ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

9/10 マユコングのガイドで潜った志賀島。
2017年9月13日

こんばんは。 マエダサチコです。

今日は学科講習や色々と来客が多くて忙しくしています。

週末は台風18号の影響でのんびり過ごすことになりそうです。。。

さて、今日はこないだ日曜日、題名にもある通り、マユコングのガイドで潜った志賀島のことをご報告。

オープンウォーター最終日にはバディダイブを想定したミニダイブを実施しています。

日本ではあまり主流ではないけど、海外ではわりと当たり前なバディダイブ。

日本人のダイバーはCカードを取っても、主体性のないダイバーが多い気がしますが、自分で楽しみを見つけられるようになると、格段に面白さが増すようになります!

写真を撮ったり、生物を見つけたり、浮遊感を楽しんだり、地形を学んだり、コンパススキルを身に着けたり、楽しみ方は人それぞれ違うけど、自分の好きなダイビングを見つけてながーーくダイビングを楽しんでもらいたいのです。

そのために第一歩がこのミニダイブ。

この日は海も穏やか◎

いってまいりました。

浅いところは透明度もまぁまぁ良くてカマスがのんびりと泳いでおりました。

最近は深場よりも浅場でいろんな種類のウミウシに出会えます。

鰓がスカートみたいなキンセンウミウシとご対面を果たし、

その後マユコングも自分で探してみることに。

シロウミウシハント。

極小サイズのアズキウミウシハント。

コノハミドリガイハント。

海が穏やなので、じっくり探せました。

いつものオトシゴ岩でタツノオトシゴも自分で探してみましたよ。

しかし

さすが擬態名人!

マユコングごときには見つかりませんでしたな~~~笑

ですが、いつものところに2個体、この日もちゃんと身を潜めておりました。

いつ見てもかわいいタツノオトシゴ、

みんなも探してみましょう。

その後、マユコングのナビゲーションで沖まで連れてってもらいました。

生物も嘘を交えながらいろいろと教えていただき、

普通に楽しいファンダイブでした。

沖に進めば進むほど、透視度は悪くなってきたけど、

アジの群れもすごくて

マユコングのまわりをぐるぐるぐるぐるぐーるぐる。

次はさらに楽しみを見つけるアドバンスで楽しみの幅を広げていきましょうね~

こちらはもうベテランの域に入ってきている

最近のいつめんさん。

友樹&ナベをガイドするのはDMしょう。

1本目は沖まで遊びに行ってきたみたい。

ゴンズイ見たり、

マツカサウオみたり、

可愛いサイズのコウイカ見たり

怖い顔のオニオコゼ見たり、

深場オレンジ見てきたりしたらしいけど、

ウミウシが少なかったらしく、、、

2本目は浅場でまったりウミウシ探し&フォトダイブを楽しんできておりました。

もこもこのエラがなんともいえないシラユキモドキや、

浅いところに多いツマグロもウミウシ。

びろーーーんと伸びたシロウミウシなどなど・・・

色んな種類のウミウシを見て2人とも志賀島の海を満喫しとりました。

台風で今度志賀島潜れるのいつになるかわかりませんが・・・

いい状態が続いてくれるといいですな~~

おわり。

では、また明日。

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧