ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • サンライズについて
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

3/4 出雲大社ワークショップ★その弐
2018年3月9日

この日は、寝るのが早かったせいか
すっきりと朝7時に起床。

お土産屋が開店まで
朝のお散歩で
大国主さんに会いにいくことに。

カラっと晴れた、出雲大社は
気持ちよさ日本一レベルです。

すると、祓の社の前に鳩がいました。

「神の使い鳥」に見えます。

ここにいると、普通の鳩に見えません。
エサ食べているだけなんですけどね。

朝に見ると、白兎もなんだか
かわいい

たれ耳の白兎も発見

たれ耳の兎って、品種改良された
兎なので、この時代にはいませんが
かわいいのでOKです。

朝のご挨拶と共に
参拝を済ませたら、出雲大社の
周りを散策。

快晴の空は歓迎されているかの
ようでした。

あと、3日早くに来てたら
春の嵐で参拝どころでは
なかったでしょう。

出雲大社を東に出ると、
江戸時代の雰囲気

フォトジェニック

そして、門をくぐり、中に入ると、

滝がありました。

ここは、出雲教と呼ばれる神道教団の
敷地でした。
色んな教団があるものです

そこには、スクナヒコさんを祀った
神社もありました。

「常世の国」すなわち、極楽浄土から
やってきた一寸法師のモデルです。
有名な神様に出会えてラッキー

時間がなくなってきたので、
出雲大社に戻り、宝物殿を
急ぎ足で見ることに

昔の出雲大社は東大寺の大仏殿45m
よりも大きく、48mもあったとは
驚きです。


出雲の神様ありがとうございました。

朝の散歩が長くなりすぎたので
ちょっと急ぎ足で出雲大社を後にして、
日本海を北上

海岸線には磯釣り師が
たくさんいました。

ちょっと止めて
撮影タイム

暑くもなく寒くない気候は、
どうしても、寄り道が多くなりがちです。

対馬暖流とリマン寒流の影響受けた海

知らない生き物たちと出会うには
「潮」が大きく影響しますから
ここだと面白い生物に出会えるかもしれません。

1泊ではなく、2泊3日くらいで潜りにいって
みようか思案中です。
なにせ、7時間ですから

そして、日御碕灯台に到着

西日が有名な場所ですが
東日でも綺麗です

1903年に設置された高さ43.65メートルの灯台は、
世界の歴史的灯台百選と国の登録有形文化財に選定されました。

松並木の遊歩道

大将さんTシャツってw

ウミネコポーズ

にゃ~~

パーカーで歩くと、汗がでるほど
暑かった

今は、ほとんどみない公衆電話
灯台風

ここで長電話したら汗だくです。

日御碕灯台から
下に降りていくと
日御碕神社

この神社は
出雲大社の「祖神(おやがみ)さま」として
崇敬を集めています。

下の本社/日沈の宮 天照大御神
上の本社/神の宮 神素盞嗚尊

そこで、こんな絵馬を発見

これって、つぼやんが書いたんじゃないの
って、現地から本人に確認しましたら、
違いました。
絵馬は誰かに読まれれば、読まれるほど、
願いが叶うと言われていますので
あえてご紹介してみました。

そして、一行は南に南下し
山の中へと入っていきます。

目指すは、須佐神社

そう、あの有名な
スサノオさんがいらっしゃる
神社です

向かいには、
天照さんもいます。

スサノオさんがいるから、地名が須佐

ちょっと出雲大社に似ています。

建物の雰囲気も似ています。

スサノオさんが、ここは狭いが
いい土地だから、ここに住もうと
決めた理由がわかりました。

この辺一帯が気持ちのいい
清々しい空間でした。

須佐神社の向かいの
食堂で、出雲にきたので出雲そば(鴨入り)

甘い醤油かけて食べる変わったアイスもありました。

この時、すでに13時30分。
14時には出雲を出ようと決めていましたが、
店長がどうせなら「世界遺産の石見銀山に行きたい」
と申しましたもので、ここから1時間ほど
山道を西に走り、14時30分に石見銀山到着。

いえ~い

観光案内の人に1時間では回れないかもと
言われましたが、そんなの関係ないサンライズ

来てしまった以上、見ることにするのです

電動自転車でかっ飛ばし

ひとつめの名所

20億かけて作ったはいいが、
「銀」が出なくなり、1年半でつぶれた
悪夢の精錬所跡地。

登りましたよ一応

感動レベル2

そして、いよいよ
銀山発掘跡地へ
大将さんTシャツってw

中の気温2℃だからねw

掘った場所のことを
「間歩」といいます。
地道に手作業で一日30センチほど
堀子さん達が5時間交代で掘り進めたそうです。

ライトアップされている場所には
コケが生えていました。

進んでいくと、機械で掘られた
場所が出てきたので、間歩の良さが
半減しました。

やはり、手作業だったころの
職人たちの「気」が残っているから
いいんでしょうね。

そのかわり、こうもりが
寝ていて、びっくりしましたが。

結局、この石見銀山は下に掘っていった際に
熱水つまり温泉が出てきたので、危険と
判断され、閉山となりました。

そして、どこが世界遺産かというと山、
村など、ものすごい広い場所が登録されています。

赤いところ全部ですから
かなり広大ですよね。

周りには、掘りかけてやめた
間歩がたくさんあったり、

江戸時代から残る民家があったり、

めちゃ重い鉱石持たせてくれたり、

古い街並みを観たりしているうちに、

遊びすぎて、17時を回ってしまったので、
諦めて終電に間に合えばいいという
低い目標で帰ることにしました。

福岡には23時前に着いたので
よしとしましょう。

店長が、石見銀山から高速乗るまで
ふじこが、中国自動車道を
僕が、九州自動車道を走破して
帰ってきました。

運転おつかれさまでした。

ハイエース兄さんが初めて
遠出した今回の旅。

2018年は大国主さんを始めとする
出雲の神様たちに守られながら、
サンライズがどんな風な1年を過ごしていくのか
「いい結果になる画」しか浮かびません。

みなさんご期待ください

そして、一緒に参加してくださった皆さん
ありがとうございました。

必ずやいい年になると思います。

RIO

3/3 出雲大社ワークショップ★その壱
2018年3月8日

昨日は、帰ってくるのが遅くなった
うえ、ONI打ち上げ開催で、
ブログどころではありませんでした。

雨の一日、鳥の鳴き声と共に
ゆっくりと書いていきたいと思います。

出雲大社までは、車で「7時間」と
海外に行くのと変わらない
時間を要しますので、ふじこにも
運転のお手伝いをしてもらいました。

行く道中の山々では、雪景色の
もあり、冬の名残をじっくり見ること
ができました。
ありがとう。

14時過ぎに出雲に到着。
今回の宿は、出雲大社のおひざ元
しかも、サンライズにちなんだ
「日の出館」
建物を国登録有形文化財に指定されてある、
風情のある宿でした。

チェックインを済ませて、
表の通り「神門道り」を5分歩くと
そこは出雲大社。

すでに15時をまわっていましたが、
多くの参拝客でにぎわっていました。

ちょっと珍しい「下り坂の参道」を歩いていきます。

途中、祓社(はらえのやしろ)で禊をしたら、
今度は、松の参道を歩いていきます。

トータル500mほど歩くと、手水舎があり、
社に入ることができます。

風水的にも完璧に作られている
出雲大社は圧倒的なエネルギーを
感じます。

大綱があるところは、「拝殿」で
祈祷や神事が行われます。

お参りは後回しにして、
御守り所が16時30分で閉まってしまう
ので、先にお買い物。

僕は、御霊串、生弓生矢、お守りと
置く場所に困るようなお札を何枚も買ってしまいました。

そして、おみくじは吉や凶といったランク付けはなく
アドバイスがあるのみで、わかりやすいのが
特徴です。

そして、拝殿の後ろにそびえる「御本殿」で
ご参拝。

出雲大社は「2礼、4拍手、1礼」と
普通の神社とは違います。
実は、どの神社も独自の作法がありました。

しかし、明治以降、全て「2礼、2拍手、1礼」に
統一されてしまいましたが、一部の神社には
昔からの伝統が残されています。

神様とのご縁に感謝し、「神恩感謝」
すなわち、神様のご発展を祈る
これが最高の祈りです。
「分け御霊」である我々は
神様の発展を祈ること、すなわち
自分の発展を祈ることと同じ。
神社とは「自分と向き合う場所」なのです。

そして、16時30分に閉まってしまう前に
大社の周りにいらっしゃる神様への参拝ルートを
出雲に何度か来ているうっちーにお願いしました。

10月(神無月)に、八百万の神が
集まる社が西側と東側に19社づつ
計38社ありました。
出雲では10月は「神在月」と呼ばれる所以です。

ご本殿の真裏に鎮座するのは
大国主さんのお父さんの
「素戔嗚命」を祀った社です。

後ろから、支えている感が
半端ではありません。
こんな力強い神社なかなかありません。

スサノオさん素敵です。

その後も、丁寧に全ての末社、摂社に
お参りしました。

そして、ご本殿の内部では
神様は西側に向いているので、
西側に揺拝所が設けられています。

そこで、参拝終了、帰ろうかと
していた時、「祈祷」とインスピレーション
を受け、仮拝殿の受付に一目散に駆け込みました。

僕は商売繁盛、うっちーは神恩感謝と会社発展を
祈祷してもらうことに。

連れの方も全員入っていいとのことで
みんなで僕らの祈祷見学となりました。

そして、八足門から大社に入れてもらい
最後のご参拝。

ちなみに、首からかけているのは、
正装の印になります。

4枚目のお札も頂き、大満足でした。

ところで、大国主さんといえば、
因幡の白兎のお話が有名ですが、
白兎があちこちにたくさんいるのが
癒されポイント。

白兎と大国主さん

大国主さんをぽってりお腹の「大黒様」と混同
している方もいますが、実は超イケメンで
超優しい、バックパッカーな神様なのです。

そんな「もてる」神様が
日本の国造りをしてくれたわけです。

帰りは、観光がてらに
写真タイム

鳥居を出ると、綺麗な神門通り

曇っていたのが、嘘のように
晴れました。

神門通りのお土産屋。
出雲は箸が有名です。
これは「撫で箸」

スサノオさんが、「高天原」から出雲の地に
降り、川の畔を歩いている時に川面に
流れる「お箸」によって導かれ、
イナダヒメと良縁を結んだという神話に
基づいています。

神門通りから一度宿に戻った一行は
神様のパワーを馴染ませるために、
直会(食べ物)を買いに行くついでに
観光にも出向くことにしました。

ここは大社駅
今は使われていませんが、
国の重要文化財に指定されています。

駅舎は明治45年(1912)に国鉄大社駅の開通により開業され、
大正13年(1924)2月に新たに改築されました。
出雲大社の門前町にふさわしい、純日本風の木造平屋建てで、
和風趣向の際立つ建物です。
JR大社線は、平成2年(1990)3月31日に廃止され、
その後旧大社駅舎は平成16年(2004)国の重要文化財に指定されました。

こんな風に昔は切符切って
ましたよね。

風情があります。

日が暮れるまで遊んだら、
日の出館ファーストクラスの
お食事のお時間。

こんなにタンパク質食べれないって
誰かいってましたが、タンパク質は
そんなに食べれるもんではありません。

お腹にいっぱいで、すぐ眠くなりましたが
1時間ほど、気功や神道のお勉強して就寝。

出雲大社のブログ書いてると
もう一回行きたくなりました。

続きはまた明日。

RIO

3/3~4 出雲大社ワークショップ予告編
2018年3月6日

気功と瞑想が大好きな僕は、
もちろん神社も好きなのですが、
今回、サンライズ初のスピリチュアルなワークショップ
リトリートツアーをD-PASS企画で開催しました。

「古事記」を読んだ方はわかると思いますが、
あの「大国主命」を祀っている神社
それが、「出雲大社」です。

古事記の中で活躍する大国主さんは
とても魅力的な人物です。

ところで、
世界最古の人類は「日本人」であり、
アフリカから派生した「人類」とは
DNAレベルで違う人類なのですが、
そのアフリカから派生した(野蛮)な
人類が、日本人と混血となり、途中から、
古事記を天皇の家系図のように
書き換えてしまったのも事実。

日本人と同じDNAを持つのは
チベットの人たちや一部のユダヤ人です。

そして、古事記の話は世界各国似たような
神話が存在します。、

ですので、映画を作る際に、
神話を混ぜるとヒットするという
法則が存在します。

それだけ、人類にとって神話は
ひとつの真実であり、ひとつの事実。

そんな神話に思いを馳せながら、
このブログをゆっくり時間を取れる時に、
書いていこうと思います。

RIO

12/9 ストレスを解消し潜在意識とつながる海岸歩きメディテーション
2017年12月12日

サンライズでは、海での瞑想、
神社への正しいご参拝方法などを
行い、ストレス解消、運気アップ、
アイデアが湧き出るワークショップを
はじめました。

そんな、新しい試みに選んだ
場所は東区「奈多海岸」
でしたが、強風のため変更を
余儀なくされました。

砂ぼこりで瞑想どころではありませんしね。

そこで選んだ場所は
最近、世界遺産登録をされた
「筑前大島」へ決定。

ちなみに、

沖ノ島
沖津宮の「田心姫君(タゴリヒメ)」

筑前大島
中津宮の「湍津姫君(タギツヒメ)」

宗像大社
辺津宮の「市杵島姫君(イチキシマヒメ)」

の三女神は素戔男(スサノオ)がたばさんでいる剣を天の真名井ですすぎ、
口で噛みくだいてキリとして吐き出して生まれたといいます。

沖ノ島と宗像大社の
中間にある筑前大島に
行くには、「神湊」と
よばれる港から出発します。

少し雨がぱらついていましたが、
そこまで寒くはありませんでした。

片道560円の
フェリーに乗り込みます。

嬉しそうな4人。

20分くらいで到着です。
お兄があらかじめ調べておいてくれた
レンタル電動自転車を借りて、いざ出発

大島は「うみんぐ大島」という海洋釣り堀を
数年前に立ち上げて、釣り人が増えた島ですが、
この日は参拝客の方が圧倒的に多かったです。

意気ようように出発したと思いきや、
すぐ休憩したがるサンライズ一行は、
港から1分の定食屋さんで腹ごしらえ開始。

休憩大好き!

ゆっくりご飯を食べた後は
港のすぐ近くにある
中津宮「湍津姫君(タギツヒメ)」を
おとずれることにしました。

ここは七夕伝説発祥の地とよばれており、
「天の川」という川が流れていました。

川をはさんで牽牛社と織女社があります。

上までいくとすべりそうだし、
雨も降っているのでここでご参拝

織女社

ちなみに隣の道をはさんで
彦星様がいらっしゃいます。

中津宮をご参拝した後は、
すべての摂社と末社も丁寧に
お参りさせて頂きました。

これはご神木。

そして、神社の奥から降りていける
「天真名井」とよばれる
神々が使われる尊い水を
飲める場所におにいが案内してくれました。
おにいは神社と神様に詳しいのです。

水は軟水で飲みやすかったです。


ここはいるだけで
パワーをもらえます。

ここで、ちょっとだけ大周天を
行い、チャクラの流れを
きれいにし、言霊で
オーラを浄化しました。

ふつうに生活しているだけで、
どんどん汚れていきますからね。

その後、自転車で島の反対側へ移動です。

粟国島を思い出します。

島の反対側へは
8分で到着。

透明度がいい水深5mくらいの遠浅の
海なので、サーファー好みのいい波が
たっていました。

沖合には「沖ノ島」が見えていました。

今でも熱帯魚がいそうな海です。

ここには、簡単にはいけない沖ノ島に
ある、沖津宮「田心姫君(タゴリヒメ)」
を参拝できる、遥拝所があります。

その裏にある岩に石を積むおにい

とにかく石が積めるところがあれば、
積んでみる癖があるようです。

他にも観光スポットはあるようですが、
まだメディテーションをやっていないので
する場所を見つけることにしました。

なにせ、船の時間が1時間を切っていました。

風が当たらず、砂浜と言えば港の近くの
「小夜島」に決定。

しかし、この時すでにフェリー時間は
残り30分弱。

まずは、気功呼吸した後は、
「歩き瞑想」

「三密」を意識をして瞑想状態へ

止まって、「立禅」

站椿功(タントウコウ)です。

帰りも歩き瞑想

最後に収功して終わり。

ここまで、約15分。

短かっ!!!!!

おにいが最初の定食屋でビール飲んだからや!
(ちなみにおにいがこの辺の写真撮って
くれました)

でも、うっちーもとみーもみかさんも
短いながらも瞑想状態を味わえて
気持ちがよかったそうです。

よかった よかった

ダッシュで自転車こいで、
港に戻り、チケット買って
ギリギリセーフ。

短い時間だったけど、
ツアー気分を味わえました。

帰りに、3女神すべてに
挨拶をしたいので、
宗像大社へ

ここの手洗い場はひしゃくが
ありません。

無事参拝を終えると、

最後は、沖ノ島の国宝が無数に展示してある
神宝館へ

閉館まで見て回って最後の
お客さんになりました。

丸一日、スピリチュアルを満喫して
私ちょっと「神様酔い」したので、
珍しく東区の普通の居酒屋さんで
打ち上げに行きました。

そして、20時に
うっちーだけ連れて、
天神に戻ると
次の日の表彰会の準備に
終われ、おそーくまで
お仕事なのでした。

今回、初めてやってみて
思ったのは、普通にこれ
単体の日帰りツアーや
宿泊ツアーもありだなと
いうことです。

海に潜る我々ダイバーは自然との相性が
悪かったり、運が悪ければ「万が一」も
ありえますので、やはり
「自分も世界も整える」必要があります。

しかも、自分と世界を整えれば
普段の生活そのものがよくなっていきますので
是非皆様にも参加してもらいたいです。

1月は「出雲大社メディテーション」
1泊2日を予定していますので、
興味のある方はご検討くださいね。

もちろん、「ただ飲みたいだけ」
の方もご参加お待ちしております。

瞑想と気功をおりまぜ、スピリチュアルな
世界へといざないます。

ちなみに
1月はイルカ島ツアーも開催予定ですよ

RIO

Page 1 of 11

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧