ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • サンライズについて
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

11/29 みんなで海に潜ろう!WITHカジキ&渡り鳥
2017年12月1日

今日から寒くなるようですが、
体調など崩されていませんか?

朝起きたら、喉イガイガみたいなことに
なると、朝からテンション下がりまくり
ですよね。

喉が痛い時に飲むお薬で現在、
市販薬で一番効くのは「ぺラックT錠」
だと思います。

以前、しょーくんに聞いて、飲んでみたところ
即効性が高く、かなり効き目高いように
思います。

その前に、風邪をひかないようにするための
予防が一番なんですけど、
とりあえず、どうにかしたい時は
いいと思います。

さて、今日ミサイル警報の災害メールで
起こされましたが、よく見ると、訓練でした。

睡眠を邪魔されないために、
ミサイル警報メール鳴らない設定を
誰かにやってもらいます。

うるさいだけで意味のない警報メール嫌いの
わたくしが11月29日に潜った
志賀島の様子をブログに綴りたいと思います。

この日はDM候補生おにいのガイドでした。

しかし、DM候補生でありながらおにいは、
朝の4時まで飲んでたらしく酒の匂いプンプンで
30分遅刻してきました。

白瀬に着くなり、すぐに「うんこタイム」で
お客さんがおにいを待っているという状態。

そして、ブリーフィングはタバコを吸いながら
上司が部下に伝える業務連絡のような
雰囲気です

あの~ひとりお客さんに尻を
向けてますけどそんなのお構いなしです。

そんなめちゃくちゃ自由すぎるDM候補生を
笑顔で受け入れるサンライズカスタマーは
人としてのレベルが高いのでしょう。

むしろ、その雰囲気を楽しんでいるようにも
みえましたから。

さて、ガイドはというと、

ブリーフィングで言っていた通り、
P4に向かっているようでしたが、

P3にたどりつくも
このブイの存在を
知らないご様子でした。

そこから、北東に方向に進み、
P4を通り過ぎ、よくわからないがれ場に
着くと(ソラスズメダイはまだ健在)

迷ったみたいで、結局時間切れで
引き返すことになりました。
(すでに、この時40分を過ぎていましたし
ウエットスーツダイバー水ちゃんが寒いし)

そういえば、ともきがつけた
手首バルブいい感じでしたね

小さいバルブは手をあげた
時に勢いが良すぎると、手首から
水が入ってくるのですが、
大口バルブなので水は入ってこない
ようです

肩から移動させるのは、無料です
(このサービスはMOBBYSさんだけです)

どんどん進化するドライスーツでもっと
ダイビングを身近にそして、季節を問わずに
遊べる趣味にしてほしいですね。

僕は夏の生ぬるい水温より、
顔がひんやりして潜ってる実感が
高い秋から冬の方が断然潜っていて楽しいです

そして、浅瀬にたどりついてあがってみると

きれいな渡り鳥が岩の上にいました。
(名前は知りません)

都心から40分でこんな自然が
満喫できる福岡って素晴らしいのです。

しかも、海岸には2mを超す「マカジキ」
の死体も転がってました。

みずちゃんの体よりも
はるかに大きいマカジキ
英名「マーリン」
推定80キロ

トローリングで釣れるとは
聞いていましたが、死んで間もない
ところを見ると、この近くまで泳いできていた
のでしょう。

志賀島は大自然なのかも
しれません。

葉山さんの話によると、
昔、白瀬沖の定置網に
ジンベエサメが2回かかったようです。
でも、大きすぎたせいで
水族館で飼えなかったようです

そして、その大自然を一番感じる季節は
やはり冬のように思います。

そして、2ダイブ目は
僕はともきのドライSPの講習。

ぬふ

いえーーい

とことこ

ぱしゃぱしゃ

ふわふわ

何をしていたのかは
ご想像におまかせします。

P4でおにいグループに
合流しました。

そこで、おにいから
オトシゴを見せてもらいました。

常日ごろ、俺は見つけることはできんと
豪語しているおにいでしたが、やればできる
男なのです。

めぐちゃんも

ともきも

いい写真を撮ろうと、
オトシゴを追っかけまわし

戦火を逃げ惑う幼子のように
岩の間に隠れようとしていました。

オトシゴにこそ、警報メールですよね

人間が来たら、教えてくれるオトシゴ専用
スマホを持たせてあげたら、随分暮らしやく
なるんではないでしょうか

そうしたら、今度は人間がもっと新しい
装置を考えて追っかけ回すと思いますが。

人間もナチュラルな警報装置
「虫の知らせ」機能をもっているのですが
いかんせん使っていないので、
随分退化してしまっていますから
文明に頼るしかありません

僕は、最新と最古をいったりきたりする
「反復横跳び」のように生活することが
ベストだと常々思います、このまま
いく人間はどんどん退化の方向に
進んでいくのではないかと思います。

そして、
最後は、カニを見てP4を後にしました。

ちょっとガンダムを思い出しました。

おにいの行動はめちゃめちゃでしたが、
「おにいの適当な世界観」で
楽しむことができました。

これからも適当にそして、
自由にディスられながら頑張ってくださいね。

帰ってきて、近くの居酒屋でおにいと打ち上げして
僕は23時ごろ帰りましたが、
おにいは飲み足りなかったらしく
地元で4時まで飲んだようです。

おにいの飲みに対する執念は半端ではありませんね

この健康第一主義時代において、
体よりも、「楽しさ」をとるこの姿勢こそ
実は新しい価値観なのかもしれません

長く生きてもそんなに楽しいこともないのなら
めいいっぱい楽しんで、さっとこの世から去る

再思考する必要がありますね

RIO

11/26 ただいま白瀬!みんなでフォトダイブ!!
2017年11月26日

みなさんこんばんわ!!

DMのショーです。

昨日GUAMツアーから帰ってきましたーー。

念願のブルーホールに潜ってきましたよーー!!

早速GUAMブログを書きたいところですが、今日行ってきた志賀島のことを書こうと思います。

かなり久しぶりに来た白瀬は凪でした。


荒れてなかなか潜ることが出来ない冬の白瀬ですが

潜れた時は透明度が大体良いです

今日も7m近く見えておりました。

水温は16度。

GUAMは30度あったので、そのギャップに驚きましたが

変わらない白瀬にホッとしました。

ツアーの後はいつもここのメバルの群れを見たくなります。

ホームグラウンドがあるっていいですね。

久々の白瀬はウミウシ天国でした。

前田店長のガイドで100個体は見せてもらいました。

透けた触角がSo cuteなミツイラメリウミウシ。

店長のFavoriteウミウシでございます。

今シーズン初のアカエラミノウミウシ。

冬の定番サキシマミノウミウシ。

いつ見てもこんがらがってるサガミミノウミウシなどなど

冬の訪れとともにミノウシがわんさか姿を現しておました。

中でも数が多かったのがムカデミノウミウシ。

まだ体に毒素を貯めていない若い個体や

人差し指大の大きな個体まで20個体以上は見たんじゃないでしょうか。

例年こんなに見なかったと思うのですが、今年はムカデミノの当たり年なのかな。

シーズンごとに見られる生物が違うのが面白いよねとナベさん。

久々の志賀島、たくさんのウミウシの写真を撮れて幸せそうでした。

ウミウシもたくさん見れましたが、今日はタツノオトシゴも複数個体みれました。

いつものところに黄色オトシゴ。

おしゃれ柄白オトシゴ

2匹目の近くにはもう一個体!!

全部で三個体も見れましたよ。

オトシゴ大好きなめぐちゃん。

今日初おろしのRGBlueで嬉しそうに写真を撮っておりました。

りなぞうも色んな被写体を撮れて楽しそうでした。

とっても小さいヒロウミウシや

ひょっこり顔をだしてたハオコゼをキレイに撮ってました。

意外に上手でビックリ。

そんなこんなでフォトダバー三人でわいわい楽しく写真を撮ってきましたーー。

今日の写真総数、500枚!!

撮ったねーーー。

冬のウミウシがいっぱい出てきてて楽しかったーーー。

次はいつ潜れるかな。

それではまた休み明けに。

11/22 いい夫婦の日に仲良しこよし
2017年11月22日

今日から土曜日まで僕一人の勤務が続きますが、
明日は店休日です。
誰もいませんので、ご注意を。

さて、今日は「久しぶりに潜れる志賀島ダイブ」
ということで、TG-5にフラッシュを2灯装着して、
「カニ」のようになった、カメラを
持って潜る予定でしたが、TG-5の「ハウジングだけ」を
店長がGUAMに持っていってました。
(しょうくんのTG-5のハウジング故障のようです)

ですので、TG-1につけるかどうか
迷いましたが、TG-1につけてもそんなに
写真の出来映え代わらなそうだし、
荒れてそうだし、持っていくのをやめたのでした。

そして、今日はまーさとめぐちゃんと二人だったので、
黒瀬に変更したのですが、

めっちゃカメラ日和でした。

ぶくぶくぶくぶく

水温17℃で透明度8mと
これまためっちゃカメラ日和でした。

潜ってすぐから、これがめっちゃ
おりました。

写真映えするウミウシの代表です。

これもおりました。

ミノウミウシ達が探さなくてもめっちゃおりました。
しかも、透明度いいのでキレイに撮れます。

これに夢中になっていると、あっという間に
1本終わってしまいそうなので、
移動することに、

すると、極小サラサウミウシ発見しました。(まーさが)

かなり、小さいですが拡大するとわかります。

ウミウシはどれも似ているようですが、
実は違うのです。

同じ種でも、微妙にかわいいやつと、かわいくないやつが
います。

ご覧の通りこれからもっとウミウシ増えますよ

久しぶりにみたアオウミウシさんも
まだまだ子供。

ミツメイラウミウシさんも
まだまだ子供。

でも、シロウミウシさんはもう大人。

ウミウシばかりでもなく、
タツノオトシゴさんも発見しました(めぐちゃんが)

「赤」は志賀島では、なかなか見れない
ので、きれいに撮りたかったのですが、
何せカメラはTG-1ですので、ピントが
なかなか合いにくいのでした。

あとは、マツカサウオもいました。

これも撮ってみたかったですね。

まーさもスレートを使いながら楽しくついてきていました。
ノーカメラなので、100本過ぎたら撮ってもいいかもね。

めぐちゃんもまーさも寒さに負けずに
志賀島黒瀬を満喫したのでした。

冬にかけて、ウミウシ天国になる志賀島は
フォト天国と化しそうです。

カニカメラ修行ダイブ
楽しみですね。

次回のサンライズブログは明後日更新です。

RIO

11/10 志賀島でアドバンス講習。
2017年11月10日

こんばんは。マエダサチコです。

昨日は荒れて潜れなかった志賀島ですが、

今日はなんとか潜れそうだったので健太郎さんと2人で行ってきたんですが、、、

まぁまぁ荒れてました。。。

しかも、うねる浅瀬は4mくらい見えたけど、

沖に行くと1mくらいしか見えないという・・・

なんともダイビングに適していない海況でございました。

そんな中、健太郎さん初のドライスーツに浅瀬ではかなり悪戦苦闘。

深くなると徐々に操作や動きにくさにも慣れて

じっくり魚の観察をしとりました。

玄界灘の強くたくましい魚たちを覚えてくれたのでよかったです。

こいつはたくましいのかな。

今年はやたらとムカデミノウミウシが多い気がします。

キレイなのか気持ち悪いのか謎の生き物。

明日からまた志賀島クローズで、週末は辰ノ口です。

シロハナガサウミウシとコイボウミウシを見てこようかな。

11/8 おにいガイドの志賀島フォトダイブ。
2017年11月8日

こんばんは。 マエダサチコです。

明日は北風びゅーびゅーでクローズですが、

今日は潜れました、志賀島白瀬。

行ってきました。

友樹もついにドライスーツデビュー。

ドライスーツ講習はDMおにいが担当。

おにいはスレートを何度も使って丁寧にわかりやすく講習をしていました。

その頃、私とめぐちゃんは昨日習った知識を忘れないうちに写真を撮りまくりました。

リングライトや高級ライトRGBLUEを使わせてもらいました。

水温は20度を切り、かなり海水が冷たく感じましたが、

写真を撮ってると時間が経つのがあっという間ですね。

陸上と水中では環境が全く違うので

上手に写真を撮るの難しいな~と改めて感じたいちにち。

ヨウジウオ。
ピントはバッチリだけど、構図が全く決まってない。

シロウミウシ。
かわいい個体なのに、光の当たり方悪し。

クロヘリアメフラシ。
いい構図だけど、被写体として映えない。

アオウミウシ。
なんか寂し気。

同じサキシマミノウミウシも写真の撮り方、光の当て方で全く違う印象になりました。

きりっとシャープ。

ふんわりやわらか。

ムカデミノウミウシは、
毒々しくも

お上品にもなるのね。

難しいし奥が深い。。。

まだまだ勉強と実践が足りませんなぁ~

あと、今日はDMおにいがガイしてくれました!!

ちょうど狙ったところに出たみたい。

さすが白瀬を愛した男は違うね。

生物も探してくれました。

おにいはウニとサザエが得意分野。

やっぱりウニ。

しかもおいしい赤ウニを教えてくれました。

あとウミウシも。

でも名前が分からないらしい。

見てみよう。

これウミウシ・・・・・?

Page 1 of 22123451020...Last »

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧