ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

8/27 辰ノ口にいってきたよ。
2017年8月29日

こんばんは。 マエダサチコです。

今日はRIOさん志賀島で、私はお店です。

海がない日の最初の仕事はお店の掃除と一緒に鳥さんたちのゲージ洗いと水浴びが日課。

水浴びすると一回り小さくなって更にかわいいのです。

少し寒そうにするので、その後2時間ほど日光浴させています。

本来オーストラリアに生息するオカメインコ。
暑いのは平気なので、ベランダのビルとビルの間でウトウトしています。

時々大空を羽ばたきたくないのかなぁ~とか思ったりするけど
ペット用として産まれたこの子達にとって大自然は怖いものだらけ。
大好きなゲージの中でのんびり過ごしたり、
大好きな人間達と遊ぶことが幸せな時間。
なので、みなさん遊んであげてくださいねー
毎日毛繕いしてきれいにしています♥

さて、今日は日曜日の辰ノ口のことを更新。

天気も良くて海のコンディションもよさげ。

陸から見る海は抜群の透明度の予感・・・

しかし、陸から見るだけじゃわからないのですよねぇ~

水深が浅いから騙されがちがちだけど、濁ってる日も多数。

そう。

まさにこの日もそれでした。笑

透視度3~4m。

夏の辰ノ口って濁るイメージだけど、、この日はとにかくどこに行っても白濁り。

だけど、魚の数はいつもと変わらずすごく多くて、

アジが長い帯になってホバリングしてる姿がなんか面白かったです。

いいサイズのメジナもうじゃうじゃ。

そして水面付近にはすごい数のキビナゴらしき小魚の群れもうじゃうじゃ。

ちょうど潮が動き出すと、魚たちの活性が上がり小魚がぐるぐる回ってきて、
へたっていたソフトコーラル類しっかりと体を起こしたり、
ハードコーラルもポリプをしっかり広げてプランクトンを捕食しようとしていました。

りなぞうはこの日ナチュラリストSP講習。

この講習は自然に精通するダイバーになる為に水中生物の食物連鎖や
水中の生物がどのように生活して、どのように生きているのかを観察していくコースで、
これまでとは少し違った見方で水中生物を観察したりします。

魚以外の生物にも焦点をあて観察していく面白いコースになってますよ。

なかでも興味深い生物、サンゴ。

サンゴって寿命がなくて、必要な条件が失われない限り永久的に生きていけるんだそうです。
ちょうど今日中島さんからそんな話を聞きました。

必要な条件として重要なのは水温だということは有名な話しで、
海水温が2度上昇するとサンゴは白化し、
酸素を作り出すメカニズムを失います。
そしてその状態が長く続くと死んでしまうんです。

海水温が2度上昇するということは外気温でいうと約8度と言われ、
人間の体温ではそのまま2度と言われています。
苦しいことがなんとなくわかりますね。

そんなことも勉強したりしなかったりしたりしながらこの日
リナゾウは自然に精通したダイバーになったと思われます。
そして間もなくリナゾウMSDになります。

はじめて辰ノ口に来たまっちゃんは、
その魚の多さとこんな近くの海にサンゴがあることにびっくりしたんだそう。

そして、前回恋の浦でウミウシのキュートさに魅せられたので
今回もウミウシハント。

ピンクがかったコイボウミウシと
触角のキュートなタテヒダイボウミウシだけでしたが

その硬さに驚いていました。

講習もしっかり終えて、いよいよ次回ダイバー認定となります。

楽しみだにゃー

スイカもおいしいなー

まだまだ暑くて夏を満喫した一日でした。

おっ君率いるファンダイブ組の写真はもらい損ねてしまったので、
情報がありませんが・・・
きっと楽しいファンダイブになったことと思います。

日に日に日照時間が短くなってきて、
長時間運転が眠くなる季節になってきましたが、
新アイテムを取り入れたドライバーは心配無用ですばい。

Chao!

  • 日々のサンライズ

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧