ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

柏島ツアー3日目
2016年12月30日

2016年もいよいよ残り2日となりました

2017年で40歳を迎える僕はいよいよ
人生折り返し

まあ、でも明日死ぬかもしれないので
全力で目先のことだけにさらに集中しよう
老後のことは老後に考えることができない人は
死ぬまで不自由なのだから

飲みまくったイブから朝になると
風は止んでベタ凪

二日酔いの様子は全くない

おろり姫たちも元気になったようだ

てるちゃんも余裕になってきたようだ

よかったよかった

1本目うしろ浜
ここではでかいカエルアンコウが居座わってた

2匹目

確かにかわいいけど、僕的にはハリセンボンの
膨らんだやつの方がかわいい

これもかわいかった

レアじゃなくても、意外にかわいいやつって
いるんだよね

なんか、ダイバーはすぐレアなやつをありがたがるけど
自分が好きなやつがレアなやつばかりとは
限らない

あったかくて穏やかで気持ちよかった~

港ではうっちーお父さんがお出迎え

結局、うっちーは1ダイブしかしなかったけど
一番楽しんでた

そして、いよいよクリスマスねもやん100ダイブ目

柏島で潜り納めのねもやんは100ダイブで
2016年を締めくくる

最後はうしろ浜から少し離れた対岸にある
ジャングルジム

ジャングルジムという名前は養殖の
生簀が捨てられたか、沈んだかで
落ちているポイント
そこにたくさんの魚が住み着いてる

ゴミ捨てても、結果オーライというか
生命力の強さを褒めるべきなのかわからないけど
漁師は海をゴミ箱だと思っているのは間違いない

奥の砂地ではしゃいでいるマエサチのとこに
行ってみると、ウミテングという一風変わった
お魚さん

名前も変わっているけど、姿も変わっている

虫みたいな造形
砂地をつがいで這うように泳いでいる姿に
やはり魚感はなかった

虫魚2号発見

ゴキブリ??

そして、どくどくしいウミウシ

ピカチュウっぽい色してるけど
絵具で塗ったみたいな不自然感が
おもしろい

そして、ここ10年、僕の好きな魚
トップ1に君臨するのはこいつ

きれいでしょ

普通によくいるんだけど、アケボノやシコンに比べても
こっちの方が好き
なんていっても目がかわいいし、色がいい
でも、水槽で飼おうとは思わない
自然の中で見ることが感動できるポイントだからだ

そして、ねもやんの100ダイブの記念写真

クリスマスの帽子被ってほしかったけど
泡とともに舞い上がってしまった

ねもやんは彼女とのストーカートラブルで
OWライセンス取ったけど、一時来れなくて
3か月後くらいから再開したんだけど、
その後はイツメン達と近場からツアーまで
色んなとこに潜って、今日100ダイブを迎えた

おめでとう

ねもやんはやっぱり優しい男だ
(だから、ストーカーされるんだろうけどね)
関東男子のスマートさ(しかも高身長)、
九州男児にはないジェントルな部分と
人当たりのよさで女子はみんなねもやんが好き

でも、ほんとはめんどくさがりで人見知りで
ついでに勉強嫌いだし、仕事も嫌い

なので、来年からのDMコースはねもやんを丸裸にして
泥臭い男にするのがテーマ

どんな風になるのか楽しみだね

ね!ねもやん

う・うん。。。
まあ 考えとくよ

この日はほんとにあったかくて
春のようだった

この日はダイビング2本終えて
僕ら一行は対岸から島が見渡せる
一切の展望台へむかった

ここでピクニックしたら最高だろう
冬でもピクニックできるのは高知県ならではだ

さて、ここでお知らせ!

新サンライズパーカー絶賛発売中!

小さい女子から大きい男子まで全サイズあり
おしゃれに着こなせるプルオーバーパーカー
色は着回しやすいブラック一色
シンプルなSUNRISEロゴと
PADIショルダーロゴは
都会でも海でもシーンを選びません
かわいくおしゃれにダイビングを楽しもう!
価格5500円(税込)

先日、入荷済みなのでお求めの際はお早めに!

かっこよく撮れて満足満足

さて、ここでもうひとつお知らせ

まだ、D-PASS登録していない方は
お早めに登録してくださいね

サンライズは明日31日に仕事納めで
6日から通常営業しますのが、正月休みの
間も役に立つ情報やコンテンツの
配信を行います

来年もよろしくにゃん

僕も柏島で2016年潜り納めました

来年はしょーくんを筆頭にがんがん潜る若手がたくさん
いるので応援したいと思います

あたしはあたしで気合いれて頑張りたいと思います

では!

柏島ツアー2日目
2016年12月29日

ダウンを持ち歩いてお店に入ると
めちゃ暑い冬の季節がやってきました

薄くて、軽くて、温度調節できて、かわいいダウンが
ないかな

発売されたらAmazonプライムで即買いするのにな~

柏島の冬は風が吹くと寒くて、晴れると少し暑いという
沖縄のような気候

2日目のダイビングの日は風が強くて寒い日でした

そういえば、おっくんが急に家の事情で来れなくなった
んだけど、おっくんの怨念なのかな~と5%くらい思いました

そして、ガイドのおじさんはテンションが低くて、声も小さく
自信なさげに話すのを見ているとなんか悲しい気持ちに・・・

は~~あ

でも、うっちーはウエットスーツ

15キロくらい痩せて、ドライをお直し中なんだって
いくつになっても見た目と健康は一致するよね

波と風があっても、ポイントは港から5分の場所なので
揺れによる疲れなどがなくまあまあ快適
でも、ボート初だったみやもんとてるちゃんは
水面でちょっとあたふた
まあそれも経験だ
透明度は10mくらいと濁り気味

まあ接近すれば魚はきれいにみることができるので
透明度は5mあれば充分なんだけどね

世界一美しいとされるタテキンの幼魚

普通に見れるのがさすが柏島

黄色と白のコントラストがきれいなウッチャン

高知はウツボ料理も盛んなんだって
こいつのから揚げ美味いのかな

大人気ピカチュウウミウシの
近い親戚ウミウシ

ウミウシもスタメン揃いだぜ

これも人気のクダゴンベっていうお魚

何が人気かってチェック模様できれいだから
あと、あんま泳げなくて、いつも何かに張り付いてる

そして、サンゴの群生

生き生きサンゴの上すれすれ泳ぐみやもん

なのかな

30mくらいまで行ったのでしっかり安全停止

最近のダイコンはほんとに減圧不要限界が厳しい
ちょっと深いとこ行くとすぐ時間なくなってしまう

学者たちが一生懸命考えて作ったんだろうけど
ほんとか嘘かわからないものを信じないといけない
のがやだよね

減圧症よりも船酔い症を予防するダイコン出してくれないですか

あたしもあったらそれ欲しいです

そして、港に着くや否や
うっちーは寒さにノックアウト、
颯爽と宿に帰っていった

2本目も後浜に潜る

風は止んではいないけど、みやもんもてるちゃんも
少しづづ慣れてきた

僕は基本的に深いとこが好きだ

なぜかというと
「窒素酔い」が気持ちいいからだ

息苦しさや頭の痛さもあるんだけど、
大脳新皮質が一切活動できない状態に陥る感覚
そして、本能の部分で恐怖を感じる感覚
お酒では味わえない窒素酔いの幻想を
味わいたいのだ

半強制的なマインドフルネスとでもいおうか

だからといっていつもいつも深いとこに
行くのは危険なので直感に聞いて行くようにしている

フリーダイビングでも同じような現象が起きるので
似たようなもんだね

そういえば、
久しぶりに見た
僕はこのエビが好きなのだ

ヒトデを食べるエビ
実際どうやって食うのか見てみたいけど
色合いがきれいで神秘的だ
こんな数が少ないエビがどうやって繁殖しているのか
わからなさも神秘的だ

触ってもいい魚ぎりぎり認定の
ハリセンボン

皮も強いし、棘もあるし、膨らんでもそうそう
弱らないし、フグはイワシとかと違って頑丈な魚
僕はこういう丸い魚が好きでボールみたいに
なってくれたら超テンションあがる
でも、あんまりいじめないようにすぐ返して
あげましょう

最後は浅瀬のサンゴの上で窒素抜き

相変わらず手つかずそのもののサンゴ樵

沖縄にはもうこんなサンゴあんまないよね
サンゴは陸でリゾート開発されたら一発でアウト

サンゴはとってもデリケートなのだ

これはデリケートなアウトな人達

3本、3回のオロリ姫

全部潜ったら、いつの間にか夕方

時間の感覚が変になっていた
ゆっくり時間が流れている感じがしていたのだが、
実際はあっという間に時は過ぎていた

時間という概念は物体が移動する距離とスピード
の相対的なものを使って人間が作り出したのだが、
実は時間というのは幻想で過去も現在も未来も
なく、同じ時間にすべての出来事が起きている
という考え方がある
そして、同じ時間に様々な時間の流れ方をする
パラレルワールド

この世の中は物質社会なので時間は目に見えて
わかりやすいが、やっぱりそうでもないのかもしれない
と思えた瞬間でもあった

そして、
ちょっと柏島観光に

釣りバカ日誌のロケ地になった橋

映画風に撮ってもらった

寿命間近のハイエースじいさんと僕

そして、その仲間たち

なぜか、トミーとしょーくんとねもやんが
イケメンに撮れている
いつもこの顔ならいつもモテキだよ

雲もきれいだったな

観光終わったら、暖炉の前で夕ご飯

あったかくて、広くて、ここ大好き

イブなのでかわいいサンタが全員にプレゼントをくれた

ありがとう
大事に使うね

そして、いよいよクリスマスプレゼント交換タイム

ゲームで勝った人から好きなものを選べるシステム

1番乗りはトミー

うっちーからANAの優待券

いいな~~

2番手はてるちゃん

しょーくんからAmazon5000円のギフト券

小さいものにいいものが入っているという
情報が洩れていたようだ

次によかったのが
みやもんのバターナイフとアイススプーン
手の温度であっためて取りやすいアルミ製
ねもやんがもらいました

あと、トミーの犬の枕
それは当然僕がもらいました
トミーを毎日抱きしめて寝ています

あとは、水筒やオカリナ、コーヒー
ミニオンマスク、湯たんぽなどなど

ちなみに僕はクリスマスらしく
テ〇ガとバイ〇のセット
男子も女子も楽しめる冬の夜長にぴったりの
アイテムでした
しょーくんが使ってくれています

プレゼント交換のアイデアはマエサチからの提案だったんだけど
こんなにドキドキしてクリスマス感が出たのは驚きだった

海とダイビングというツールを使って
みんなが一体になれるというのは
共通の何かが人と人を結びつけるのだろう

RIO

柏島ツアー1日目
2016年12月28日

今日は来店者が多く、なんかにぎやかしい店内

年末のご挨拶や近況報告など久しぶりに色々
お話しました

そして、ようやくブログにこぎつけた私

さて、あたいは誰でしょ?

ヌルフフフフ

1月7日、8日の新年会ツアーのことですが、
人数が少ないのでやめようかと思いましたが
楽しみにしてる人もいるので、初潜りツアーに
することにしました

新年会は天神のホテルとかを貸し切って、
1月末~2月初旬に開催したいと思います

やっぱMSDとかの表彰もしたいし、
大勢でやりたいやん

なので新年会はたくさんのご参加待っておりますです

そして、もうすぐサンライズの無料メールマガジンができますので
登録してね
ホームページやブログより先に最新情報をお届けします

ニュースは以上です

さて、今日は12月23~25日柏島ツアーの様子初日

毎年、クリスマスといえば日南ツアーに僕ひとりで連れていく
というのがお決まりだったのですが、毎回クリスマス感がなく
飽きてきたので今回はマエサチさんも一緒にいくことになりました
そして、今回の目玉はクリスマスプレゼント交換
1人3000円以上のお品を交換するという
個人のセンスとアイデアが試される企画

それは24日の夜に行うということで、23日は移動のみの日

大分の佐伯港に着くまでに強風によるトラブルがあり、
ひやひやしながらも無事到着

てるちゃんが活躍、ありがとう

佐伯港から宿毛港までの3時間、ねもやんのDM再試験
今度はしっかり勉強してたみたいで合格点突破

やればできるやん、船揺れてても酔わなかったのも合格
ねもやんの底力ね

そして、日が暮れるのが早い12月

急いで高知観光
まずは展望台に

ウォーキング

小さな展望台

展望台から見える景色はこんな感じ
小さい橋でつながっているのが柏島

柏餅に見える?

長旅に負けずテンション高いメンバー

日が暮れかかってきたので、急いで今度はサル公園へ

野生の猿がいるという公園

いた

サルだ

サル公園にはサルいっぱいだったけど、
すぐ逃げるし、暗いし、眠いので15分で
撤収

柏島のダイビングショップで夕ご飯

あ~幸せ

冬の夜長はあったかい部屋に限るね

お家をまるごと貸し切った宿では
うっちーお父さんとみんなでトランプやら
お酒やらで飲んで、
夜0時には就寝したような気がする

ホテルや旅館と違って、2人1部屋ではないので
一体感が増して、なかなかいい雰囲気の
お家宿泊

Airbnbで海外の家に民泊したらこんな感じなんだろうな

ていうか、サンライズのツアーはダイビング無しでも面白くなってきてる
そんな気がした

RIO

2016GW柏島TOUR 最終章
2016年5月15日

ハロー。

ちょっと久しぶりにブログ更新しています、マエダです。

今日はクリーンアップで志賀島赤瀬の海岸清掃をしてきました。

昨日の事も今日の事もお伝えしたいけど、今日は柏島のこと書きますよ。

3日間のツアーを4日に渡ってます。。。

しつこいけど今日で最後なのでじっくり読んでね。

読むのは数秒だけど、書くのは何時間もかかってますんでね。

出発からトラブル発生で、一時はどうなるかと思ったけど、

どうにもならない事なんてこの世にあるわけなくて、心配事の9割は起こらない。

なのに人は未来の事を悩んだり考えたりする。

どうしようもない過去の失敗を悔んだり考えたりする。

私は今を精一杯楽しめる方法をいつも選択していきたいと思ってます。

もちろん今回のツアーもそう。

てか、私だけじゃなくてきっとサンライズにはそういう人が集まってくるんだと最近思う。

今回も素敵すぎるメンバーと素敵すぎる海に潜ってきました!!

柏島最終日も晴天!!

どんだけ空気すうねん。

この日も透視度はイマイチでこんなもん。

でも、志賀島に潜り慣れてるみんなはこれで大満足で、すーいすい。

1本目は【後浜NO1】。

ハゼナンバーワンのポイントでもあり、

最近お目にかからなくなったという「ピカチュウ」を最後に見たエリアでもあって、

みんな期待値高しでエントリー。

特にコンバットはピカチュウ見たさで柏島来たと言っても過言ではないからね。

わたしも「ここで絶対コンバットにピカチュウ見せたるーー!」って久々にイントラ魂に火がつきました。笑

そしてエントリーしてすぐ、、、、

おったぁ~~~~~~~♡

かわいい。

コンバット大興奮!

このウミウシ、ポケモンのピカチュウに体色が似てるから「ピカチュウ」の愛称で呼ばれる様になったけど、

本名は「ウデフリツノザヤウミウシ」。

名前の通り2本の腕のような突起をフリフリ動かしながら歩くんですけど、その姿が超キュートなんです。

出逢えてホントよかった。

そんな幸先のいいスタートで、続いてはハゼエリアに。

上を通ったり近寄るとすぐに警戒心の強いハゼは巣穴に入ってしまうので、そーっと観察。

人気者のレアなヤシャハゼ。

ネジリンボウ。

ヒレが長くなったヒレナガネジリンボウ。

目にラインの入ったキツネメネジリンボウなどなど。

残念ながらリクエストのホムラやニチリンは見れなかったけど、十分十分。

みんなも見たかな?

ぞのみ見たー?

とりあえずカメラを向けるとローラポーズを決めてくれるセクシーぞのみでしたが、

後で確認すると見てなかった事が判明。

トミーはどうだろう?

ハゼェ~~???

見てなかった。。

大ちゃんはトラウツボに夢中。

なので、もちろん見てない。

ササショウはウミウシを食べるきれいなウミウシに夢中。

もちろんササショウも見てないよねぇ~。

しろやんは最初から例のごとく魚には特に興味なしおスタイル。

僕はハゼいいです。

さしさし棒で遊んでます。

と言わんばかり。

「あ、わたしも!」と、あずぅー。

「ハゼよりマンジュウヒトデがすきー。

これ食べれます?」って。

食べれねーよ!

DMショーくんは、世界一きれいな魚と言われるタテジマキンチャクダイの幼魚を世界一ヘタクソに撮って・・

もちろんハゼは見てない。

コンバットもピカチュウに舞い上がって見てないし、、、

あたし以外誰も見てないやん。

みんな超自由だけど、

それがサンライズスタイル。

最後はそのスタイルに合わせてくれて、サンゴ礁域で自由に遊んで安全停止。

こんな海にいつも潜れたらいいな~

と名残惜しくエキジット。

港で正座して約1名リバース。

ピカチュウで興奮しすぎたんかな・・・。

でもこれぐらいではコンバットはへこたれない。

柏島での最終ダイブはトミーの50本&MSD認定の記念ダイブ。

そんなダイブに参加しないわけはない。

酔い止め飲んで気合入れて潜るのだ。

トミーおめでとう!!

初日のナイトダイビングがなくなったから、もしかしてこのツアーで50本無理くね?

みたいに一時はなったけど、タフなみんなと無事に50本迎えられてほんとよかった。

いつもの通りフラッグを括り付けて、

モタモタと括りつけて、、

最終ダイブはマエダお気に入りの【後浜NO3.5】をリクエストしたものの、、、

先客があったんでお隣の【後浜NO4】にエントリー。

ここはサンゴとキンギョハナダイの美しすぎるエリア。

水深は浅くてマックス15mくらいかな。

キンギョハナダイがこんだけ群れると見とれてしまいます。

こういうエリアが大好きです。

みんなものんびりと自由に泳いだり、写真を撮ったり、生物探したりして楽しそうでございました。

トミーも楽しそう。

心に残るいい記念ダイブになってよかったね。

志賀島にも居るムラサキウミコチョウがここにも居た。

辰ノ口にも居るハナミノもここにも居た。

わんぱく小僧しろやんは私が貸したさしさし棒でいろんな物を変わらずつんつん。

てか、しろやんと翔くんはずっと私についてきてた。

なので一緒に色々見た。

からまるサビウツボさん。

カメさん。

そう!

カメさーーん!

カメさぁーーーーーん!

みんなで見たかったのに、逃げられてしまって、、、

全員でカメ見れなかったのがちょっと心残りだけど、しかたないね。

ウミウサギガイはみんなでじっくり観察。

子オオモンカエルアンコウも。

動かない生物はいいね。

じーっくり観察できるから。

最後には見たかったハナイカも見せてもらえた。

しかもペア!

コウイカの仲間で色がコロコロ変わるので、一瞬わかりづらいけど、

少し刺激を与えるときれいなハナイカらしき色彩に変わります。

毒を持ってますアピール。

持ってないけどね。

最後にカマスの群れをのんびり眺めて、柏島での楽しいダイビング6本が全て終了。

まだまだ名残惜しいけど、

またね~~~

お世話になったSEAAIRの皆様、

ありがとうございました!!

ダイビングの後は

潜った場所を一望できる【大堂山展望台】へ。

このあたりで一番高い山の山頂にあって、

この展望台からは360度見渡せて、柏島や沖ノ島、北側の海岸線も見渡せる絶景。

ここでササショウ先生とはお別れ。

いつも岡山からありがとうね!

映写会も岡山から来てくれるかな。

5月21日19:00サンライズで待っとくね。

ササショウと別れて、車とフェリーで移動すること約7時間。

ドライバーさん大変だけど、頑張ってくれました。

ツアーに参加してくれたみんなもいっぱい協力してくれまして、

ほんとに楽しい2泊3日のGW柏島ツアーとなりました。

ご参加のみなさま、遅くまでありがとうございました♡

休み明けに週末の海の様子をお伝えしますので、そちらもお楽しみに。

では、これから打ち上げいってきまーす。

ばいばーい。

2016GW柏島TOUR 3/4
2016年5月14日

みなさんこんにちは。
DMのショウです。
今日は志賀島潜れなかったので、急遽唐津へ行ってきました。
前田さん以外みんな唐津初潜り。
どんな感じだったかはまた後日。

さて今日は2日目の三本目から書いていこう。
時間がないから帰りの車でブログ書いてる。

この日三本目のポイントはジャングルジム北というポイント。
ここは水深40メートル近くまでとれて、35メートル付近にはなんとあのアケボノハゼが見れるらしい!
ガイドのおじちゃんからはアケボノハゼもピカチュウウミウシもニチリンダテハゼもどれも見れないって聞いてたから
期待してないけど、いたらいいな~~

そしてこの時は僕の200ダイブ目でみんなに祝ってもらった。
一昨年の9月にOW取ってからあっという間だったな。

みんなにお礼を言おうと思ったらアホが出た

その瞬間をカメラに押さえられてしまった

そんなアホアホマンはほっておいて
ポイント名の由来になってる鉄格子に沿って泳いで行くと、あっという間に水深35メートルに。
深くなるにつれてどんどん水温が下がってきた。
寒い〜〜。

僕はフードベストをぞのみちゃんに貸してて寒いし
ぞのみちゃんは裸にフードベスト+ウェットだから寒い
寒い思いをして36メートルまで来たけど、
アケボノハゼはいなかった。

しょうがないね。
見れるときもあれば、見られないときもある

ちょっとがっかりしながら鉄格子沿いに上がって
タテキンみたり

ワカウツボみたり

引っ込んじゃってカメラに写せなかったけど、
モンハナシャコを見たりして楽しむ

すると水深20メートルくらいのとこに人だかりが
ん、なんだなんだ?

っておった〜〜!!

アケボノハゼ!!!

まさかこんな深度で見れるとは
しかも近づいても全然引っ込まないから写真撮り放題だった。
むちゃっラッキー

そしてその直後にはこの子も見れました
ジャパニーズピグミーシーホース

ん、どこにいるの?

これだと分るかな

ダンゴウオと同じサイズのタツノオトシゴ
小さくてかわいか〜〜

いろんな形の生命があるんだなと感心します
面白い

そのあとはゴールデンなウツボ
ゴールデンモレイをみんなで見た

ウツボ好きなら絶対見逃したくないやつ。
見れてよかったねみんな。

無事に三本目も終了!

次のナイトダイビングまで時間があるからみんなでお散歩に
綺麗って評判の橋の下をみんなで見に来た

めっちゃ綺麗

みんなで青春写真を一枚

そのあとは、いまは亡き民宿なかしまの様子を見て

夕食を食べて

いざナイトへ!
今日はこれで四本目だけどみんな元気でテンション高い

明るいうちに出発して、潜ったタイミングで日没を迎えるように出発する

ポイントに向かいながらだんだんと日が暮れていく
なんだかロマンティック

海の中に入るとライトがいろんな色で水中を照らして幻想的だった

活発的に活動してたタツナミガイ

おやすみ中のクマノミ

エビとかカニとかが闇に乗じて活動してた

魚に食べられてばっかりの甲殻類だって夜遊びしたい

そんな感じでナイトダイブ終了

みんなきゃっきゃきゃっきゃ言って楽しんでた

四本目終了~。

みんなクタクタでもう寝るだけかなーって思ってたけど
まだまだ遊び足りないサンライズメンバー


大学生みたいにみんなで花火を楽しんだ


青春って感じやな~


そうでしょ?

柏島を最大限に楽しんだ一日でした。

みんな若いね。

これで柏島3章まで終わりっ!

最終日のブログは前田さんがしてくれます。
下書きを見ましたがかなりの力作になっております。
明日をお楽しみに~~。

Page 1 of 41234

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧