ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

8/21・23親子で別々プール講習
2017年8月24日

もうすぐ8月も終わりですね

今年は夏服をほとんど買わず、
サンライズTシャツで
過ごしています

買ったといえば、
破れたり、サイズが合わなくなったり、
ボールペンと一緒に洗濯機に入れて
インクまみれで汚くなって捨てた
3枚の短パンの代わりを2枚追加したくらい
でしょうか

しかし、8月中旬にかわいい夏服を買うというのは、
なかなか難しく、天神の洋服屋をめぐっても
売れ残りばかりです
ダウンジャケットが売り出されている
お店もあるくらいですから

夏服は5月頃に買わないといけないことを
忘れていました

最近、トレンドをほとんど気にしないように
なったのはおじさんになったからではありません

ファッション業界は新たなトレンドを生み出すべく
あの手この手で雑誌やスタイリストにお金を渡して
いるから起こるわけです
また、世界的なトレンドは布地会社とアパレル会社が
いい感じのデザインに仕上げたあと、コレクションなどで
編集者やスタイリストを接待して作り上げます
(いわゆるメゾンブランド)

そして、売るために作られた「トレンド」を
インスタでモデルやタレントたちが
ステルスマーケティングで雑誌の代わりを
していることは皆さんもご存じかと思います

しかし、最近ではブランドとは真逆にある服
(シンプルで昔からあるような服
ファッション業界的には「ノームコア」)
が次の大きな波になっています

スティーブジョブスがいつもタートルネック
リーバイスのジーンズ、ニューバランスを
履いていたように、オバマ元大統領も
ノームコアで知られています

ただ、安価なものを着るのがノームコアでなく
着心地がよく、素材がいいものを選ぶのは
それなりに高価でもあります

大量消費や、大量コレクションの
80年代のアメリカから派生した文化から、
自分のライフスタイルにあったものを大事に使うという
生き方や考え方そのものが代わり「大衆」から
「個」への移行期間でもあるのです

僕は、毎日サンライズTシャツを着ていますので
特注のオーガニックコットン仕様のTシャツを
思案中です

さて、先日プール講習に行ってきました

思い出作りにライセンスをと親子で3名で御来店された
のですが、なぜかいつも日程が「バラバラ」なご家族

しかし、僕的は「バラバラ」の方が他のダイバーとの触れ合いが
多く新しい発見も多いので、僕はいつもご家族やカップルには
「バラバラ」をお勧めしているのですが
本能的に察知しているのでしょうか

そして、今回の講習生は
父のまことさんと

娘のせーなちゃん

せーなちゃんの
器材セッテッィングの間に
まことさん潜降

まことさんに負けじと、
かわいくBCを着るせーなちゃん

そんなの関係ないとばかりに
1人で
水中を楽しむまことさん

ご年配の方(60代以上)の方が
はじめてライセンスを取る場合は
大抵、「器材が信用できない」
「水が怖い」などの理由で潜るのに苦戦
するのですが、まことさんには
関係ないようです

器材を装着して、

浅いとこで、練習するせーなちゃん

マスクがよくお似合いです

そのころ、まことさんは
中性浮力の練習

フワフワを身体で感じようと
がんばっています

徐々に上手くなってきました

その頃、せーなちゃんはマスクに水をいれたり、

レギュレーターリカバリーの練習をしていました

そんな最中、
まことさんはそろそろフロートをあげて
浮上開始

入れ替わりでせーなちゃん水深5mへ

深いところで
レギュレーターを外して笑顔

泳ぎの練習をしたり、

マスク脱着をしたりして、

最後はフロートを上げて浮上しました

こう書いてみると、同じ時間帯に存在する
パラレルな世界のような気がしますね

しかし、お二人ともかなりダイビングが
上手でこれは「遺伝」なのかもしれません

人間は遺伝子とメチレーションですべてが
決まるといわれていますので、
海でも上手に潜れることだと思います

がんばってくださいね

RIO

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧