鹿児島 奄美大島

 

鹿児島から南西に380kmに位置するここ奄美大島は住宅地以外はほとんど森で覆われた山で成り立っています。
昔に海水面が上昇したことで取り残された生物が、今や奄美群島固有種となっており、「東洋のガラパゴス」といわれる由縁となっています。
西表島に次ぐマングローブ原生林も広がっています。
そんな自然一杯の奄美大島は、沖縄とは全く違ったリゾート感を持つ、手付かずの自然が残るゆっくりとした島です。
そんな奄美大島の海は湾や海峡で囲まれたポイントも多く、風が吹いても比較的波が穏やかなポイントで潜ることが出来ます。
 
水深の浅いポイントでは光がたくさん入ってきますので、明るいダイビングでストレスはありません。
ゆっくり潜れるビーチポイントも豊富にあり、まだ始めたばかりでエアーの減りが心配な方なども大丈夫です。
しかし、ベテランダイバーも心配いりません。奄美には潮の流れガンガンポイントや大物狙いポイント、水深20mくらいに魚が群れる根も点在し、奄美大島は広い分、バリエーションがとても豊かなんです。

そう!奄美大島のダイビングの魅力はなんといっても、そのバリエーションの多さ。東シナ海外洋は深場から切り立つダイナミックな地形あり、大物狙いあり、透明度平均25mオーバーの砂地あり、群れあり、小物ありと何でも揃っています。
ビーチポイントも水深15m以浅でハナヒゲウツボ、ヤシャハゼ、ヒレナガネジリンボウ、ジョーフィッシュ・ニシキテグリなどの人気種が観察出来、太平洋側の手広海岸では、ウミガメが住み着いている穴があります。

また、最終日はマングローブや滝など壮大な自然の中をゆっくりと観光が楽しめるのもサンライズツアーならではです♪
 

サンライズでは、北部ツアー・南部ツアーどちらも開催しています。詳細はスタッフにお問い合わせ下さい。

 
 
 

水温の目安

季節(月)
 
1月
19~21
2月
19~21
3月
20~22
4月
23~24
5月
24~26
6月
25~27
季節(月)
 
7月
27~29
8月
27~29
9月
26~27
10月
25~26
11月
24~25
12月
22~24

観察できる生物 代表的な魚やウミウシをご紹介!

サンライズ ウミガメ

ウミガメ

サンライズ セミホウボウ

セミホウボウ

サンライズ スジクロユリハゼ

スジクロユリハゼ

サンライズ イソモンガラ

イソモンガラ

サンライズ オオセ

オオセ

サンライズ カミソリウオ

カミソリウオ

アフターダイビングの楽しみ おもしろスポットでアフターダイブもバッチリ !

サンライズ マングローブ

マングローブ
日本では、奄美大島が自然分布でのマングローブの北限となり、メヒルギと日本北限となるオヒルギが生育しています。マングローブやその周辺には、様々な生き物が生息しており「命のゆりかご」と呼ばれています。

サンライズ 夢をかなえるカメ

夢をかなえるカメ
奄美大島の最北端の笠利崎には、夢をかなえるカメさんがいます。後左足に触れると長生きができる、後右足に触れるとお金が貯まる、など触れる箇所によってかなう願いが違うようです。おもしろいですね~!

サンライズ 鶏飯

鶏飯(けいはん)
奄美に古くから伝わる郷土料理です。炊き込みご飯ではなく、お茶漬けに近いです。是非一度、味わってみてください!おいしいですよ!

私、マエダが対応します! お気軽にお問い合わせ下さい!!