鹿児島 屋久島

日本で最初の世界自然遺産登録地として、多くの観光客や自然愛好家が集まる屋久島。
九州最高峰1935mの宮之浦岳を抱えるこの島は、
亜熱帯から亜寒帯まで連続した自然が1つの島に存在します。

 
海の中は、南部はサンゴもあるが岩礁が中心なのに対し、
北部は大きなサンゴ群生があり、見られる魚や生物も多少違っています。
生物層は温帯と亜熱帯が入り交じっていて、過去の調査では魚種数が日本一になったこともあり
手つかず感がたっぷりで、レアなマクロ系から大型回遊魚まで、あっさりと出会えてしまうことも・・・!

ウミガメ遭遇率ほぼ100%の屋久島の青い海を楽しもう


↑ こんなに近くで観察できました・・・♪
 
温帯から亜熱帯までの性格を併せ持つ不思議な屋久島の海は、黒潮の影響を強く受けていて
回遊魚も豊富で、岩礁・砂地と環境のバリエーションにも富んでいるので、
地形派からフィッシウォッチング派までオールマイティに楽しめる海なんです!
 
ハナヒゲウツボジョーフィッシュホタテツノハゼピグミーシーホースなど、
人気のマクロ系も多いので、まさにフィッシュ・ウォッチング天国♪
 
↑ ハナヒゲウツボ                     ↑ ジョーフィッシュ
 
 
↑ ホタテツノハゼ                     ↑ ピグミーシーホース
   
アフターダイビングは、山のトレッキングも楽しみましょう!!

 

水温の目安

季節(月)
 
1月
19~20
2月
18~19
3月
19~20
4月
21~23
5月
23~25
6月
25~26
季節(月)
 
7月
26~27
8月
27~29
9月
27~29
10月
26~27
11月
23~25
12月
20~22

観察できる生物 代表的な魚やウミウシをご紹介!

サンライズ ウミガメ

ウミガメ

サンライズ ユカタハタ

ユカタハタ

サンライズ スミレナガハナダイ

スミレナガハナダイ

サンライズ ニシキフウライウオ

ニシキフウライウオ

サンライズ ハタタテハゼ

ハタタテハゼ

サンライズ シンデレラウミウシ

シンデレラウミウシ

アフターダイビングの楽しみ おもしろスポットでアフターダイブもバッチリ !

サンライズ 白谷雲水峡

白谷雲水峡
白谷雲水峡は宮之浦川の支流、白谷川の上流にある自然休養林で、照葉樹林からヤクスギ林への移行帯に位置し、屋久島の照葉樹林帯を代表するイスノキ、ウラジロガシ、タブノキなどの大木が見られるとともに、ヤクスギ林帯を代表するスギ、ツガ、モミなどの大木も見られます。

サンライズ ヤクスギランド

屋久杉ランド
ヤクスギランドは安房川の支流、荒川の上流にある自然休養林で、林内はいくつものコースに分れ、ヤクスギ林帯を代表するスギ、ツガ、モミなどの大木が見られます。世界自然遺産地域には入っていませんが、屋久島森林生態系保護地域の保全利用地区、国立公園第三種特別地域などに指定されています。

サンライズ ヤクシカ

ヤクシカ
ヤクシカは本土のニホンジカよりもひと回り小さく、体重にしてせいぜい30kgまでしか成長しません。島の住民を分かりやすく表す例えに、「ヒト2万、鹿2万、猿2万」という言葉があります。互いに相手の事を「いつもそこにいる存在」と認め合って暮らしています。

私、マエダが対応します! お気軽にお問い合わせ下さい!!