玄界灘ボートダイブ

①沖ノ島
見て分かるとおり国境の島、対馬の横。
絶海の孤島、沖ノ島は海の正倉院とも呼ばれ、女人禁制の島です。
なので、上陸は男のみ。
船で2時間走るとそこは魚達のパラダイス!
熱帯魚のキンギョハナダイが群れまくり、イサキやタカベ、カンパチ、カツオなど一面魚に取り囲まれます。
また、海底遺跡のような階段やトンネルなんかもあり、地形派ダイバーにも最高です!!
平均透明度も30Mあり 玄界灘にこんなところがあるのかと目を疑う最高のポイントです

②小呂島
こちらは壱岐の横にぽつんと浮かぶ小さな島
船で1時間ほど走っていけば、沖ノ島に負けない魚群の島。
底にはスズメダイ、ネンブツダイ、中層にはタカベ、カツオ、イサキ、表層にはイワシなど
四方八方魚に囲まれ、最高のダイビングができます。
また、めずらしいリュウグウウミウシも見られウミウシダイバーにももってこいです。
こちらは港で休憩したり、着替えたり、セッティングするので船酔いが心配な方には安心。
透明度も抜群に抜けているので、おすすめです。

③栗ノ上礁
船で40分ほど走ると小呂島に行く途中にある大きな灯台。
底は40Mあり、ダイナミックな地形が魅力です。
ソフトコーラルがびっしりついており、クエ、キジハタ、コロダイ、サクラダイ、
イサキなど魚も群れ群れで楽しいポイントです。
もちろん回遊魚も見れます。

天候悪化で潜れない場合は辰ノ口に変更してダイビングするので中止は殆どありません。

私、マエダが対応します! お気軽にお問い合わせ下さい!!