ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

GBRオーストラリアTOUR3日目
2016年10月21日

Hey guys!!

DMのShoです。

今日も張り切ってGBRツアー書いてくよ。

いよいよダイビング編に入りますよ~。

今回サンライズはGBRに2泊3日のクルーズに行ってきました。

GBRとはGreatBarrrierReef(グレートバリアリーフ)の略称で

オーストラリア北東岸に広がる世界最大のサンゴ礁地帯として世界遺産として登録されています。

そのサンゴ礁域の長さはなんと2600km!!

沖縄から札幌ぐらいまで長さがあって、宇宙空間からも確認できるくらい広大なサンゴ礁が広がっています。

この写真ちょっと意味わからんけど、のせとこ。

そしてその広大なサンゴ礁には1500以上の魚が生息していると言われていて

世界一と言っても過言ではない超有名なダイビングポイントとして知られております。

そんなところに行ってきましたよわたしたち!
  
  

そんな広大なGBRだけど、一回のトリップで行けるのはほんの少しの範囲だけ。

そりゃーそうだよね。

今回はPRODIVEさんの船で、ケアンズから真東にあるミルンリーフ、フリンリーフというリーフに行ってきました。

この地図で言うPRODIVEって書いてある黄色く塗られた辺り。

だけど、この写真もいまいちよく意味が分からない。

でものせとこ。
  
  

早朝6時にホテルに美人インストラクター迎えに来た♡

そのあと、宿泊先のホテルからすぐそばにあるダイビングショップでレンタル器材を選んで早速船へ~~

海の上で2泊3日過ごすし、最大32人乗れるクルーズ船!

かなり広くて清潔でした~

いつかのこじき船とは大違いとか誰か言ってたな。

誰かな。

俺や!
  

器材を準備するところもかなり快適でした。

リビングルームも広々。

コーヒーや紅茶、フルーツにスナックもいつでも食べれるし、快適。

ただ、外人のブリーフィングがなにかと長かった。

船に乗ったらまず船の使い方やクルーたちの自己紹介、

そしてダイバー全員にセーフティー番号が与えられる。

なまった英語でだらだら話すのを延々と聞いて、英語が得意な僕がみんなに通訳する。
  

寝室は一部屋二人づつでこんな感じ。

思ってたより広くて寝るだけだったら十分だね。

僕はひとみちゃんと同じ部屋にはなれず、知らない外人と同じ部屋だったのがちょっとむかついた。
  
  

待って!

あたいの部屋ちょっと狭いんだけど

と、RIO先生もご立腹。

なぜかみんなのところより狭い部屋を割り振られたRio先生とおっくん。

こんなに大きな男なのに荷物を広げられないくらい狭いところで寝泊まりすることに。

これがかなり辛かったみたいですね。ぬるふふふふ。
  
  

乗船してから大体3時間ほどで最初のポイントに到着。

この日は誰が呼び込んだのか台風並みの風の強さで、船が走ってる途中立ってられないくらい船が揺れてた。

そしてもはや恒例行事のごとくコンバットがリバース。

先ほど外人がブリーフィンで言っていた気分が悪くなった時の対処法、

水に溶ける袋に吐いてそのまま豪快に海に放り込むという方法を

完璧にみんなに実演して見せた。

さすが未来のDM!やるな。コンバット。

俺も負けてられないぜ。
  
  

そうこうしているとポイントについて、またブリーフィングが始まった。。。

オーストラリアでは基本的にはガイドは付かずお客さんだけで潜るバディダイブのスタイル。

外国らしいスタイルだ。

なのでブリーフィングは絶対参加で入念に行われます。しっかりね。

大体みんな疲れて寝てるところをブリーフィング開始前になると、全部屋まわって丁寧に叩き起こしてくれる。

そして長々と丁寧なブリーフィングがおこなわれる。

この船では潜る前に名前を申告して、上がってきたら名前と深度と潜水時間を申しなければならないルール。

それからさらに全員ボートに乗っているか、ダブルチェックで、

2回名前を確認するというのを毎回のダイビングごとに行う安全管理の徹底ぶりでした。

スタッフもみんなイケメン、美女揃いでハキハキしててPADIの教科書から出てきたみたいだった。

初日の一本目だけは説明とスキルチェックかねて、船のスタッフがガイドにつくことになった。

人数が多いので、サンライズは女性チームと男性チームに分かれて潜った。

日本人は寒がりなので、みんなしっかり自前の5mmのフルスーツをもってきてたけど、

ただ一人、ウエットスーツをレンタルした仙田さんは七分丈のスーツ着用

ださっ!

あ、いやかっこいいっす。

仙田さん。かっこいいっすよ。

似合ってますよ。

ジャンプインしたらボートスタッフにオッケーサイン出して

いざせんこう。
  

もやもや。。。。

もやもやしてるけどやっぱりGBR!!

サンゴはきれい。

ま、ふつうやね。

そんなすぐに1本目からはGBRの凄さは出さないぜ!

外人のガイドって基本ポイントを泳いで回るだけ。

ほんとにガイドだけ。

魚の紹介とかは一切なし!

ひたすら泳いでく。

なので、いつもサンライズで潜っているダイバーはまぁまぁ疲れる。

ま、普通疲れる。

でもうっちーだけはなぜか元気だった。

誰よりもスイスイ泳いでた

いぇいいぇい
  

え?

あのタコをずっと追いかけよったって?

ガイドの金髪おねーさんやん!

そしてこの決め顔である
  
  

そんな感じみんなでゆっくり泳ぎたいし、せっかくここまで来たからには僕のガイドで潜りたいとのことなので

2本目からは僕がガイドすることにしてやりました。

2本目の前に張り切ってブリーフィング

GBRに来たんだったらこの魚をみないと!

クマノミ。

とは言っても普通のクマノミじゃなくて、ほっぺたに棘がある日本では見ることのできないスパインチークアネモネフィッシュ!

それと、知名度も高いクラウンアネモネフィッシュ(カクレクマノミ)を見せることを約束した僕。

GBRはまさに【ファインディングニモ】の舞台になった場所で、

ここGBRで見れるカクレクマノミは日本で見れるカクレクマノミとは少し体色が違っているんです。

日本のよりも黒色がハッキリしているんです。

なので、ここGBRでは本物のニモを見せてやろーとおもったんですね。僕。

名ガイドと言われたくて。
  

てなわけで今度はみんなで一緒にダイビング~~~

さきほどとは打って変わって自由に遊びまわるサンライズメンバー

まるで鎖から解き放たれたかのよう

好き勝手にしだした。

やっぱりサンライズはこうでなくちゃね。

僕はニモじゃなくてドリーの方を見せたりしてたんだけど

ドリーの方が旬だからね。

今年はドリー!

と、思ってたら・・・
  

サンライズの文句マン達が騒ぎ出した

時間がたつにつれてどんどん増えてくる文句マンたち。

GBRでも容赦なくおそってくる。

予想以上に文句マンたちが暴れだすのが早い。

そんな感じで一人焦っていると

  
おっ、何かおるぞ!!

おった~~。

ホワイトチップシャーク!!

よかったよかった出てきてくれて
  

他にもツバメウオいたり

おっきなアカハチハゼとかもおりました。

うん。

サメ出てきてくれてよかった。
  
と、こんな感じで2本目終了。
 

そして、3本目はキノコ岩の前で中島さんによる記念撮影がおこなわれました。

びっくりおにいに

チーマーコンバット

寒くて日本に帰りたいみーひと

ガイドは、頭をぶつけておるのをとられてました

そんな感じで遊んでると、

またもやなんもおらん~~~~的な雰囲気が出てきた

そんな時カメさん出現!

すごっく人懐っこい子でみんなで囲んであそんでもらいました

今度はカメに助けられた僕だったけど・・・・

やばい!

どこにもニモおらん!!
 

どこにおるんよ!

死んだって嘘言おう。

僕の得意なやつ。

死んだ作戦。

へへへ。
  
  

そんな感じで3本目終了~。

ニモはこのままみんなには忘れてもらおう。

自然やけん仕方ないよ。

ガイドは悪くない。

そう。

ガイドは悪くない。

3本目ごまかしごまかし潜って
 
上がってきたらもう夕暮れ。

空がかなりいい感じだったな。

オーストラリアって日本と比べて空が近い感じがしますね。

オゾン層が破壊しとるけんかな。

関係ないかな。

気のせいかな。
  
  

夕ご飯食べたらビール我慢し4本目はナイトダイビング!!

みんなライトを日本から持参してきてるので異様に明るいサンライズチーム

お陰でいろいろ見られたよ

これはセミエビの仲間かな。

ウチワエビかと思ったけど、ちょっと違うみたい。

この前田さんが見つけたやつは英名epaulette shark。

日本名マモンツキテンジクザメ と言って

海底を歩く魚として知られているそうです。

この魚はこの辺りでしか見ることができません。

寝袋を張っているハゲブダイも見ることができましたよ

寝袋を作るはっきりとした理由はわかっていないそうですが

外敵から身を守る説が有力だそうです。

次点で寝やすいようにクッションになってる説。

ちなみに天敵はウツボだそう。

ウツボは匂いで獲物を探すので、自分の匂いが外に漏れないように膜を張るのだとか。

これにはガイドも下手くそな字で喜びを表しております

あとはグレーリーフシャークも船の近くをぐるぐるしてたね。
 
 

上がってきたら即乾杯!!

仙田さんいい顔するなあ~。

ナイトの最中ももうすぐビールが飲めるって言って回ってたもんね笑
 
 

この日のダイビング終了~~

みんな楽しんでくれたかな~~。

朝5時くらいから起きて4本潜って、明日も6時起きだけど

そんなの関係ねえで明け方3時くらいまで飲み明かすサンライズチーム。

久々にみんなで飲んでまじめな話もしたけどあんまり覚えてないね笑

でも楽しかったな~~

海外に来ても何も変わらないサンライズのみんなが大好きだなと思いましたとさ。

明日も見てくでよな~~~。

明日も張り切って書こう!

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧