ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • サンライズについて
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

8/16 まゆこんぐ50ダイブ記念の碑(日)
2018年8月16日

まゆこんぐがついに50本に
なりました。

(マスクが曇ってむかつくので
一回外して、海藻で洗ってみました)

サンライズの中でいえばゆっくりペースですが、
去年の夏ころからダイビングをスタート
させましたので、一般的には普通。

これまで、姉妹喧嘩しながら、
潜ってきました。

姉妹で交互にマスクに水をが入ってしまい
なかなか撮れなかった白目写真

顔の形が似てるんだね

50ダイブ目は
思い出に残る1本でした。

やきりんごも

小夏丸も

初めて会った、ついついも

ふじこも

みんな精一杯お祝いしてくれました

ありがとうございます。

でも、僕が代弁して言います。
「マキバオーにも似てるけど
ほんとはもっとかわいいとか、
痩せてるねって言われたいんだよ」

大丈夫
安心してくだされ

そんなことは死にかけのアイゴでも
わかっていますよ

心の底では、私も思っていますよ

アホもとい、ヌナメリもわかっていますよ

これからもまゆこんぐらしく
何でもズバズバ、裏表のない
明るく元気な活力を与える存在で
いてくださいね

オウエンシテマス

ワタシモー

デスヨ

志賀島の生き物達からでした。

そして、その他の出来事を
ダイジェストにてお届け。

20年以上前にOWを取得した
ついついのリフレッシュコースは
店長が担当で

意外にも覚えていたようで、

輪くぐりも、

逆立ちも、

上手にできたようで
これからのダイビングライフが
楽しみですね。

おなつまるは、ナビSP

15日ぶりのダイビングで
生き物たちと触れ合いたかったのに、
講習で願い叶いませんでしたので、
帰り際は元気がありませんでした。。

残念

逆に、AOW講習終わりで
がっつり海を楽しんだ
やきりんご

五島から帰ってきた
せなこんぐは、お気に入りの
フィンで泳ぎまくりでした。

そのせいで、まゆこんぐのカメラを
放置してふじこに拾ってもらうと
いう失態を言及されていましたが
いつものことですよ。

サンライズしかいない
曇り空の白瀬でいい思い出に
なりました。

シマウシノシタはP1の先の
砂地に2匹いましたので
見てみてくださいね。

さて、明日の予定ですが
急に北東の風が吹き出し
海は中止。
せなこんぐパワーですかね。

明日は、何もない一日になっていますので、
少し店内改装して、あとは
執筆活動ですかね。

やり出したら止まらない
ので、そこそこにやりたいと思います。

RIO

8/13 第2回無制限ダイブIN白瀬
2018年8月13日

朝日を浴びて、第2回無制限ダイブの
始まり始まり。

朝5時30分から、参加者を家の近くでピックアップして
エントリーは7時45分。

この時間からなら、日没までに
7ダイブいけます。

この無制限ダイブは
参加条件があります。
まず、MSDを持っており、
自分で安全に戻れる。
弱音と文句を吐かない。
人に楽しませてもらおうと思わない。

そして、ルールは1ダイブ60分から
70分潜る。休憩は30分以内となって
おり、何本潜っても料金は変わりません。

つまり、覚悟と気合いを入れての
「水中耐久戦」の側面も持ち合わせて
います。

ちなみに今回無制限に参加したのは
DMと候補生だけとなっておりました。
(ピッコロは普通に2ダイブ)

毎回、バディーを変え、違うテーマを持ち
自分と向き合う無制限ダイブは
よくあるダイビングスタイルとは
別物で、終わった後の
充実感と達成感と楽しさは格別です。
また、新たなテーマを見つけるには
うってつけです。
興味のある方は是非ご参加ください。
次回は未定ですが、なにせ思い立った
ように決める癖がありますので、
心の準備だけはしておく方がよさそうです。

今回は参加者の写真が相当数集まって
いますので、いい写真は入賞させると
して、このブログでは人をメインに
アップすることしました。

ですので、後日D-PASS秘密のページを
チェックしておいてください。

さて、1ダイブ目ですが、
我らが、忠犬トミーの
200ダイブ記念でした。

今回はピッコロがメインに
描いたフラッグとたつぼうが
作った、「マンなんちゃら」とやらの
切り抜きフェルトが印象的でした。

一本目から縁起がいいので、
幸先良いスタートとなりました。

おめでとうトミー犬。
300本迎えるころには
立派な成犬になっているはず。

気長に楽しみに待っていますよ。

ニット帽のような
フードを被り、最新の器材を
身に纏う僕は、どこからどう見ても
昔ながらのダイバー感はありません。

新しもの好き&へんてこなテクノロジー好き
&色彩好き
な感じも、にじみ出てますね。

今年はこんなに気温が高いのに
水温が25℃と低く、おそらく黒潮が
入ってないのではないかと
思われますが、そのおかげで
クラゲも少なく、透明度も
安定しています。

浅瀬や深場にオトシゴが
現在数匹確認されています。

P4とP5の間にいる
オトシゴが探しやすいですかね。

その辺には「オオカズナギ」
も潜んでいます。

水温が低い恩恵でしょうか

そして、こいつも潜んでいます。
P8にも。

はげたゴマビロや、

ちょっと珍しいハクセンミノウミウシもおり、

面白い海にも関わらず
たった2本で具合が悪くなった方もいました。

頭痛がひどくて、おろりまくりの
コンバット。

気合いと身体が一致してないのは
腸内環境のバランスが悪いように
思いますので、グルテンとカゼインを
カットするといいでしょう。

大抵の方は、肌もホルモンバランスも
改善されていきますので。

元気な姿で次回の無制限ダイブ
参加お待ちしております。
(この後、気合いで4本潜った
コンバットでありました)

そして、2ダイブ組のピッコロは
合間にフリーダイビング。

満潮で水深が取れ、
クラゲがおらず、
透明度がいいという
フリーダイビングには
最高のコンディションは
年間通してめったにあるものでは
ありません。

最近、素潜り基礎コースを
受けたピッコロには2ダイブは
最高の選択でした。

水深5mくらいまで、
上手に潜れていました。

海女さんになれます。
あと、5キロ太れば。

その頃、たつぼうとめぐちゃんが
エントリー口で潜っていたり、

泳ぐの疲れた僕は
トミー犬にえい航されたり、

足でまといダイバーではありません

デモンストレーションスキルの合同練習をしたり、


めぐ&まいの練習量の多さと
地道な努力で、たつぼうとトミー犬は
余裕で抜かれていました。

ガイドも大事だけど、
スキルも大事。

プロは覚えることと
マスターすることがが
多くて忙しいのです。

そして、順調に潜って
ラスト7本目は
バブルリング大会。

一番下手だった人は
罰ゲーム。

僕は得意ではありませんが
できないわけではありません

結局、負けたのは
めぐ。

水中こちょこちょです。

ある意味、危ないですが
疲れてハイになっているので
危なさへの興味は薄らいでおり、
理性が飛びつつありました。

そんな中、みんなは行けないと
言っていた、「歩行でイカ玉瀬」を
敢行

みんなで歩く姿は
水中マリオ。

慣れてくると、
普通に歩けるように
なるので、フィンありと
変わりません

みんなP4まで着いた時には
びっくりしてました。

「歩けるんだ~」

しかし、僕のエアーがなかったので
そこから引き返し、P8を通って
帰ってきました。

このダイビングが思いの他
面白かったらしく、
またやりたいとのことでした。

こんな奇妙なダイビングが面白かったと
思えるのは、
疲れていたからかもしれませんし、
これで終わりという安堵感からかもしれませんし、
固定概念が崩れたからかもしれません。

ダイビングとはこうあるべきだと
いうような固定概念は
楽しむという観念からでいえば
邪魔でしかありません。

ダイビングは、生物を
傷つけず、安全に戻れさえすれば
何をやってもいいのです。

例えば、
ダイビングは、レア種を
上手に写真に納めたら満足する

ダイビングは、地形を効率よく見れたら
満足する

ダイビングは、魚をたくさん見れたら
満足する

などの、何かを達成したら、満足するといった
何かを得ないと面白くないという思い込みは
よくありますが、そんな人に限って、
自己を見失い、他人の価値観で生きて
いるように思います。

魚なんていなくてもいいし
寒くてもいいし
レア種見れなくてもいいし
楽しくない時あってもいいし
ダイビング嫌いになることあっても
いいし
ただ、泳ぎたいだけの時が
あってもいいし
ただ、水に浸かりたいだけでもいいし
練習したいだけでもいいのです。

要するに、なんでもいいので、
自分のやりたいことを
追求することで、人生における
自分のやりたいことが見えてきます。

やりたいことがわからないと嘆いている方は、
自分のやりたいことを、ひたすらにやることから
はじめてみましょうね。

自分の好きなことが見つかること以外に
人生が豊かになる方法はありませんから。

ちなみに、僕はやりたいことが多すぎて
基本的に24時間では足りていません。

それが多動力であり、ひいては多産力
につながると信じていますので、
常に、動きまくっているのですが、
ちょっとやりすぎたせいか、
疲れがたまって、次の日がっつり
口唇ヘルペスが出来て
いました。

体は正直です。

今回、潜れた方も、潜れなかった方も
よく頑張りました。

そして、ご参加ありがとうございました。

RIO

8/12 魔夏の黒瀬&白瀬
2018年8月12日

みなさんこんばんわ。

DMのショウです。

気が付けば8月中旬。

夏はあっという間ですな。

一度きりのこの夏を遊び尽くすべく、今日は黒瀬に行ってまいりました!

ちょい波がありますが、上から見ただけでも透明度よさげ。

ベストシーズン真っただ中に黒瀬に行く機会はほんとに少ないです。

その貴重な機会を逃さずやってきた熟練ダイバーたち。

めちゃくちゃ暑そうです。

暑いと早く海に入りたくなります。

ドボンと入れば、予想通り透明度GOOD!!

透視度8m!!

前回の黒瀬(3か月前)では1mも見えていなかったの大違いです。

地形が面白い黒瀬は透視度がいいと泳いでるだけで幸せになりますね。

店長のGoProアクシデントにより残念ながらワイド写真少なめですが

生物を沢山見てきたようです。

ピッコロも夢中になって、なんと200枚近くも写真を撮っていました。

一人でタツノオトシゴがやらも見たそうです。

ピッコロのバディの大将さんも一人でミナミハコフグを一人で見てたらしいです。

あと、オトヒメエビも。

こういう誰かに教えたい生物を見つけた時に限って、

周りに誰も居ないんですよね(笑)

というか志賀島でオトヒメエビなんて見られるんですね。

そして黒瀬といえばツユダマガイ。

白瀬では見かけないんですが、黒瀬では年中見られるようです。

そんなに離れてないのに見られる生物が変わってくるのが面白い。

黒瀬のポテンシャル恐るべし。

白いおじ様はそんな生物には興味を見せず、今日もコイボを撮っていました。

ブレませんな~~~。

そんな感じで黒瀬組が遊んでいるとき、たっちゃん×2は白瀬でファンダイブ。

さすが白瀬をこよなく愛す男たちです。

こちらのチームはガイドのたっちゃんが写真を撮り忘れたので写真なし。

ゲストのたっちゃんは最高だったと言っていたので、

きっといいガイドをしてくれたのでしょう。

沖に行きたい衝動を抑えながら僕はこちらのお二人と体験ダイビング。

にっしーは最初のスキルチェックで慌ててしまい、くじけそうになっていましたが

綺麗な海を悠然と泳ぐ魚の群れをみていたら

だんだんと落ち着いてきてばっちり楽しんでくれました。

音ちゃんは、学校で習っているだけあってめちゃくちゃ上手。

初めての海には驚きがいっぱいでしたが、

特にウミウシには興味津々でしたね。

ウミウシは飼育が難しいので、水族館ではなかなか見ることが出来ません。

ダイビングならではの出会いです。

上がるころには二人とも随分上手になって自分でスイスイ泳いでついてきててビックリ。

潜れば潜るほど上手になるのがダイビング。

いつでも潜れる地元の海で上達して、色んな海で楽しめるダイバーになってもらいたいものです。

そんな感じで楽しい一日となりました。

明日は、無制限ダイブの日!!

7本無事に潜り切れるのかな。

それではまた明日!!

8/10 そろそろお盆の志賀島
2018年8月10日

北東の風が吹いており、
秋の始まりを予感させる
北部九州ですが、
まだまだ夏の暑さは
弱まる気配はありません。

そんな酷暑にぴったりの体は
超極薄スリムです。

うらやましい。

通常、夏はめいっぱい太る僕ですが、
(好きなものを好きなだけ好きな時間に
たべます)最近、腰とひざに負担が
かかり階段が辛く、息もあがりやすく
なって、汗かきになってきました。

見た目は気にしませんが、生活のしにくさ
は気にします。

僕は1年トータルで体重を管理していますので、
冬に痩せて、平均値で標準体重をキープしています。
しかし、このままいくと11月頃から開始しようと
思っていた減量を9月頃から始めるかもしれません。
40を過ぎ、解糖系からミトコンドリア代謝に変わりつつ
あるのか、年々太りやすくなってきていますので、
年間の体重コントロールを見直す時期かも
しれませんね。

心のコントロールが上手くなっても、
体のコントロールが下手では意味があり
ませんからね。

さて、今日はマンツーマンでマクロ撮影
ロングダイブ。

久し振りにマクロ撮りました。



輪っか

昨日の打ち上げからの二日酔いの
せいでマクロばかり見てると気持ち悪く
なってしまうので、どんどんワイドに
なってしまいます。

しかし、原ちゃんはマクロ一筋


生まれたてコロダイ

生まれてしばらくした
ハコフグ。

生まれてしばらくしたイシダイ

ふさふさの生き物

そして、なんとP4に
ナガサキスズメダイを見つけたようです。

(僕は見てません)

ここで出会うと、
フクオカスズメダイですが
福岡で見れたのは、初かもしれません。

ソラスズメダイが少ない代わりに
面白いゲストです。

そして、一番驚いたのはこれ

ギンポではありませんよ

180度開く口喧嘩で有名な
オオカズナギです。

春に見られる魚ですが、
僕は未だかつて、志賀島では
見たことはなく、レア
だと思います。

しかも、夏真っ盛りですから、
それも不思議ですよね。

しかし、よく探したものです。
しかも、綺麗に撮れてるし、
すごいの一言です。

これも僕は見てませんが、
一緒に潜っていたのに見てないとは、
お互い別の事に集中していたのが
バレバレですが、連れて行ったのは
僕ですから、ルートは間違っていないと
いうことです。

今年は、水温が上がったり下がったりと
不安定な環境で、魚もいなくなったり
現れたりしています。

黒潮がしっかり入ってないのかなと
思ったりするのですが、その分
面白い生き物がいるので、
海は飽きませんね。

明日は、ナイト2ダイブですから、
レア種に出会えることを期待したい
と思います。

RIO

8/9 夏の思い出 志賀島体験ダイビング
2018年8月9日

こんばんわ。

DMのショーです。

みなさんご存知でしょうか?

今年のサンライズは、
体験ダイビングを9,000円という
破格で実施していることを。

なぜ大幅に安くしてまで
大変な体験ダイビングを受け入れているかというと
新人DMに体験ダイビングを担当してもらい、
貴重な経験を積んでもらおうという
事だそうです。
体験ダイビングを経験してもらうためだそうです。

去年と今年でサンライズには沢山のDMたちが誕生しました。

なので、みんながどんどん経験を積んで
スキルアップして海の面白さを伝えてもらうはずでした。

しかし
肝心のDMは誰も来ません。

夏の繁忙期に来んでいつ来んねん!
って思います。

そして今日来たのは、
なんとおにい!

僕とおにいの二人だけで体験ダイビングを担当してきました。

おにいは嵌められたとか、働きすぎたとかなんやら
一日中文句ばかり言ってましたが、
それでも真面目に沢山タンクを運んだり、
ゲストのサポートをしたり、
汗だくになって倉庫を5往復したり
真剣に取り組んでくれたので頼もしさ100倍でした。

やっぱおにい好きやわーー。笑

今日は、北東の風で潜れるか心配してましたが、
そんなに荒れてなかったし
透明度もまあまあ良かったです。

体験ダイバーに付き添ってくれたリゾートダイバーの方は、
激濁りでしたねと言ってたけど、、、

十分綺麗やん!!
リゾートダイバーには玄界灘の良さがわかってないね。

おにいのフィンピポットも弾むぜ!!!

体験ダイバーもノリノリだぜ!!!

ウミウシも
おにいが血眼になって探してくれたおかげで
観察出来てよかったです。

リゾートにはいないヒラメもおにいがみつけたよ。
喜んでくれたかな。

喜んでくれたみたいです。

俺とおにいのタッグ最高!

ミナミハコフグの幼魚は、僕一人で見ました。

誰にも見せませんでした。

見たい人はライセンスを取りに来てください。

今年は、個体数が多いみたいです。

今日一日むちゃくちゃ汗かいて動き回って
おにいとも色んな話をして、
おにいの意外な一面も見れて
体験ダイバーの方々とと同じく、
僕にも夏の貴重な思い出ができました。

今もおにいは文句ばっかり言ってますけど、
ビールを飲ませて忘れさせようと思います。
今から打ち上げいってきます!

では!

Page 1 of 4412345102030...Last »
  • 日々のサンライズ

    2018年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧