ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • サンライズについて
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

1/21 津久見イルカ島日帰りツアーでイルカと触れ合ったよ!
2018年1月23日

はい。
今日はきゅーからスタート
イルカ島のことを書いていきます。

この日、イルカ島「閉館日」ということで、
休憩所も着替え場もすべて貸し切り。

Bluetoothスピーカーで
音楽流しながら、
お昼ご飯を食べて、まずは
イルカとスノーケリングから。

まゆこんぐのドライは
いい感じで「ゆったり目」に調整されて
いました。

イケスの中には
イルカが4頭います。

そんなに広くありませんので、
イルカとの距離も近く感じます。

生まれたばかりの
「つばさくん」が
人なつっこくてかわいいのです。

ドライで素潜りすると、
イルカと目ががっちりあいます

そして、イルカの鳴き声も
聞こえてきます

ものすごい警戒してたので、
こちらも脅かさないように動こうかと
思ったりもしましたが、
それよりも、ドライの圧迫状態での
素潜りがあんなに動きにくく
肺が苦しいものだとは予想外でした。
あと、5m深かったら無理でしたね。

普通の人は30分であがってくると
監視員のおじさんは言ってましたが
僕らは途中から「イルカウォッチング」から
「素潜り練習会」に切り替わり、水温13℃の
水温で「1時間近く」遊んでいたのでした。

イルカたちは僕らのことを
どう思っていたのでしょうか

イルカと素潜りを満喫した僕らは
隣の「魚イケス」へダイビング

こちらのイケスでは、
「魚の切り身」で餌付けできるという
特典付きです。

実際、エサをあげなくても、
シマアジいいサイズのやつらが
寄ってきます。

カンダイ(コブダイ)の
60センチ級も悠然と泳いでいます。

他には、クエ、ブリ、真鯛、カマス
メジナ、ゴンズイ、カワハギなどの
お馴染みの魚たちもたくさんいますが
圧巻なのはこの
「マダラエイ」

体長1.5mくらいあるので
まゆこんぐよりも大きく感じます。

これはエサをあげてるところ
エイは地面にぴったり張り付き
エサを吸い上げるように食べていきます

慣れてくると、どんどん寄ってきます

こんなに大きいマダラエイと
触れ合えるのは僕が知る限りでは
ここだけでしょう

これは見る価値あります。

でも、そんな迫力満点のイケスで
魚には全然目もくれず、ウミウシを探し
に没頭し、アオウミウシに「喜ぶ男」
もいましたけどね。

なんでやねん

結局、トータル1時間近く潜っていた
サンライズっ子たち。

どんだけやねん

一度冷えた体を温めてから、
最後のイルカに乗るプログラムへ

コツメカワウソは
室内にいたので、部屋の中は
獣臭で充満していましたが
かわいいので気になりません。

まずは、乗り方の説明から

YEAH!!

そして、イルカに触りながら、イルカの生態を
お勉強。

まいぷーが「これ○○○?」と
と純粋な質問をしておりましたが
これは男子イルカですので、
「それ」ありません

イルカの背びれにつかまると、
イケスを一周してくれます。


胸のドライバルブが当たらないように
注意を払うまいぷー

きゅうちゃん

でかいからか、心なしか
イルカゆっくり

ウミウシだけでなく、
イルカも好きなんだね
意外

まゆこんぐも
上手に乗れてました。

お腹側にも乗れます。

普段見せないいい表情の
男たち。

イルカに感謝ですね

乗るだけではなく、
ひとりづつ
記念撮影会もありました。

いつも美人なまいまい

うしうしきゅーちゃん

いたずら小僧しろやん

強烈ダイエット中まゆこんぐ

メカニックてるちゃん

みなさん
寒さも吹き飛ぶいい写真に
仕上がっております。

イルカの口の中も触れました。

イルカのおしっこって
食べた魚の水分から出るって
知りませんでした。
海水は飲まないようです。
魚の体液も海水にほど近いような
気もしますが。

最後に、ジャンプしてくれて、
お立ち台に上がってきてくれた
むさしくん

イルカ島サービス良すぎでしょ

ドライ着て、島一周観光(10分)

帰りは、塩湯温泉で
海を見ながら
お風呂に浸かり、
完璧に温まって
スムーズに帰ってきました。

そして、次の日は
大分道、雪でチェーン規制という
この運の良さ!

ちょっと寒いの我慢して
人少ない中、貸し切りで満喫して
ご飯やお風呂の良さを味わうのか
夏、人ごみの中、遊ぶのかは
お好みですが僕は「前者」の方が
いい思い出になると経験上思います。

是非、固定概念を捨てて、
新しい扉を開きましょう

今年こそは

PS:スタッフ紹介更新されましたので
見てね!スタッフ紹介

RIO

イルカと遊ぶ大分温泉ツアー2日目
2017年3月1日

こんばんは。 マエダサチコです。

今日から3月。
また今年も三寒四温繰り返し春になってくんでしょうね。

海況も安定しないし、予測できないことが多くなる春ですが、
これからの楽しみはやっぱファン多きダンゴウオ!
今年はまだ白瀬での目撃情報がないから、明日探してきまーす!!

朝から割とハードに事務仕事をしていたせいか、
今日すごい疲労感。
なので、明日はちょっと白瀬で遊んでこよう♪

さてと。

今日のブログは・・・

ツアーの後半を翔君が投げ捨ててたので、つづきです。

今回のこのツアー、ウッチーが2日前に体調が悪くなり急に来れなくなり、
数名に声をかけるも・・急な呼びかけに人が集まらなかったので
少人数で行ってきました。

私はツアー中、気兼ねゼロで、
誰も付き合ってくれなくても
常にビールばかり飲んでました。
みんな優しいから荷物持ってくれたり
運転してくれたり、
おごってくれたりして、
普通に遊びに行ってきた感覚の2日間にありがたき幸せ。

2日目は結局私のリクエストでサファリパークに来たんです。
サンライズは動物好きが多いから実は最初から
『うみたまご&高崎山』コースか『サファリパーク』に決めていたのだ。笑

うみたまごは最近プライベートで行ったので、
久しく訪れていないここになりました。

到着してサファリバスの時間まで
みんなで不人気エリアのカンガルーを見てきたんですが・・・

これが意外と面白かった。

中に哀愁あふれるおじさんでも入ってるんじゃないかと思えるような
独特な動きも表情も最高でした。

他にもポニーに人参あげたり、

リスザルにヒマワリの種あげたりして

みんな童心に戻って楽しんでおりました。

動物たちには私たち人間を癒してくれる
不思議なパワーがきっとあるんでしょうね。

サファリバスでも餌をあげてきた。

いろんな動物いっぱいいたけど、
一番臭かったのはラクダ。

一番強いのは
ぞうさん。

そいでやっぱり一番男前は、
ライオン。

マーサ姫もメロメロ。

普通の動物園とは全く違う野生の一面を見ることができて
むっちゃ楽しかったです。

そう、この日はノーダイビングデー。笑

最後にワンちゃんの部屋とニャンちゃんの部屋にも行ってきた。

犬派か猫派かよく聞かれるけど、
今回分かりました。

私は猫派のようでした。

楽しい時間をみなさま、ありがとうございました♡

イルカと遊ぶ 大分温泉ツアー 1日目
2017年2月26日

みなさんこんばんわ。

DMのしょーです。

今イルカ島からかえってきてブログを書いてます。

今週末はイルカ島チームと志賀島チームの二手に分かれて遊んできましたよ。

今日は、25、26日で行ってきたイルカ島ツアーのことを書いてくよ。

二日ともずっと天気が良くて気持ちが良かった~~。
風が強くてちょっと寒かったけど、冬の海らしく透明度が高くていい感じ。

8mくらい見えてイルカさんたちもよく見えた

水温も12度くらいで思ったより暖かし。

僕は一度来たことがあったけど、久々にイルカたちを見たらテンション上がりまくり。

今日参加したこの三人はイルカに触れるのも初めてだったから、喜びもひとしおだったみたい。
  

最初のプログラムは、イルカに触れたり、乗ったりできる。

触れると柔らかいゴムみたいな感触。

そして写真で見るとわからないけど、まじかで見ると思った以上に大きくて迫力ある

まーさ緊張してヒレを顎にさしながらの記念撮影。

一緒に泳げばこの笑顔。

イルカに乗ってぐるっと一周できるのだ。

つぼみちゃんだってこの笑顔

つぼみちゃん、小笠原で野生のイルカと一緒におよいだことがあるけど

このプログラムに大満足。

野生が一番いいけど、触れ合えるどころか近寄れないからね

  
 
巨大なトミーだって何のその

でも心配だったのかもう一匹が寄り添って泳いでた


お次はイルカと一緒にスノーケル

思った以上に近くを泳いでくれる。

きゅーきゅー鳴き声を聞きながら一緒に泳ぐ。

泳がなくて漂ってるだけで、イルカの声を聴いてるだけでヒーリング
  

でもこの男はそれだけじゃ物足りなかった

ウエイト巻き巻き12kg。

ドライで無理やり素潜り。

そこまでしたからにはいい写真が取れてるでしょ

どんなかな

まあまあやね。
 

最後はいけすに潜ってシマアジに餌やり

シマアジトルネード

入れば一瞬で視界がシマアジ一色に

僕が来た前回に比べて透明度がずいぶんよかった

冬だけどイケスだから魚は沢山いるし面白かった。

こわがりマーサも積極的に餌やり

最近まーさが変わってきてる。

こわいこわいと言いながらいろんなことに挑戦しているのだ。

ほんとは怖くないのかな。

そんな感じでイルカ島満喫ーーー!

終わった後は、みんなでお花見

九州で一番咲くのが早いという河津桜。

すでに散ってて葉桜になってた。

気分は春。

だけど現実はまだ2月。バリ寒し。

冷えた体を温めにみんなで海のそばの温泉につかりに。

地元の人御用達の知る人ぞしる隠れ湯っぽい温泉「塩湯」

ふろ場の窓を開けたら海が一望できたりして雰囲気むちゃくちゃよかった!

温泉でしっかり温まったあとは塩湯ソフトを食べて、ホテルアズーへ。

一日しっかり遊んだあとはみんなで打ち上げ。

あー楽しかった!!
 
 

みんなからのまだ終わらんのプレッシャーがすごいので今日はこの辺で終わり!

二日目のことは休み明け前田さんが更新しまーす!!

また水曜日~。

初ブログ、初イルカ島
2015年10月9日

みなさんこんにちは。
ダイブマスターのショウです。
今日は、前田さん不在のためブログを書くことに。
ヨガおじさんは海に全然来ないのでブログかけない。

そんなわけで今日は先日行ってきたイルカ島のブログです。
お店から片道3時間ぐらい。
遠い遠いといわれたけど意外と近かったつくみイルカ島。
辰ノ口にいつも行きなれてるサンライズ組にはなんてことありませんでした。

念願のイルカを前にして意気揚々としているみんな。

最初のプログラムはイルカと泳ごう。

素潜りめっちゃ疲れるけどみんな無我夢中で潜ってイルカと泳いでた。

触れそうで触れない距離

めっちゃ近くを泳いでくれるイルカさん。
近くで見ると思ったよりでかくて大迫力。


イルカの鳴き声を聞きながら一緒に泳いで、とってもピュアな気持ちに。
汚れた気持ちが洗われていきます。

みんな素潜り後でぜえぜえ言いながら、次なるプログラム「イルカに乗って遊ぼう」へ
最初にイルカの乗り方など説明をうける。

あんまし話しを聞いていない

写真を選びながら見てるとみんなすっごく楽しそう

みんないい写真がとれてます

自然と笑顔になっちゃう

普段、人間には心を開かないアズーもイルカの癒しパワーには敵わない。

むっちゃいい笑顔。

当然、わたくしも楽しかった。

イルカに乗ったリーマン。

ハシカワさんはほぼ逝きかけてる。

最後はバイバイしてお別れ。

イルカめっちゃ可愛かった。
触るとやわらかいゴムみたい。

ひとりはもう興味なし

イルカとの余韻に浸りつつ、最後のプログラム「生け簀ダイビング」へ

生け簀の中はとにかくシマアジがすごい

エサを抱えてるアズーを囲む大群
ちょっとこわい

シマアジボールになるアズー

シマアジのほかにもおっきなハタとかマンタみたいのとか見れて大満足
いぇい

そうこの日はともさんの150本目のダイブ

シマアジの大群に見守られながらの記憶に残る記念日になりましたね

最後はイルカのショーを見ておしまい。

イルカ島、満喫していただけたんじゃないでしょーか。

なんだか今日はじめてブログ書くのに、はじめてじゃないような気がする。
記憶が混濁してよく分からない。
まあ、いっか。

いまからネモヤンのアドバンス答え合わせ。
なんとか間に合ったかな。
中島さんはいまからヨガでいなくなるみたい。

今日は大いそがし。
がんばりまーす。

しょー

日帰り津久見イルカ島。
2015年2月14日

こんにちは。マエダサチコです。

今年も何度目か分からない店内改装が続いています。

昨日はほぼ一日中ペンキ塗りとシール貼りで両手真っ白になってました。

むっちゃシールとか壁紙貼るのうまくなってるからこのまま内装屋さんに転職しようかな?

ふふふ。

さて。

先日RIOさん&ミホコチームは辰ノ口で講習の日、ワタシはイルカ島で遊んできましたよ。

ここ大分にある、うみたま体験パーク「つくみイルカ島」は九州唯一のイルカと遊べるテーマパークで、イルカと人間の「ふれあい・癒し」をテーマにした体験型施設で、うみたまごと津久見市のコラボレーションにより誕生し、自然の海に多くのイルカたちが暮らしてるんです。
イルカのパフォーマンスを楽しんだり、ふれあったり、イルカ以外の海の生物とも色々遊べるという海好きイルカ好きには外せない極上エリア!
しかも、ここは天候にも左右されず、施設も整っていて年中快適に遊べるから最高。
この日福岡は雨だったみたいですが、ここは風もなく天気も良くて、ぽかぽか。
晴れ女パワー炸裂だね。ふふふ。

イルカだけじゃなくかわいいマゼランペンギンもお出迎えしてくれます。
でもこのペンギン。触るとかまれるので触りたい人は自己責任でどうぞ。笑

ちょうど私達がお邪魔した2/11は、館内メンテナンスの為1ヶ月間休館中の時期で、広いエリアぜーんぶ貸切させて頂けました。

尚且つ、私達の為にお土産やさんや食堂も営業してくれているという贅沢な環境。

そして、この日のプログラムは3つ。

先ず最初のプログラムは魚いけすにダイビング。

普段はなかなか出来ない経験ですね。

ジャイアントストライドエントリーで入ります。

練習にもなっていいね。

中に入ると凄い数のシマアジ。

やまちゃんもその数にビックリ!

透視度7~8m。

水温13℃。

水深は10m。

魚の数何千匹。

はじめに白い筒状の入れ物に入った餌用の魚の切り身をくれるのですが、、、

シマアジが凄い勢いで餌箱めがけて向かってきます。

一瞬でのみちゃんがシマアジに囲まれる~~

その様子をGoProにおさえようと奮闘するいとやん。

迫力の画が撮れたかな?

あかねっぽは餌を奪われないように両手でしっかりと守ってました。

ちゃんと餌あげたかな?

シマアジの他にもこのいけすの中にはカンパチなどの青物やマダイ、イシダイ、マハタも泳いでいます。

マアジやカマスも群れててあっと言う間の40分。

ワタシは見てないけど2mほどの大きなホシエイも1匹居たみたいで、のみちゃんだけが『マンタマンタ』言ってたんで、今度来た時はワタシも見逃さない様にちゃんと隅々まで観察しようと思います。

続いてのプログラムはイルカいけすでスノーケリング体験。

かなり近くでイルカと一緒に泳ぐことができるというエリア。

ここのエリアで泳ぐイルカは、ショーなどで芸をするイルカや体験コーナーで人間と触れ合うといったトレーニングはしていないので、野性にとても近い状態のイルカ達だそうです。

3匹のイルカ達の声を間近に聞きながら飽きるまで遊ぶことができます。

目が合って自分の方に向かってくると一瞬怖いくらいの迫力があります。
でも、さっきの水槽で見た無機質な魚とは全く違うこの哺乳類らしい温かみがなんともいえないんですよね。

そして、至近距離で見る表情と優しい目に癒されます。

ドライスーツのシーズンなので、深くに潜れないのがもどかしくてもどかしくて~~~

今度はウエットスーツのシーズン9月くらいにまた来ようと計画していますので、日程はサンライズのHPかカレンダーでチェックしてね。

そして、いよいよ最後のプログラム。

お待ちかねのイルカとのふれあい体験タイム。

バンドウイルカのあけみちゃんを優しくなでなで。

同じくあけみちゃんにハグ。

こちらはバンドウイルカの小次郎君。握手してくれます。

他にもイルカの口の中を触ったり餌をあげたり、他ではなかなか出来ない体験ができます。

インストラクターさんにイルカへの上手な乗り方を教わり、

湾の中をヒレにつかまって短いイルカクルージング。

GoProを頭に装着したいとやん、いい画が撮れたとご満悦。

のみちゃんも嬉しそう。

色々あったけど、来てよかったね。

イルカが好きで獣医を志した動物大好きやまちゃんは

イルカ乗りをやめへんでぇ~~~と、はしゃぐ。

そして、最後はあかねっぽ。

あけみちゃん、なぜか妙に大回りになり、

凄い勢いで泳ぎだし、あけみちゃんに載ったあかねっぽは息が出来なくなり、鼻から大量の海水を飲む羽目になった様です。

最後はお世話になったあけみちゃんと小次郎くんにバイバーーイしてお別れ。

色々トラブルもあったけど、みんな楽しんでくれたので、、ワタシも楽しい1日を過ごせました。

やっぱりダイビングって誰と潜るかがとても大切だなーっていつも思います。
ダイビングだけに言えることではなくて、食事なんかも同じかな。
どんなに高級で美味しいものを食べても、一人だと寂しいし、美味しさ半減しますよね。
キライな人とならどんな美味しいものでもむしろ食べたくないけど、好きな誰かと一緒ならたいして美味しくないものでも妙に美味しく感じたりすることありますよね?
ダイビングも同じで、透視度がむっちゃ良くてマンタが何枚も出て珊瑚がきれいで暖かい海だとしても1人だとなんか寂しいんですよね。
感動ってやっぱりその瞬間に一緒だった人と共感したいんですよね。
ダイビングって言っても仲間と行く旅は海だけじゃないので、海だけ共感した仲間よりも、道中のトラブルなんかも含めてみんないい思い出になるし。
過去に行ったダイビング先なんかも、まず思い出すのは海の中がどーだったかって言うよりも、不思議と私はその時誰が一緒だったかとか、仲間と起こった出来事なんかが先に頭に浮かびますもんね。

人との繋がりの深い仕事に就けて良かったので、やっぱり内装屋さんへの転職はやめることにしておきます。笑

九州福岡天神にあるフリーダイビング・素潜り・スキンダイブ・スキューバダイビングのプロショップ。
    ダイブショップサンライズはダイビングブログランキングに挑戦してます!!
             応援1クリックお願いします!!!!
                  ↓ ↓ ↓ ↓
                
       やまちゃん、ちゃんとこっちもポチッとしてね!!
                  ↓ ↓ ↓ ↓
                にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

Page 1 of 212

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧