ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • サンライズについて
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

辰ノ口ダイビング、お花見、野母崎ドライブの日
2018年4月1日

みなさんこんばんわ。

DMのショーです。

今日のブログは、昨日の辰ノ口のこと。

以前利用していたショップのオーナー祝さんの2周忌ということもありこの日は辰ノ口へ。

水温15~16度。透明度は、2~5m。

外と一緒で海の中にも春が来ているようで、春濁っておりました。

4,5kgはあるでっかいヒラメが居たり。

カンパチの群れやボラの大群が入ってきていました。

濁っている方が、姿が見えにくくて魚にとってはいいのかな。

マクロは透明度関係なく、どんな時でも観察出来ます。

このハシナガウバウオは、可愛いけれどガンガゼのトゲに隠れて撮りにくい。

大将さんが上手に撮ってくれました。

このキンギョハナダイのメスも綺麗に撮れてます。

大潮の流れに乗りながら一本長く潜った後は、お花見タイム!

祝さんがいつも散歩にきていたというこの場所ですが、

むちゃくちゃ景色が良く、桜も満開でとにかく最高でした。

お花見シーズンで天気の良い週末だというのに、人も少なかったのがまた良かったです。

辰ノ口にこんな場所があったとは。

次来た時にはもう散ってるんだろうな~なんて思いながらみておりました。

儚いですね。

また来年も見にこよう。

お次は近くのチューリップ祭りへ。

前回来た時よりもたくさん咲いておりました。

春は生命のパワーに満ち溢れていいですね。

いっぱいパワーをいただいてきました。

その後は、祝さんが飼っていた愛犬のダルに会いに行こうということで、普段は行くことのない野母崎の方へドライブ。

辰ノ口からさらに南。長崎の突端の方へ。

佐世保からきたシティボーイおっくガイドで観光スポット巡り

こちらは野母崎の夫婦岩

しめ縄が漁網で編んであるのが印象的でした。

岩の間からは軍艦島が覗けます。

下におりてみるとホンダワラやらヒジキやらがいっぱい打ちあがっておりました。

春の大潮は、昼間の方がよく引くそうです。

タイドプールの傍をサスケごっこしながら遊んできました。

海から上がってきてまた海で遊ぶなんてみんな本当に海がすきやね~~。

いよいよダルが引き取られたというカフェに行く予定だったのですが…

お店が無くなっちゃってました泣

しかたないので代わりにオシャレなカフェでまったりしてきました。

おいしいランチとビールを頂いたあとは辺りが一望できる展望台へ。

ここから東京より上海の方が近いのね。

潜って食べて花見して観光して、この日は一日長崎満喫コースでしたね

自然いっぱいで、どこに行っても人が少ない長崎さいこーーーー!!

今日はお花見!

ダンゴウオみんなでさがすぞーーーー!!。

3/23 ふわふわインコカフェ佐世保
2018年3月23日

ダイビングの後に、「どっか遊びに行こう」は
夏のトップシーズンはできません。
(サービス業ですからね)

世間には、夏以外に潜りたくないという
方が一定数いますので、
「どっか遊びに行こう」は
夏以外の時期に限られます。
(サービス業ですからね)

そこで鳥フリークの店長が企画した
「佐世保のインコカフェに行こう」は
まさにこの時期うってつけ。

今日は朝から車を走らし、
店長一人でみんなの
荷物とウエイトを倉庫で積み込み、
ガソリンを満タンにして、
お店に来ていたことを
後から知りました。

インコカフェで
遊ぶ時間を増やすために
店長は小さい体で
がんばっていたんですね。

ありがとうございます。

そんなインコに会いに来てくれた
インコ好きな人達。

ピピッ!!

せなこんのワインカラードライ
せなこんらしくて、センスあります。
似合ってますよね。

さて、今日は珍しく
僕のガイドで潜ったのですが、

なぜか、みなさん店長についていくので、
僕は「衛星のように」店長の周りを
グルグル回るガイドになっていました。

僕のガイドについてきてくれていたのは
せなこんだけ。

これガイドの意味ある??

まあ、僕がガイドをしていることに
意味があるんでしょう。

透明度は、春の濁りでしたが
そこまで悪くありません。

陸上では汗ばむ陽気でしたが、
水は15℃でひんやり気持ちいい

クマノミもまだまだ静か

最近、浅瀬の砂地の
ウニをひっくり返すと、
こいつがよくいます。

男前ガニ

岩の上には
男前カサゴ

男前ウツボ

男前巨ヒラメ

男前ハコフグ

衛星ガイドは、店長の周りを
ゆっくりと回りながら、ゆっくりと
泳いだせいか、72分とロングダイブでしたが、

エンリッチのおかげで寒くもなく
疲れもせず快適ダイブ。
最近、僕の中で、ただのエアー=寒い+疲れる
が定着しつつあり、志賀島にも
エンリッチで潜りたいと思う
今日この頃です。

高圧の窒素って体に良くないです。

そうなのだ

1ダイブでささっと終えたあとは
チューリップ祭り

大将さんTシャツってw

歩くだけで、暑いけどね

この調子なら
来週には咲き誇るでしょう

ついこの前まで、雪が積もっていたのにね。
季節のスピードに心が追いつきません。

あっという間に夏になるんでしょうね。

そして、ささっとご飯を食べた一行は
すすっと佐世保市街の高台にある
「ふわふわインコカフェ」へ

今日の背の順。

店に入るや否や、
問答無用で、頭の先から靴の裏まで
消毒させられ、インコ最優先の
インコおばちゃんの「言いつけ」を守ることを
書面で約束させられ、インコ部屋に通されました。

さすが、インコおばちゃんが
愛情注いで育てたインコちゃん
達は、人間大好き。

ここで見るオカメインコは
ある意味新鮮。
鳴き声もリアクションも違うので
それもまた新鮮。

子供の頃にインコを2羽殺した経験がある
マイマイは、インコが怖い。

いや~~~

でも、インコはそんなの関係ない

遊んで遊んで

大きいインコは意外に重い。

そのかわり触り心地もよい。

実物に会うと、イメージと違って
かわいいもの

百見は一体験にしかず。

ねっ?

ふふふ

動物好きには動物が群れる。

そのへんはインコもわかる。

だよね

慣れたインコたちは
ちょっとした芸も身につけて
いました。
羽を広げて、
「YEAH!」

しかし、いつでもやってくれるとは
限りません。

やってよ

「YEAH!」

やってよw

「YEAH!」

やれやれ
うるせ~んだよ
俺も機嫌があるんだよ。

き~~~~~

僕は「白い悪魔」の異名をもつ
キバタンがお気に入り

一度、執着するとしつこかったり、
噛みついたり、暴れたり、怒ったりと
自由な性格らしいけど、
僕はそんな暴れ馬が好きなのです。

一羽ほしい

でも、るーちゃんが
怖がるだろうな

こっちならいいかな

逆にこっちでもいいかも

一度、欲しくなったら、
止まりません。

インコの魔力おそるべし。

朝からがんばった店長も
インコに癒されて、
よかったよかった

どうしても、インコカフェに連れていって欲しいと
いう方はインコ店長にご相談ください。

RIO

3/21 春のチューリップ祭り
2018年3月22日

神奈川では、雪が降っているそうで
異常気象が今後のデフォルトになるが
識者たちの見解です。

二酸化炭素に排出による
地球温暖化は「嘘」であることは、
承知の事実ですが、日本の気候は今後、
冬ものすごく寒く、夏はものすごい暑くなり、
異常気象が増えていくと言われています。

また、地球全体で見てみると、北極の氷は解け、
北回りの航路が大きく 開通することで、
フランスから届くワインなどは、気温の高い南周りに比べ、
品質を維持できるようになり、あたらしい物流革命が
おきると言われています。

そして、北極の氷が解ける代わりに、
南極の氷は増えていますので、
相対的に氷の量は変わりません。

南極大陸の氷が全部溶けたら、
モルディブは なくなるでしょうが、
北極の氷が全部解けても
アルキメデスの原理により、
海水面の上昇は ありません。

海水温は上昇しサンゴは死んではいますが、
世界全体的に見ると、太陽の黒点の数から
「寒冷化」に向かっています。

全てが悪い方向にいっているように
錯覚をするのは、気のせいです。
(というか、「テレビ」のせいです)

地球は生き物なのですから。

さて昨日、喉が枯れやすい
という、お悩みをつるっこから頂きました。

そして、それは「脱水症状」の一種であることを
お伝えしました。
お茶、コーヒー、ハーブティーなど
全て水分ですが、体の水分として
認識されるのは、「真水」のみ。

一番いいのは、軟水の白湯です。

つるっこは、真水を一日に一滴も飲まないとのことで
久し振りにペットボトルの水を買ってもらい
飲ませることにしました。

1日2L飲んでも、「水太り」するどころか
大抵の人は「痩せやすい体質」に変わりますので
頑張って飲んで、美しくなってくださいね。
僕のおすすめは「フィジーウォーター」です。

昨日はふーみんのガイドテスト。

神経を張り巡らせ
一生懸命みんなをコントロールしますが、

全員フォトダイバーで

ウロウロウロウロ

※大ちゃん初のワイドレンズ

特にこの子は写真に夢中であっちこっち
泳ぎ回って、ガイドについてこないので、

GEKIMUZU

らしいです。
カメラもガイドもね

いまは、綺麗に撮れなくても
いつか綺麗にとれるようになるであろう
ポテンシャルを秘めたカメラであることは
ちょっと使ってみると誰でもわかります。

そして、つるっこが撮った
リングライト写真


テンロクケボリがいい感じに仕上がっています
顕微鏡+リングライト最強です。

アオサハギも

かわいく撮れてます。

中性浮力が取れて、
どう撮れば魚がかわいくなるかを
知って、カメラの使い方を勉強すれば
TG+リングライト
TG+ワイドレンズ+ストロボ
でインスタにもフェイスブックで
十分映える写真は撮ることができます。

こっから先の、「アーティスティック」
もしくは「ロマン」ひいては「プロ」を
視野に入れている方は
一眼をお買い求めください。

全然違いますから。
「お値段以上の写真」を撮ることが
できます。

たっちゃんが
イカの補食を撮ってくれていました。

食べられているのは
見た感じサラサエビです

いつものシロハナガサも神秘的。

ゼブラガニも男前。

さすがたっちゃん。

この魚なんとなく
たっちゃんに似ている雰囲気を感じました。

大ちゃんもがんばれ~~

ストロボががっつり映り込んでいるよ

2本目はふーみんの
デモンストレーションスキルテスト

マスククリアが苦手なふーみん
マスク外すと、体がクルクル回るので
コンタクトを無視して
目を開けてやってました。

ウエイト脱着

中性浮力

一発クリアなら、15分で終わるところを
65分かかって何とか終了。

正直、今のスキルではPADIダイブマスターで
あれば、まあ合格ですが、サンライズのスタッフテストでは
100%不合格レベルです。

毎回のファンダイビングを意識的に
イメージしながら反復練習しないと、
いつまでたってもレベルは変わりませんし
プロとしての自覚も芽生えません。

こいつは、いつも何かの枝に化ける
プロとして生きています。

ふーみんだけでなく、
皆さん、とりあえずプロレッスンに
参加できるレベルに到達してくださいね。

期待しています。

帰り路、チューリップ祭りに
参加してきました。

毎年これを見ると、春を感じます。

まだ、5分咲きといったところ

暖かくて気持ちがいい

梅も咲いてました。

景色は全部たっちゃん作
さすがたっちゃん

テントウムシも喜んでいます。

カサカサ

さてこの後、
「無傷のエスティマくん」を
ぶつけた男がいました。

天神に帰ってきて、最後の最後
ビュートリアムの前に路駐する際、
花壇にボディの下側を「ガン!!!!」
ハイエースの感覚だったらしいのですが
そんない言わ分け通用しません。

そんなやつはお仕置きじゃ

次やったら、「氷の微笑SP」を受けてもらうことに
なります。
ロングバージョンで。

ダイビングも運転も
「意識する」

それがふーみんの今後の
課題です

RIO

3/10 カエルアンコウ再び!!辰ノ口ビーチダイビング
2018年3月11日

みなさんこんばんわ!

DMのショーです。

久々のブログは昨日行ってきました辰ノ口のことです。

僕はこちらのグッドスマイルお二人とまったりファンダイブのガイドを担当させてもらいました。

少し海から遠ざかると、仲間が恋しくなります。

潜れる喜びを味わいながら、嫌われ者の僕が頑張りました。

久々の辰ノ口は、いつの間にかに水温15度でぽっかぽか。

フクロノリたちが増えていて、

ウミウシたちが沢山でてきていました。

てるちゃんがキレイに撮ってくれたカキオトメウミウシや、

小さなコモンウミウシなど

たくさんのウミウシたちに会えて、噂にたがわず、

いつの間にかウミウシ天国になっていた辰ノ口でした!

面白かったです。

こちら店長の前田さんは、

あっという間にサンライズっ子になったピッコロさんとSP講習だったようです。

一本目は、マイドライスーツを使いこなすための講習。


苦戦すると思われたピッコロさんだったようですが、、、

予想以上に上手なピッコロさんにびっくりしたみたいです。

2~4m以内の浅場でもまったく浮くこともなく、砂を巻き上げることもなく完璧だったとか。

落ち着けばなんでもできるやん!

続く二本目は、魚のお勉強!

家でも自分で見た生き物をスケッチしたり、生き物大好きなピッコロさん。

この講習を通じてますます海の生き物の奥深さに触れたようですが!!!!!!!

そんな感じで講習していたらなんと…..

でたらしいです!!!!!

みんな大好きカエルアンコウ♡

なんかえらく顔が腫れてる風・・・?

なんか毒性生物でも食べたんかな。

サイズもビッグ。

ピッコロさんの小顔と同じくらい。

そんな感じでレアな生物に出会えて楽しみながら、

沢山の事を学んできたピッコロさんだったようです。

今日の海の事はまた休み明けに更新しまーーす。

またみてにゃ。

たけしはこの冬はぷくぷくしていますよ~~~~

3/7 3人で春のダイビング
2018年3月10日

今日は、素潜り基礎コース4日間
バージョン初日。
美人人妻とマンツーマンで
レッスンです。

改良に改良を重ね、ある程度
満足のいくカリキュラムが完成
してきました。

自分のテンションも含め、みなさんが
満足してもらえるように考え抜きました。

最近、仕事が趣味になりつつあり、
仕事へ割く時間が必然的に長くなっています。

識者たちがよくいう「人生で仕事が一番楽しい」
ということを、理解できるように
なったのは、本厄バリバリの私への
今年のご褒美なんだと思います。

どこまでが遊びで仕事なのかの
境界線は曖昧ですけどね。

さて、3/7の平日長崎ダイビングは
ダイバーも釣り人もほとんどおらず、
寂しいような嬉しいような雰囲気の中、
僕たちはおにいとみかさんとエンリッチ講習
でした。

2人を深い方へいざない、

おにいが酸素酔いを体験。

本当??

その真相は本人にしかわかりません

帰りは、DM候補生のおにいに
ガイドをしてもらいます。

移動しながら、丁寧に魚を探してくれます

スズメダイとクロホシイシモチの
違いはもうわかります。

僕の新コンピューターTUSA1204の
ブラックゴールドを確認すると、
北口に帰るには時間がかかりすぎて
いるようで、

目測を誤り、北口に帰るつもりが、東口の
方に来ていました。

そこで、北口に帰るより
そのまま東口に帰った方が
早いことを教えると、
ショートカットするため、
そのまま陸地(磯)に泳ぎ続け
結果遠回りする結果になって
しまいました。

バテバテなみかさんを連れ、
無事到着しました。

その後、みかさんに
罵詈雑言を浴びせられたのは
想像に容易いところですが、
これもまた経験です

これでまたひとつ学びました。

2本目の講習は、
西の砂漠を下りていって、
セミホウボウを探そうがテーマ

しかし、なぜかフラフープで遊ぼうが
テーマになっていました。


雲の合間で遊んでいるような
水深20mの不思議な空間でした。

辰の口のタイムリミット16時に浮上後、

疲労ダイバーえい航をして
終了となりました。

お兄の体力測定は
おしまい。

あとは、レスキュー評価ですね

事故者役は、この方に
お願いしましょうね。

お二人とも、
お疲れ様でした。

明日は、志賀島ダイブ。

いえーい!

RIO

Page 1 of 111234510...Last »

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧