ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • サンライズについて
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

素潜り基礎コース最終日。
2018年4月12日

今日は、快晴でかなりのダイビング日和に
なったようです。

プールも低温サウナ(35℃)
のようになっており、夏の様相を
呈しておりました。

講習生は、福岡大好き地元っ子さつきちゃん。

以前、ヘッドファーストでの耳抜きが
苦手だったので、フィートファーストから
練習。

万全の準備で望んだものの
やはり抜けない。

頭から潜ると、どんな人も多少は
抜けにくくなるものの、
原因をあげるとしたら、
首肩の無意識な緊張では
ないかと思います。

いつもどんな時もリラックス。
あとは「慣れ」でカバーしましょう。

水中スタティックで
バブルリング作り

背面泳ぎ

横隔膜トレーニング

最終日は、競技形式で記録を出してみました。

ダイナミック


28m

スタティック

2分26秒

コンスタントは、耳が抜けなかったので
やり方を変えて、色々やってみましたが、

あっという間の、3時間。

上手になったかどうかはさておき、
僕の知りうる限りの知識をお伝えしました。

あとは、それをどう生かすかです。

4日間コースになってから、
「完全マンツーマンレッスン」ですので、
苦手なとこや、やりたいことを
存分に組み込んでいます。

個々の能力とやりたいことは
誰しも同じではありません。

「最大限」を引き出すのも
サンライズの素潜りコースの
魅力のひとつだと思います。

ご参加ありがとうございました。
そして、ご参加お待ちしております。

RIO

春の素潜りコース
2018年3月30日

サンライズの素潜りコースは、4年をかけ
洗練されてきました。

単なる素潜りの技術や呼吸法だけでなく、
瞑想、心理学、気功、催眠などを
取り込むことで、より誰でも簡単に
短時間で長く息を止めることができて
なおかつ恐怖心やトラウマも取り除けるように
なっています。

素潜りはメンタルの部分が大きい
スポーツですので、効果は絶大。

受けたことない方は一度受けてみてください。

驚くほど、自分の素晴らしい能力に
気付けると思います。

さて、この日は笑顔が素敵な
さつきちゃんとマンツーマンレッスン

4日間コースからは基本マンツーマンで
個人のニーズと技量に合わせて行っております

2日目は、素潜りの基本
泳ぎ方を練習します。

フィンが変わると、泳ぎ方も変わります。

フィンがなくても変わります。

横隔膜トレーニング

何度もやるうちに、段々と
筋肉の膜が柔らかくなってきます。

横隔膜トレーニングをすると、
肺活量も大きくなってきます。
うつ病予防にも最適。

すぐにブラッドシフトするように
何度もダイナミックをやっていきます。

おもりがずれて泳ぎにくそうです。

おもりがすぐにずれてしまうのは、
ウエットの生地がジャージだからです。
ゴムのウエイトベルトでしっかり縛っても
どうしてもすべってしまいます。

そんな時は、いっそのこと
腰ではなく、お腹に巻いてしまいます。

そして、素潜りの一番の難関は
「耳抜き」
ジャックナイフだと、どうしても
抜けづらくなってしまいます。

足から入れば、全然抜ける
さつきちゃんでしたが、
やはり頭からが苦手。

足から入って、横に泳げば
いけるのですが、やはり
頭から行かないと見栄えがよく
ありませんし、いつも潜行ロープが
あるとは限りません。

あとは、耳抜き攻略法を実践しつつ
首の角度や、頭の位置を調整し、
練習あるのみです。

次回は、2回目の学科講習です。

息を長く止めるトレーニングを
マスターします。

お楽しみに。

RIO

3/25 素潜り基礎コース2日目
2018年3月25日

連日の海と飲み会続きで、
寝不足と疲れがたまっていましたが、
清楚系美人人妻あやさんの
笑顔を見たらそんな疲れも
吹き飛んでしまいました。

美人パワーおそるべし。

サンライズからもどんどん美人を
増やしていきます。

今日は「素潜り競技の技術を
教えていく」がテーマの2日目。

まずは、フリーイマージョンから。

ロープを手繰っていくこの
潜り方は、比較的簡単に
深いところに潜れます。

ボートの係留ロープなどが
最適です。

習った通りに、綺麗にすーっと
腕を上げて浮上。

素直な人は、上達も早い。

今日は耳抜きのコツも
掴んでいました。

難易度が高い
コンスタントウエイト
フィン無しですが、

このワイルドな種目が得意な
あやさん。

気持ちよくすいすいと5mまで
潜っていきます。

もしかしたら、清楚は見た目だけで
ワンパクなのかもしれません。

器材をつけなければ
つけないほど、元気になると
おっしゃっていましたが、

そんな方はフリーダイビングに
向いています。

v( ̄Д ̄)v イエイ

フリーダイビングは
「リラックス」「瞑想」
「一体化」といった
海を舞台に自分と向き合う
面白さ。

スキューバダイビングは、
「生物観察」「水中写真」
「ワイワイ」といった
海を舞台に仲間と時間を共有して
他者を媒体に自己と向き合う
面白さがあり、似ているように見え
全く違います。

僕は両方するのがベストだと
諸所申しておりますが、
そこは、個人の自由になりますので
とりあえず、素潜りコースの中で
スキューバダイビング体験を
プログラムに入れていますので、
食わず嫌いをせず、一度食べて
みましょう。

そして、横隔膜トレーニングも行います。

やりすぎると、危ないのですが、
これをやらないと、深いところに行けません。
また、経験上、ブラッドシフトが早く起きるようになるには、
この練習が必要です。
段々、柔らかくなると肺活量も上がって
酸素もたくさん取り入れられるように
なり、スポーツにも役に立ちます。
また、呼吸が深くなるとうつ病にも
パニック障害にもなりにくく
なりますので、肺はとっても大事です。

ダイナミック練習

水を得た魚のように
グングン泳ぐあやさん

美しい

美しく泳ぐと、記録も
おのずと伸びてきます。

1回目からなんと50m泳げました。

でも、やっぱりフィン無しが好きな
あやさん

生き生きしてます。

やっぱり、

清楚系ではなく、

わんぱく系美女でしたね。

次回は学科です

がんばってね。

RIO

素潜り基礎コース盛況になってきました。
2018年3月18日

最近は、素潜り基礎コースが、
盛況なサンライズ。

でも、
実際は、「スキューバダイビング」がメインですよ。

むしろ、サンライズのみんなと潜るダイビング
の方が、面白いんですよと
言いたいところですが、
サンライズを知らない人は、
その辺が理解できません。

それは当たり前です。

なぜなら
・・・・・・・・・・・・・・・

その先は皆さんで考えてみてください。

サンライズの素潜り基礎コースの面白いところは、
「素潜りの面白さ」と「スキューバの
面白さ」を知ってもらった上で、
自分が何が好きで、何が嫌いなのかを
自分なりに精査できるところです。

「つまり自分を知る」

それが素潜り基礎コースの
裏テーマでもあり、むしろメインテーマ
であることは、わかる人にはわかるはずです。

さて、そんなサンライズ素潜りコースにやってきた
さつきちゃん

話した感じでサンライズに向いているのでは
ないのか!

おっ??

おっ!!!

ヨーサロー

ヨーサロ~~~

YOSARO

YOSARO~~~~

出会いは「宿命」
その先は「運命」と言われるように
あとは、僕らの「行動」にかかっているんです。

そこは全力で努力する部分です。

話は一気に戻りますが、
素潜りの基本は
瞑想です。

瞑想と聞くと・・・

宗教チックで怖い

なんか怪しい

気持ち悪い

なんか洗脳されそう

壺を売られるんじゃないの?

これが普通の日本人の一般的な見解
なのではないかと思います。

でも、でも、でも、
瞑想が上手くなると

いつの間にか
息が長くもつじゃん
何にも考えないって最高じゃん

水深5mでも平気じゃん

耳抜き意外に上手いじゃん

水がちょっと怖かったけど
水平気じゃん

時間あっという間じゃん

時間も空間もないことに気が付いてもらうのが
素潜りの面白さでもあります

おもしろいですよね。

次回も新しい世界を垣間見てもらいたい
と思っています

RIO

3/10 素潜り基礎コース初日
2018年3月13日

今日は、海ベタ凪で最高でした。

水温も順調にあがっています。

初夏に向かうこの季節は、テンションが
あがりますよね。
気候というのは、思ったより
人の心に作用するのです。

ところで、春のプールは暑く、
夏感満載です。
そんな暑いプールでわたくし
美女人妻とマンツーマン素潜りコースでした。

特権ですよね。

素潜り世界標準になりつつある
スフェラマスク似合ってます

YES!

1回目のテーマは
「スタティック」

5mでもスタティック

瞑想に入れば入るほど、
スタティックの世界に入って
いけるようになります。

結局、フィジカルではなく、メンタルな部分が
面白んですよね。

2日目、3日目、4日目と
更なる素潜りの世界を
堪能してくれたらいい
と思います。

RIO

Page 1 of 121234510...Last »

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧