ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

7/25 志賀島で講習
2017年7月26日

水温が上がっています。

夏の潮だまりの中に入っていくような
ぬるぬるのぼんやりした海の中は
すっきりすることはなく、60分潜っていても、
寒さを感じることはありません

でも、僕はしっかりウエットとフードをかぶります

ないと、不安なんですよね
精神安定剤のようなものです

ぼんやりした水温は、視界もぼんやりしており
気合いが入りません

でも、めぐちゃんだけは気合い十分

なぜなら、記念すべきOWダイバー認定の日
なのですから、当然です

この日の1本目はウミウシ探しからスタート

師匠がウミウシ探しの「鬼才」であるなら、弟子も
その血を引き継ぐのは自然な流れ

ウミウシを見つける「愛」が「EYE」へと変わり
次々と探し出していきます

これには、師匠も喜びを隠せません

やるやん!

海藻の中には、
初夏に産み付けられたイカの卵がありました

卵は次々とふ化していき、秋の数釣りイカシーズン
には、20センチ~30センチに成長すると
群れとなり海の中をにぎわせてくれます

卵の中にうっすら見えるイカは
元気に泳ぎ回っていました

ふーみんはイカにも「愛」があふれているのです

P3付近でシグナルフロートを上げる練習も
行いました

実際、このあたりで浮上する際は
フロートあげた方がいいのです

この時期、ジェットスキーが岸近くまでグングン
走ってきますので、タイミングが悪ければ
衝突する可能性があります

ジェットスキーに乗っている人たちは
基本的に海のことやルールをあまり知りませんので、
自分のことは自分で守りましょう

ぶつかって、けが人が出たら
ようやく対策を考えるのが世の常ですからね

普段あげないフロートに
絡まるフーミン

慣れてないと、いざというとき
困りますから、たまには練習しときましょう

ようやく、準備ができてフロートをあげると

めぐちゃんは一緒に浮いていってしまったのでした

よくあるよくある

2本目はめぐちゃんのガイド

大好きな先輩ふーみんを楽しませるために
がんばります

魚も一生懸命教えます

しかし、段々とコンパスだけに集中しがちになるのは
道に迷いだした証拠

魚を教える余裕がなくなります

そんな中、りなぞうフォト講習チームと
オトシゴやウミウシが多く生息している
ゾーンで合流しました

そこで、なんやかんやと
写真を撮ったり、教え合ったりしながら
のんびりダイビングに切り替わり、
楽しむことができました

最終的に、めぐちゃんは
ウミウシ7種も見つけることができ、
かなり上出来な「ウミウシ愛」を発揮できましたね

どんなオトシゴやウミウシに出会ったのかは
りなぞうフォト講習の写真から
ピックアップしていきましょう

シロさんですね

コモンさん

シラユキさん

これは僕が撮りました
メリべさん

泳ぎ姿と、口の大きさに
何度見ても飽きません
しかも、魅惑のグレープフルーツですからね

ユビさん

オトシゴさんAー茶白  

オトシゴさんBー光り輝く白

オトシゴさんBースワロフスキーのような装飾

目立ちます

アオゾラさんー目つき怖い

タコサン

ギンさんA

さちこさん

カワハギさん

ギンさんB

こうすらっと見てみると、
りなぞう案外写真上手いように感じます
誰も知らない「センス」なるものが
あるのでしょうか

是非、これからも面白くてきれいな
写真の提供お願いします

最後は、マエサチさんから撮ったりなぞうで
しめたいと思います

りなナイフ

りな1日200枚

りなピース

写真は、今やコミュニケーションの
メインツールになってしまいましたね

昔とは写真への価値感がまるっきり
変わってしまいました

そんな新しい「写真」を撮り続け
海からのコミュニケーションを
増やしていってください

お二人とも認定おめでとうございました

そして、めぐちゃんは、この後「サンライズティーチャートレーニング」に
入りますので、一気にプロへの階段を上り始めます

しかしそれは、「実際の現場で即戦力になれるスタッフ」
へと続く階段ですので、普通のコース開催とは似て非なるもの

めぐちゃんには以前からの抱いている「夢」があるので、
サンライズは可能な限りめぐちゃんの「夢」のお手伝いをしていきます

ほんとに楽しみですね

僕はそういうことが大好きなのです

どんどん、変わっていく様子と
どんどん、成長していく様子を
みなさんも暖かく見守ってくださいね

さて、そんなこんなで日付が変わってもうAM3時

ですので、今日は
しょーチーム~志賀島体験ダイビング
マエサチチーム~辰ノ口
RIO~学科

です。

おやすみなさい

RIO

7/23 志賀島日曜夏フィーバー
2017年7月23日

昨日、のみぞうから今日、急遽潜りたいという連絡が
ありました。

その連絡の際、「Fさん知ってますか?中島さんの元上司の方が
ダイビングしたいって言ってますよ。その方、うちの前のマンションに
住んでますよ」とのみぞうからの伝言を受けました。

どうやら、元上司のFさんが僕が経営している「サンライズ」を
見つけたようなのです。しかもかなりブログも読んでいるご様子。

そのブログの中に、「許山」という名前と「古賀出身」という
書き込みを見つけて、もしかしたらと思って、
ご近所である「のみぞう」に話しかけたようなのです

よく気がつきましたよね

のみぞうには「Fさんに僕の電話番号を教えておいてね」といったものの
僕の携帯の番号は変えているので、のみぞうも新番号を知りません

(連絡のほとんどはラインかメッセンジャーですからね)

Fさんとは20代半ばに一緒にお仕事をさせてもらってましたが、
今僕は、40歳ですので、15年前の部下のことを
覚えてくれていたことに感謝感謝です。

のみぞうに新しい番号を教えておいたので、そのうち連絡が
あるかもしれません

その時はよろしくお願いします

さて、今日のブログは
のみぞうとかつやさんとのOW講習の模様です

なかよし親子w

今日で講習最終日
器材セッティングはもう完全に覚えているはずですよね

あれっ?
逆につけてない?

暑さで間違ってしまったのかな?

これ正解

そろそろ覚えてね~

親子でバディチェックw

ここは間違いませんでした

今日の白瀬は満潮の大潮で足の踏み場が
ないくらい人がいましたね

毎年の夏の風物詩になってしまいましたね
9月に入ると、一気に減りますから
今のうちです
このお祭り気分は

水温29℃のぬる~~い中で
生物ゆっくり探して楽しむのみぞう

オトシゴがいましたね
かわゆすです

かつやさんは、コモンウミウシ見つけました

ご本人は「シロウミウシ」と思っているようでしたが
違いますよ
似てませんし

フロートをあげる練習もしました

フロートの口を上にしていないと入りませんね

そうなると大抵、顔に直撃します

しかもフロートをあげた瞬間、フロートの上部だけきれて
どっかにいってしまったので、安全停止できず

このあと再度潜って帰ってきましたが
こう書いてみると、災難続きですね

しかし、明るく楽しく元気な人であれば
ちょっとやそっとのマイナスな出来事など
全く気になりません

人間はそもそもピュアで純粋な存在ですが、
生きていく過程で、世の中のしがらみやら嫌なことやらが
周りにくっついてしまった人は「気」つまりエネルギーが
乱れて、邪念が増えていき、周りに悪影響を及ぼす人
も中には存在します

僕はそういう方とはなるだけお会いしないように
心がけていますが、もし会わなければならない場合は
気合いをいれ直すか黒い服を着て結界を張るようにしています
(そりゃ自分を守るのが大優先ですから)

悪影響を及ぼさない人になるためには、普段から自らの「気」を
コントロールすることが重要で、そのためにはやはり自分の内側と
つながることを意識することから始まります
そのための方法は様々ですが、多くのものを手放し、我欲を捨て、
堕落しないことです。
このようなノイズをシャットアウトすることで、健康な身体
と精神のバランスが取れるように感じます

常日ごろから自らをコントロールしている
かつやさんは、海からの大いなる「エネルギー」を
取り入れ、2本目に備えるのでした

素晴らしい

OW最後のダイビングは「ガイド」をしてもらい
自由に泳ぎ回ってもらいます

時間はMAX50分

後ろからついてくるのは

僕と

のみぞう

しぇ~~

昭和か!

コンパスをしっかり見ながら、北東に泳ぐ
かつやさん

これならかえって来れるはず

YES!

しかし、コンパスは間違わないものの
生物をほとんど「教えてくれない」かつやさん
(教えてくれるのはクロダイとキジハタのみ)

そこで、優しいのみぞうはアオウミウシのプレゼント


しかしこの時、かつやさんにはウミウシをまじまじと見る時間は
残されておらず、「かつやエアーリミット」が
終わりに近づいていました

その終わりを察知した、「かつや潜在意識」が
顕在意識の2万倍のパワーをもってして
体ごと水面へと導いたのでした

さようなら~

そんなの関係なく「ギンポ」を
楽しむ陽気な「気」をお持ちの方が
ひとりいらっしゃいましたけど

そんなこんなで無事認定の運びとなりました

おめでとうございます

このTシャツをお召しになられた瞬間
どんな方も「サンライズ」になってしまいますね

不思議です

次回は
アドバンスでお待ちしております

そのTシャツ着てきてくださいね

さて、今日は海終わりの、OW学科18時から21時半までと
3時間半しゃべりぱなしで、交感神経が過敏になって
しまったので、夜遅くにブログ書いてみましたが
いかがでしたでしょうか?

楽しめましたでしょうか?

サンライズ御一行様は明日
長崎へと出かけます

僕は明日は一日、整える日にしたいと思っています

それではみなさん
おやすみなさい

RIO

7/21 志賀島ダイビング
2017年7月22日

一気に猛暑になりました。

今年の夏も暑くなりそうです。

一年中、海に行ってると、夏だから海に行きたいとは
なりませんが、普段海に行かない方は行きたくなるんでしょう

個人的にはダイビングするなら
春から初夏にかけてが一番好きですね

夏はダイビングというより、海の家ですいか割ったり
全身日焼けしたり、夜に街を歩きまわったり、
アイゴを釣ってみたり、BBQをやったりと
寒い時期ではできないことをやりたくなります

そのひとつがみなさんにとってのダイビングなんでしょうね

夏でもアイススケートは盛んに行われているように
季節をイメージさせるスポーツは
気温に左右されがちですが、楽しさという点では
あまり相関関係はありません

それはどんなスポーツや趣味にも言えるのですが
感情の動物である人間は「イメージ」に強く
心を動かされてしまいます

CMでタレントや有名人を使って、会社のイメージを
あげるのはそのためです

夏=海=ダイビング
というイメージはなくなり、それでも続けている方は
本当にダイビングが好きなんですよ

6年も経つと、サンライズにはダイビング好きというか
「サンライズ好き」が多数在籍しているという点が
ほんとに面白いお店になりましたよね

ありがたいことです

さて、昨日は平日ダイビングに参加された
ふじこちゃん

この水遊びもいまのうちに

しょーくんと2人で透明度が落ちきっていない
白瀬を探索ダイブ

いつものところにいつものオトシゴ

ダンゴウオフィーバーの後はオトシゴ
何度見ても飽きません

ふじこちゃんはこの程度の海藻では酔わなくなりましたね
にっくきワカメはもう来年まで会うことはありませんから
安心です

そうなると、こんなかわいいウミウシも見つけることができます

僕の好きなメリべちゃんとも優しくスキンシップ

よく見ると、変な形で中途半端な透明感をもつこの
ウミウシは口が大きく、食虫草を連想させます

色んなお魚とも遊べたようで、夏の海を満喫した
ふじこちゃんでした

さて、僕のチームはリフレッシュコース

暑いと変なテンション&顔になりがちですね

4年ぶりに潜る上ちゃんは、以前は和歌山を中心に
潜っていたとのこと
器材セッティングは忘れてましたが
海のスキルは忘れていませんでした

体は覚えているものですね
脳より賢いです

体も徐々に慣れていくと、さらに
ダイビングが面白くなってきます

沖の方へいくと、全長40センチのコウイカが
水底に鎮座していました

一瞬、コブシメに見えましたが、
どうやら違いました
それくらい迫力がすごいのです
P4付近にいましたので、探してみてください

砂地を移動中のこの大きいウミウシも
迫力あります。ものすご地味ですけどね

ちなみにこの前、おにいが掃除していたP5ブイは
今回僕がきれいにしてきました

潜った際は、P5のブイも見てきてください
長年の水圧で変形しているのがわかりますよ

最後は、みね&あさみコンビのOW講習チーム

2人で仲良く、いや時には厳しく
講習をわかちあう姿は男女関係の
力学を感じました

いつでも、紳士なみねさんは丁寧なガイドを
心がけます

ゆっくり泳いで、あさみさんのことを気遣うのですが

あさみさんは、ブーツの不愉快さに耐えきれず
逃げていくホタテウミヘビのような
スピードで一直線に泳ぎ続け

「愛しのバディー」を「疲労ダイバー」
へと変貌させてしまうのでありました。

そんなバランスのとれた2人は無事認定
次回はディープダイビングで「ガス昏睡」を夢見るのでした

それにしても、
サンライズTがお似合いです

これを着ると一気に「サンライズ感」出ますよね

是非、次回の海の際は着てきてくださいね

さて、今日は2部作ですので、
夕方、おにいのプール講習の様子も
書いていきます

では

7/20 オトシゴわんさか志賀島
2017年7月20日

みなさんこんばんわ

DMのしょーです。

今日は少人数でまったり志賀島を楽しんできました~。

次の仕事が始まるまで、恋も遊びもやりつくすカツコンのAOW講習

五回も潜って、今日が初めての志賀島という珍しい人

透明度は少し落ちていたけど、魚は相変わらずむちゃくちゃおりました。

魚を観察観察するにはもってこいやね

でっかいオニオコゼもおりました。

ウミウシもいっぱいおるしね

でもマスクめっちゃ曇ってよく見えてない疑惑

目的地に行くにはコンパスさえ見えればいいのだ。

今日はオトシゴもりもりデー

カツコン、初めての志賀島で沢山オトシゴ見てきました。

一匹

2匹!

3匹!!

4匹!!!

1ダイブで4個体も見れました~~。

日に日に見つかるオトシゴの数増えてます。

探せばまだまだ見つかりそう。

講習組もファンダイブ組も見れてよかったね。

他にも先日りなぞうが見つけたというサメジマオトメウミウシや

あたたかくなって増えてきたのか、最近よく見かけるメリベウミウシなんかも見てきました。

色んな生物に出会えて面白かったのですが

今日はハナイカにも会えました~~!!

どこかに定着しているわけじゃないみたいで、出会いはいつも突然。

いつも行かない場所に行ってみたらおりました。

思いがけずいたからびっくりしたね。

実はつぼやん、志賀島でハナイカ見るの2回目。

もってるな~~。

そんな感じで一日今日も楽しく遊んできました。

明日も色々見れるかな。

それではまた明日ー

7/19 志賀島ダイビング
2017年7月19日

五島から帰ってきてからも連日、海海海の
ダイビングトップシーズン。

サンライズも例外なく、海に繰り出しておりますが
今日は久しぶりにみほりーとおにいとみかさんとわたくしという
最古参&オンリー博多っ子ダイビングになる予定でしたが、
みかさんは白瀬には現れませんでした。

おにいとみかさんとのコミュニケーションの行き違い、誤解、偶然の一致も
重なり、みかさんは気分を害してしまったのでした。

なんで、こんなに怒られないといけないのかというやるせなさと
申し訳ない気持ちでいっぱいな完全に「青」な気持ちのおにい
いや、改め「自己中おむつおにい」※命名みほこ

それ以外の「赤」な人たち

僕らは何があっても、みかさんの味方ですww
みほこの手には○○ローション

青なおにいはセッティングも間違いますよ

あちゃ~~

そして、博多っ子チームはオトシゴをサーチからスタート

すると、先に前幸チームが見つけてました

いい配色です

先日とは違ったオトシゴ発見

おにいものぞき込んでます

少しテンションあがってきました

「ドローンおにい」は上部からふわふわ
漂うダイビング

みほりーは見た魚をスレートの裏側に
すべて書き留める調査ダイビング

僕はひたすら、オトシゴとメリべウミウシ探しダイビング
三者三様で楽しむ博多っ子

そして、それ以外にも

タコノマクラの重さを楽しむ

タコの卵を守っているタコを楽しむ

新しいブイのせいで、古いブイが忘れられて
悲しそうなので、きれいにしてあげて楽しむ

おそらく、このダイビングはこの3人でしか
楽しめないように構成されています

あがってきてから、みほりーのリンゴとブドウで
水分補給

ダイビング後の果物がこんなに美味いとは。

みなたんは前幸ガイドのマンツーマンで
色々見たようです

なので、ベラでも楽しいのです

みなたんは「お山建て」の講習もしたようです

透明度がいいので、みなたんもめちゃめちゃ楽しそうです
しかも、前幸マンツーマンはなかなかないですからね

ゴンズイも楽しそうに見えますよね

満喫ダイブのようでした

明日はドローンおにいのDMプール&海(前幸)
楽しそうです

では、今から打ち上げいってきます

RIO

Page 1 of 3512345102030...Last »

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧