ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

8/29 志賀島で講習
2017年8月30日

皆さんいかがお過ごしでしょうか

夏も終わりかけの8月下旬に水温上昇中、
水面30℃水底29~28℃と海の中は
夏真っ盛りとなっております

ソラスズメダイが子供の群れと大人の群れに
分かれ、白瀬の短い夏を楽しむように
中層を元気に泳ぎまわっています

段々寒くなる10月頃には、岩陰に単体でじーっと潜みだし
なんか悲しい気持ちにさせられるソラスズメダイ

毎年のことながら、感情を揺さぶられます

さて、この日のおにいはOW講習のごうさんの
アシスタント

かっこよくそして、丁寧にレクチャーするおにい

一緒に潜るのは佐々猫

痩せたり、太ったり忙しい佐々猫
基本的に痩せてる人の方がウエット似合うから
痩せたままでいいと思うよ

そして、とーたるこーでぃねーとは
わたくしRIO

ブルーのマスクつけてみたけど、あんまり似合わないね
どうやら僕はゴテゴテした素材や質実剛健な
たたずまいなモノよりおもちゃっぽい、
言い方を変えると「ちゃちい」感じが好きなのです
だから、昔からアクアラングが好きなんですかね
(これは悪口ではありません)

潜行中、耳が抜けないごうさん
フリー潜行をあきらめ、ロープで
潜ります

ペースを限りなく調整できるロープ潜行は
耳抜きしにくい方におすすめです

バディのシリンダーがゆるんだ時の
対処方法

P8でコンパスの練習

おにいの丁寧なアシストを受け
コンパスナビ出発

しかし、なかなかゴールに帰ってきません
まっすぐP1付近まで、しかも水面を泳いでいたごうさん
どこかでUターンしないと、帰ってこれませんよ

佐々猫は水平泳ぎで、くーるくる

2回目でようやくたどり着き
泳ぎつかれたごうさんに癒しのアメフラシを
渡す佐々猫

真夏にアメフラシが生息しているのは
謎ですが、触り心地は春のアメフラシと
同じです

帰りに見た、迫力満点15センチ級の
キイロウミウシ

久し振りにこんな大きいに見ました
大きいと見ごたえあります

マスクをきつくしめていたせいで
「型」がしっかりとついた後頭部を
嬉し気に撮るおにい

夏の思い出?

真夏の白瀬は本当に暑い
くせに、おにいは水買ってくるの忘れてました

罰があたったんですよ

白瀬においてあった「アンドンクラゲネット」で
50匹くらいすくってみました

クラゲってサンゴ同様
「死なない」って知ってました?

2本目はフロートをあげて
3分停止

水面器材脱着

耳が抜けないので、
帰りは水面をナビして
帰ってきました

おにいのしっかりマンツーマン
講習の一日でした

OWを取得したら、今度は深いところに
遊びに行ってほしいものです

OW講習「だけ」では、ダイビングの
オモシロさはよくわかりませんからね

さて、今からおにいの200ダイブの
お祝いにいってきます

RIO

  • 日々のサンライズ

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧