ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

10/18 ダイブマスターの為になる楽しい学科~テスト
2017年10月18日

今日はフーミンの電話で起きました。

12時から、フーミンがくる予定でしたが
フーミンの電話で起きたということは
完全に遅刻なのです。

店長は、午前中美容院で遅めの出社であることを
すっかり忘れていました。

そんな遅刻に、フーミンは目くじらを立てることは
なく、優しく待っていてくれたのでした。

いい、ダイブマスター候補生をもって幸せです。

ありがとうございます。

そして、テスト

賢いフーミンは受かるのでしょうか

時間はすでに20時30分

8時間は経過しています

勉強しましたね~

最後のテストは結構しんどいですよね~

プロはある程度のストレスにより
成長していくのです

ダイブマスター候補生は
現在、おにい、ふーみん、たっちゃん、あずーの
4名となっておりますが、あずーは12月で
1年が経過しますので、「リミット」が近づいています
あと、2か月と14日ですので、急いでみましょう

そして、DMねもやんが11月1日より大阪に転勤と
なってしまいました。

サンライズイチジェントルなねもやんが
あと、14日でいなくなってしまうと思うと
寂しい限りです。
(おそらく、本人の方がもっと寂しいのではないかと
思うのですが)

来年の春には、DMのみぞうも関東に嫁いで
しまいます。

川の流れのごとく、ひとところにとどまれないのは
全てに共通する宇宙の法則とはいえ、寂しいものですよね。

ねもやんの送別会は28日(土)に開催予定ですので
ねもやんに最後のお別れを言いたい方は
是非お越しください。
(28日のダイビングは満員です)

場所は、サンライズ御用達で
ねもやん思い出のあのお店です。
お楽しみに。

そういえば、おにいはよく送別会を
やってほしいと言いますが、
おにいの引っ越しはないと思うので
「大病」をして潜れなくなった時か、
「この世からいなくなってしまった時」
くらいでしょうね。
でも、この世からいなくなった時は、
「告別式」になってしまうので
少し趣旨が変わってしまっていますね

そして、22日の釣り大会は
台風の影響で開催が怪しくなってきました。

今のところ、80%中止予定です。

どうなることか。

祈るだけです。

RIO

10/15 雨の日曜日~ドライ考察~
2017年10月15日

こころなしか、天神は人が少なく
秋雨を避けるようにひっそりとしています

今日、みんなは辰ノ口に行っていますが
僕はお留守番

お店にいると、運送会社からお届け物が
届きます

開けてみると、ドライスーツ

僕、店長、めぐちゃんのドライ
が届きました

真新しいドライは、やる気エネルギーが
宿っているように感じます

今回の
僕のテーマはブルー&ホワイト

僕が、黒いスーツで潜るのが嫌いなのは、
潜った後の「気分」が全然違うからなのです

片づけやメンテナンスも含めてです

ですが、僕のようにガンガン潜るインストラクターは
丈夫な素材でないと、すぐに破れてしまうので、
その場合は「黒一択」になってしまいます

まあ、ラジアルもメッシュスキンも「黒」しかないので
仕方がありません

ウエットスーツは、夏の日差しを浴び、高温多湿で使用する
ため、表面の生地やマークがはがれてきたり、両面とも水に触れるため、
圧力や塩素、塩水の影響を受けやすく、生地が傷んでくるのが早く、
破れたり、薄くなって寒さを感じやすくなってきます

ですので、低~中グレードのウエットスーツは逆に
コストパフォーマンスも悪いし、寒さが嫌いな僕は
できるだけ「丈夫な素材」そして「暖かい素材」で
作るようにしています(黒だけど思いっきり我慢)

しかし、「ドライはそこまで痛まない」ので
水温と状況で使い分けています

水温20℃から23℃くらいで、
海も荒れてない、もしくは
ツアーなどにもっていくなどの
いわゆる春・秋用には
⇒普通の素材で起毛無し
(落ち運びもラクチンのミニオンドライ)

水温11℃から20℃の
冬の時期で海が荒れてない時の
講習やガイドには
⇒普通の素材で裏起毛
(今回買ったブルー&ホワイト)

冬の時期で
海が荒れてるときや
体験ダイビングなどでお客さんを守ったり
講習がハードなレスキューやガイドの場合は
⇒ラジアル&裏起毛
(動きにくいけど、ものすごい頑丈。でもブラックカラー)

昨日、おっくんがドライを買いにきた時、
すぐ破れたり、壊れたりするのがとにかく
ストレスだと言っておりましたが、
ドライは少しでも穴が開くと水が浸入してきます

ウエットであれば、ピンホールなど全く気になりませんが
ドライのピンホールはストレスです

汗をかいて少し濡れるのはそこまで気にならないのですが、
「塩水」は不快なのです

新規のお客様にドライを売るときは、月に1回程度
潜るであろうという想定で販売します
しかも、そこまで「ハード」に潜らないという
前提です

しかし、月に2回ないし、3回潜ったり、
ハードな環境で潜ったりする方には
サンライズが通常販売している
「エントリークラス」のドライスーツでは
2年から3年も経つと修理の限界があります

なぜなら、生地にしても、縫製にしても
バルブにしても、「安いなり」のものを使用して
いるからです

要するに、H&Mのジーンズの膝が破れてきたのを
一生懸命直して使用するようなものです。
そのうち、お尻も破れますし、チャックも壊れますし
ボタンもとれます。
でも、値段は4000円くらいはしていますので、
もう少し使いたいと修理を重ねるのです
(そのうち修理してもすぐ壊れるようになります)
しかし、8000円も出せば、いい生地の
ジーンズはどこにでも売っているのです

釣り道具でも、最初は竿とリールが一緒になったパックの
安いやつを買って、徐々にはまってきたら、ショーケースに
ある、高級な竿やリールを購入するのと同じように、新規の方には、
基本的にエントリードライをおすすめしています。

しかし、最初からガンガン潜る方には
エントリークラスは絶対におすすめしていません
修理中に、レンタルドライで潜るのも
ストレスだし、修理代もかかるし、
コストパフォーマンスは、お金だけでなく
「精神的にも悪い」からです

また、エントリークラスのドライは使用していくと
生地がすぐに「薄く」なるので、寒さを感じやすくなります
しかし、上手くなればなるほど、寒さを感じやすく
なりますので、反比例して「不快」が増えていきます

ですので、色んな意味でドライに「不満」が出てきた時は
「買い替え時」なのかもしれませんね

ちなみに、僕は「一滴も濡れずに潜る」が
ドライスーツのテーマでもあります

なぜなら、ドライスーツはウエットスーツと
違い、脱いだら体は全く濡れていないので
水と陸の切り替えが「完璧」だからです

さらっとした状態で休憩するのは、
なんともいえない爽快感に包まれます

その微細な「爽快感」にこだわるのか
こだわらないのかそこがダイビングを
「一日通して」楽しむ場合にとても重要なのです

RIO

10/13 辰ノ口から帰ってきました 
2017年10月13日

お疲れ様です

というか、もう寝てますかね

今日は少し、キャパオーバーに動いて
しゃべって、頭を使ったせいか、「体」だけが
疲れています

そのせいで、ブログの更新遅れてしまいました

すいません

最近、エネルギーの出力調整ができてないのか、
体をコントロールするのが難しいように
感じます

ですので、明日は舞台でも見に行って
制御不能な状態を「中庸」
に戻したいと思っています

「早く戻してほしいだって?」

「トランキーロ!」

「焦んなよ」

先ほど「メール」をチェックしたら、
今日一緒だったフーミンから
展示会写真の投稿がありました

「なるほど」

これが素直な感想です

なにが、なるほどなのかは
シナプスにてお伝えしたいと思いますが
もちろん、明日以降ですよ
正確には今日ですけど

最後に、今日の海の内容は明日、このブログにて
記事にしてみなさまにお届けする予定ですので
楽しみにしておいてください

それでは、
「公開」ボタンを押したら、
するっとお布団に入って寝てみようと思います

寝ていいですかね

いいですよね

おやすみなさい

RIO

無欲の大欲
2017年9月28日

今日は海が中止になって、暇を持て余していたら、
潜る予定だったつぼやんが遊びにきてくれました

以前、伊王島のダイビングで落とした超高級ライト
RGブルーを取りにきたのです

そのライトには名前も何も書いてなかったのですが、
他ショップの方が拾ってくれて、それを長崎のショップに
伝えてくれたことで、手元に戻ってきたという
奇跡的なカムバックを果たしました

つぼやんは、その高級ライトを無くした時は
「使いにくかったから、別にいいです」と
探してほしいそぶりも見せず、すぐに新しい
ライトを探していました

そして、新しいライトを買ってすぐに見つかった
と報告があったわけです

また、白瀬で無くしたスレートを
1か月ぶりに見つけてもらったり、
(買ったばかりのスレートをめぐちゃんにあげてました)
あまり執着しない、つまり無欲=小我が
すくない人が結果的に様々な恩恵にあずかるわけです

昔、政木和三という、有名な工学博士がいました
その人は炊飯器や瞬間湯沸かし器、カラーテレビや
エレキギターなどを様々な発明で数千の特許を持ちながら、
世間に必要とされるものは全て権利を放棄しました

無料となった「技術」を多くの会社は、
製品化し、日本は高度経済成長期を経て
「モノ大国」になっていったわけですが
その博士が面白いのは、「願いは全てかなう」
秘訣をお話ししていたことです

そのノウハウが
「無欲の大欲」なのです

それは、
まず、大きく欲を持ち、どうなりたいのか
なにをしたいのか考え、ゴールを決めたら、
その後、欲をもった自分がいなくなるように
努めます

今考えた欲というのは、我欲つまり「小我」という
ことになります

我欲や小我は小さいので、エネルギーが集まりません

なので、小我を大我に変えていくこと、つまり
「自分の成功が周りの人の喜びになるのか」
どうかということが大事なポイントです

そして、段々その大欲を願っている自分も
邪魔な存在になっていくのです

つまり、
僕が開発するこの商品はすでに
世界中の人が必要とし、その価値を認めてくれていると
思います(願いは結婚でもなんでもいいですよ)
売れて喜ばれて、すでに商品が実現できたと想定し
そうなったと繰り返し思うことで、本当にそうなったと
感じるのです

そうすると、心の底から「あ~うまくいってよかったな」と
いう感情が生まれてきます

そういうことを創ってくれるありがたい世界だったことに
感謝の気持ちが湧いてくる自分に気がつきます

自分が願ったことに感謝できるようになると
気づいたとき、自分はいなくなります

ゴールは、商売繁盛ではなく、感謝なのです

すると、世界はそのことを助けようと
神仏が動き出します

お礼と感動が自分の中にいっぱいあふれてきて
この商品を作ってきてよかったと実感すると
神々が助けてはいけない理由がなくなるのです

(最終的に、この博士は科学者から超能力者に
なってしまうのですが)

先に、感謝をして、願いをかなえる無欲の大欲は
まさに、究極の方法ですが、海外でも同じような
ことを発見した人がいます

ロンダバーン著の「マジック」や「シークレット」でも
同じようなことが書かれています

成功の法則は世界中で同じなんでしょうね

そんな無欲なつぼやんは
あえて銅宝箱をひきます

そして、
プライスレスの「ふくろう」を
引き当てました

みんなは、
「ふくろう」いらないって
言いそうですが、

かわいいペットをゲットできて
嬉しそうでした

ふくろうを見えやすくするために
タオルを底じきにしていた
かわいいつぼやんなのでした

RIO

9/20 ふーみんDM講習スタート
2017年9月20日

今日は朝から撮影でした

半日、斎場にいたので、なんとも
暗い気持ちになってしまいました

そして、夕方からふーみんのDM学科講習

睡眠ばっちりのニコニコ笑顔

がっつり
明るいエネルギーを頂きました

サンライズのダイブマスターコースは
「自身の可能性と夢を最大限引き出す」が
メインテーマです

決して、こき使えるスタッフ育成所ではありませんw

好きなことを好きにやれる場であるので、
めいいっぱいやってほしいと思います

ふーみんは、スタッフになるにあたって、
この大好きなサンライズブログを書きたいと
申しておりましたので、みなさま期待しましょう

ふーみん流「癒し」ブログが待ち遠しいですよね
(激辛かもしれませんが・・・)

そして、ふーみんは海が似合う、さわやかで
明るい、元気でかわいいダイブマスターになる
イメージが湧いてきます

人当たりがよく、気配りができるふーみんは
向いていると思います

がんばってください

全ての事象が、同じところにとどまれないように
スタッフもどんどん新陳代謝していきます

2017年も残り3か月ちょっと

2018年にはどんなお店になっているのかも
楽しみですね

途中経過はわかりませんが
よい方向に向かっているのは
間違いありません

さて、明日は海です

新ライトを使う日がきました

楽しみ楽しみ

RIO

Page 1 of 3512345102030...Last »

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧