ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • ダイビングを体験しよう
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

2013年潜り納め。
2013年12月30日

こんばんは。 マエダサチコです。

今年も明日で終わりですね。

サンライズはあと1時間ほどで年内の営業は終了です。

と、いう訳で、2013年最後のブログは、今年最後のダイビングとなったサンライズ初の淡水ダイビングの様子です!

透明度50メートル、水温18℃と言う甘い言葉につられてやってきたみんな。

潜り納めということもあったし、たくさんの方に参加していただきました。

ありがとうございます!!

が、しかし。

イメージとはちょっと違っていて、

潜る場所はここ。

結構住宅街の中でした。

熊本よかよかダイビングサービスの中野さんのガイドで早速潜ることに。

水温18℃は、玄界灘育ちの我々にはかなり温かいし、透明度50メートルも真実でしたが、

とにかく浅い!笑

ウグイや鮎などの淡水の魚も結構泳いでいるのですが、

とにかく浅い。笑

中野さんいわく、

何でも今年はこの『オオカナダモ』の発育が良すぎるらしいのです。

なので、最大水深2メートルきります。

浅すぎて物足りない方も居たかもしれませんが・・・

せっかくはるばる来たのだし、楽しまなくてはもったいないというのが、ワタシの考え。

探してみると小さなエビやカニがさわさわ歩いていたり、

蛍の大好物のキレイな水にしか生息しないカワニナという貝の仲間が居たり。

メバルに似た淡水魚も居ました。

「これはブルーギルに違いない」といとやんが言っていましたが、正解が分かりません。笑

他には、何年ぶりに見ただろう・・?

25年ぶりくらいかな。笑

アメリカザリガニも潜んでいました。

結構楽しいじゃん。

お隣には天然のプールもあり、

そこにも鮎が泳いでいます。

なんか変な風景でしたが、

淡水は髪がキシキシにならず、器材についた塩もきれいさっぱり抜けましたね。

体もさっぱりしたいので2ダイブ目は「ばってんの湯」につかり、

しっかり垢を落とし、熊本城を観光して帰りました。

天気が良かったので、阿蘇山もよく見え、美しい。

と、素敵な風景で今年のブログは終了です。

本年もダイブショップサンライズをご利用頂き、誠にありがとうございました!!

来るべき新しい年が皆様にとって幸多き一年になります様にお祈りしてきました。

では、来年もダイブショップサンライズをどうかご贔屓に宜しくお願い致します☆

みなさまよいお年をお迎え下さい。

     今年もいっぱいポチっとしてくれてありがとうございました。
     暫くブログ更新しないので、ランキング下がってしまいますが、
       お休み期間中もたまにはクリックお願い致します!!!!
                 ↓ ↓ ↓ ↓
              
          年始は1月15日(水)11:00OPENです。
            こちらもポチっとお願いします!!
                 ↓ ↓ ↓ ↓
               にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

天草・牛深ツアー2日目 2/2
2013年11月30日

さわでぃーかっぷ。

RIOかっぷ。

今日は忘年会の準備に追われだしました。
いよいよ今年もカウントダウンです。

そして、お待ちかねの天草牛深ツアー2日目の様子です。

前日、飲みすぎて若干二日酔いでのお目覚め。

ツアーの目覚めで二日酔いになってないことなど今まで一回もないのですが、
この二日酔い加減で潜るのがツアーらしさを感じます。

本当はこの日も牛深の海を潜る予定でしたが、ハイヤが強すぎてどこもクローズということで
上天草まで戻って、大矢野で潜ることに。

ここからは約2時間の移動。

島原湾に面したポイント「白涛(しらと)」というポイント。

熊本のショップもよく利用するという志賀島的な感じの場所で
潮の満ち引きが大きく、有明海に似ています。

海の目の前の民宿を使わせてもらえるので、着替えやシャワー施設、休憩場所などは
充実しており、歩いてポイントまでいけるので寒くなりにくいのがいいところ。

潮が引いているので、磯まで歩いてそこでセッティング。

現地のガイド、よかよかダイビングサービスの中野さんのブリーフィング。

丁寧なブリーフィングを聞いているグリーン軍団。
その中に1人プロレスラーみたいな人がいますねw

浅いところを歩いていきます。

水深1mくらいのところから入って、水深3mくらいのところですぐいた
クリアイロウミウシ

シロウミウシとは少し体色が違いますね。

これがシロウミウシ

たくさんいました。

となると、アオウミウシもいるわけで。

となると、コノハミドリガイもいますよね。

さすが、志賀島に似たポイントとあって見れるウミウシは志賀島とほぼ同じ。

魚はというと、
ミノカサゴの幼魚

ヒラヒラ

オトシゴも発見。

この後、ガイドさんも教えてくれて合計3匹見れました。

帰る間際にカエルみたいなカレイ発見。

水温が下がるとカレイが沿岸によってくるのですが、
水温は18度。
志賀島とほぼ同じ。

海の中は恋の浦に似てますが、少し違うので不思議な気分。

こういう海の変化も面白いものです。

じっくりフィッシュウオッチングして50分で浮上。

とっても、丁寧に魚やウミウシを教えていただき感謝。

あがってシャワーをあびるとこたつでログ付け&お昼ご飯。

なんかおばあちゃん家に来たような気分を味わえました。

帰りに弓ヶ浜にある温泉に入って帰ることにしました。

むかった温泉は「湯楽亭」
洞窟温泉が有名で温泉通をうならせるほどの人気の温泉らしくわくわくして行ってみました。

確かにすごい洞窟温泉でした。
イメージこんな感じ。

近くに行った際は寄ってみるといいと思います。
壁によっかかれませんww

500円で入れます。

その後、天神に帰り着いたのが18時。
意外に早くついてびっくりです。

天草ダイビング意外にありですね。

次回の熊本は湧水に潜ってみたいと思います。

いわゆる湖のようなところです。

水温は18度に保たれているので冬でもそこまで寒くないらしく
透明度は50mあり、鮎やウグイが見れるらしいです。

そこは熊本市内に近いので日帰りでいけますので、お楽しみダイブ&潜り納めにしようと
思うのでいける方は是非ご参加くださいね。

器材の塩抜きもばっちりできます!

 
それではまた明日。

 
 
 
 
                        今日も応援1クリックお願いします。よろしくです。
                                  ↓  ↓  ↓
                                  

                                  ↓  ↓ 
                                  にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

天草・牛深ツアー1日目 1/2
2013年11月29日

さわでぃーかっぷ。

りおかっぷ。

さばいでぃーかっぷ。

というわけで、今日から通常営業です。

火曜日から水曜日にかけてツアーに行ってきたのですが、
火曜日のツアーというとご存知グリーン軍団ですよね。

今回はサンライズ初の牛深ツアーに行ってきました。

行こう行こうと思いつつなかなかいけなかった天草。

坊津より遠いという噂の牛深。気軽にいけないというイメージが
先行して足が遠のいていたのですが、融通がものすごく利くグリーン軍団に甘えて
一か八か行ってみることに。

朝7時に博多駅に集合して高速に乗って松橋インターで降ります。

意外にも近い熊本。

ここから下道を走ります。

ナビタイムでは天神から4時間35分で到着するようになっていましたが、それは机上のこと。
実際走ってみてどうかというのは分かりません。

もしかしたら、狭い道をくねくね走ったり、道に迷ったり、工事してたりなどなど。

インターを降りて1時間ほど走ると天草五橋の第一橋。
順調に時間通り。

天気もよく最高の景色。

天草五橋は第一橋から第二橋までは離れていますが、二橋から五橋までは
たて続けに渡っていきます。

まだまだ渡ります。

橋を渡るマエサチ。

渡ったあとは山道。紅葉もきれいです。

天草の牛深にいくには大きな島を2つ通っていかなければなりません。

一つ目は上天草の大矢野。

二つ目は上天草の上島。

五橋を全部渡ると、そこは上島。

意外に大きい島でこれは時間がかかるだろうと思っていたら
新しくできた有料道路が島の入り口から半分くらいまで伸びており
上島はあっという間に制覇。

最後の下島の一番下が牛深です。

順調にナビタイムの時間通りで、休憩入れても4時間40分くらいで到着しました。

イメージ的には坊津と同じくらいかちょっと近いイメージかな。

牛深の名所ハイヤ大橋の下にある牛深港でお昼ご飯。

ハイヤとは南風のこと。
ハイヤという名前の由来は、元々”南風”のことを九州で”ハエの風”と呼んでいることが起因で、
ハエがハエヤになり、やがてハイヤへと訛っていったと言われているらしいです。

長旅で疲れた体を海の幸が癒してくれます。

僕はキビナゴ定食。

あったかいところはキビナゴが美味しい。

ご飯を食べて外に出ると、
福岡より日差しが強くてあまり寒くなく、ハイヤが吹いていました。

グリーン軍団は用意周到船の上で寒いであろうと思い、湯たんぽ持参してましたが、
この調子だとなくてもいけそうな予感。

港についてもあったかい。

今回は宿もダイビングも牛深ダイビングサービスさんにお世話になりました。

船はダイビング用にしてあるのでとっても快適。

船内も座れるので寒いときはここに非難。

貸切で最高です。

ポイントまでは20分くらいで到着。

風が強くても絶対潜れる海中公園。
東側はサンゴがきれいで回遊魚などか見れて
西側は浅くてウミウシがいっぱい見れるとのこと。

早速準備してエントリーです。

どぼーん。

黒ちゃん颯爽と飛び込みましたが、
この後、潜降のときにスノーケルをくわえて、まさかのタンクなし潜降で2メートルくらいから
クリオネ浮上していく様を下から見てしまいましたが、このことはみんなに黙っておきますね。

水底までは浅くサンゴとソラスズメダイが広がってました。

すいすい泳いでいくと

サガミリュウグウウミウシ発見。

大きくてプラモデルみたいなウミウシでした。

熱帯にしかいないハナミノカサゴも大きく成長。

クマノミもいました。
大きい。

透明度は30m!!

といいたいところですが、7~9mくらいでした。
風が強くて濁っていたみたいです。
透明度がよければほとんど沖縄と変わらないくらいのサンゴと魚たちを
味わえたのかなと思います。

楽しそうなグリーン軍団さん

仲良しですね。

2本目は西側へ。

こっちは最大でも10m
浅いのでサンゴもきれいに見えます。

ミドリリュウグウウミウシ発見。

汚い色してますが、実際は大きくて迫力あります。

コイボも発見。

どこにでもいます。
おなじみのウミウシ。

砂地にもいた、サガミリュウグウウミウシ。

ソフトコーラルと普通のミノカサゴ。

アカホシカクレエビ。

サンゴに癒されたダイビング。

黒ちゃん2本目はさすがに何もなくてよかったねって思ってたら、
ドライにエアー入れるボタンが分からず、スーツスクイズおこして胸と肩にあざができてました。
まさか2本目の最後にドライの空気ってどうやっていいれるんですかって言われると思って
なかったので、度肝を抜かれましたがこのことはみんなに内緒にしておきます。

まあ初の牛深で無事潜れ感謝感謝。

この後、宿に移動しましたが、
場所は魚貫崎という陸の孤島のような場所。

牛深の町から30分くらい車で走り、山を抜けてたどり着いた場所は

人里はなれてほんとに何もないところでしたが、目の前には海が広がる。

こんなところに住んだら大変だろうなと思っていたら、
実際大変らしいです。
南に面しているのでハイヤが吹くと海が荒れ潮をかぶり車のラジエターは3年で交換。
船は出れず、作物は取れない。
人を寄せ付けないところほど自然が美しく何年住んでも景色は美しいとおっしゃっていました。

海の幸をここでも堪能させていただき、

大満足の1日目となりました。

そんなこんなで今日のブログはおしまい。

続きはまた明日です。

お楽しみに~~

ではでは

 
 
                  天草は遠いけどサンゴいっぱいの海に応援1クリックお願いします。
                                ↓  ↓  ↓
                                にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

                             こっちもお願いします    
                                 ↓  ↓  ↓
                                 

Page 1 of 11

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧