してしまいました

釣りでも、釣れる仕掛けで、釣れる海域で、釣れる潮で
釣れる船長さんの元、釣りやすい船を出して釣るよりは
どこにでもある港で、どこにでもある仕掛けを
工夫しながら、地元の釣り具屋や地元の釣り師に情報をもらい
時間帯や潮流を読み、釣る方が何倍も楽しいのです

それは車、携帯、スマホ、パソコン、仕事、趣味などすべてに
共通している価値観ですが、自分のことを知り尽くした上で
自分に合った最高のスペックを探し出し、低価格でも
高品質なコトやモノに出会うことに最高のフロンティアを感じます

実際、時間とお金をかければ、どんなとこにも行けますし
感動も得られますが、実は白瀬でも
モルジブに負けない感動を得られるのです

それは、まさにこの想像力の賜物であり、
自分の好きなことをいかに知っているかに尽きるのでしょうね

これからダイビングを始める方も、始めている方も
メディアや他人が言っていることを鵜呑みにせず
自分のダイビングを楽しんでみてくださいね

RIO

  • 日々のサンライズ

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧