ダイブショップ サンライズ

お問い合わせ・お申し込みは0120-222-874

  • 資料請求
  • 	お申し込み
  • トップページ
  • ダイビングを始めよう
  • ダイビングを楽しもう
  • サンライズについて
  • スタッフ紹介
  • 日々のサンライズ

ブログ「日々のサンライズ」

10/12 まだ濁っている辰ノ口
2018年10月13日

台風25号の影響で、相当な濁りの
辰ノ口は、数日経った昨日も
回復していませんでした。

この日は、実践編がスタートDAYだったので、
そんなことは気にせず、透明度が比較的よさそうな
西口の地形を、2ダイブ使って立体的に学んでいきます。

グルグルプカプカ
水中と水面を行ったり来たり

基本的に、TTでは、実際の現場で使える
「どこでも働ける実践的な方法」を
伝授しています。

めぐが、それを生かせるかどうかは別にして、
それなりのスキルが身についた時に、
必ず役に立ちます。

この辺は、プロレッスンでも教えては
いません。

プロレッスンで教えることは、
サンライズで働くことを前提としており、
レベル5に到達した時には、サンライズスタッフ
として必要な、全てのスキルが身についています。

しかし、サンライズで働くためのスキルと
他所で働くときに必要なスキルは
違った部分も多いのです。

その辺を踏まえて、めぐは
これからどんどんしごかれますので、
覚悟しておいてください。

鬼りょうちゃんが出てきます。

さて、もう一組は、
中止中止でタイミングが1ヶ月来れなかった
サンライズのアイドルまゆこんぐ

やはり、濁りはとれていないようで、

魚もくすんで見えます。

そんな中でも、目立つシロマスク

女子の間で、シロマスクは
スタンダードになりつつありますね。

カエルアンコウを探しに、
2の段にいくと、台風の爪痕で
サンゴ付きカイメンが
散らばっていました。

ウニ刺さりコロダイも
悲しげです。

2本目は、まゆこんぐが
見たことない、ミジンエリアへ

まゆこんぐは、
ミジンベニハゼを一所懸命に撮ります。

しかし、映っていませんでした。

空き缶の写真が6枚ほどありましたが、
どれも空き缶のみ。

デジタルカメラには
レントゲン機能はついておりません。

ですので、缶に入ってない
ウミウシは撮れていました

最後に、絡まりながら
あげたフロートでダイビング終了

ゆっくり、ご飯をたべて
帰っていたら、真っ暗になって
ました。

まゆこんぐは、RIOザップのおかげで
体が軽くなっていましたので、腕の負担は
軽くて済みました。

ありがとうございます。

さて、明日は今年ラストの沖ノ島

チャーターです。

ワイワイするんでしょうね。

僕は、素潜りで夜プールなので、
もし、打ち上げがあったら、
23時以降に参加したいと思います。

あと、体調がよければ。

RIO

10/7 濁った日のダイビング。
2018年10月7日

こんばんは。 すっかり風邪をひきました、マエダサチコです。

しかし、ダイビング体質なのですね、わたし。

風邪をひいても耳もサイナスも問題なく抜けます。

なんなら海水でうがいをして喉の調子を整えているくらいです。

さて、昨日出発した柏島チームは順調で、

楽しいツアーになっているようですが、

私はというと、

台風25号で大荒れだった昨日から一夜明けた辰ノ口にやってきました!

外気温は30度を超え、海も穏やか。

上から見ると透視度は良さそうに見えなくもない感じでしたが、

実際には1,5m~3m。

ゴミがすごい溜まってました。

舞ってました。

前回の激荒れの志賀島に続き、

今回は激濁りの辰ノ口を味わうことになった

こずえ丸ですが、

濁ってるよりも、荒れてる方が怖かったと言っていました。

スキルは淡々とこなし、

辰ノ口ならではの生物たちを観察して楽しんでくれていました。

初めて見て触れるニセクロナマコには興味津々。

なんかでてきたぞ。

これはなに?

濁っていても関係ないですね。

しかし、最終ダイブのミニダイブは少々苦戦。

先にどんな景色が広がっているか全然見えないので

コンパスだけが頼りになるわけですが、

なんでもコンパスが勝手にくるくるくるくる回ってたそうです。

それでも牛歩戦術でなんとか一の段到着。

ちゃんと生物も教えてくれました。

もちろんナマコ。

クロダイも教えてくれたけど、正解はマダイでした。

かわいいから許す。

はっちは、アドバンス講習が始まり、

マイスーツで中性浮力を極めます。

これも透視度は関係ない。

むしろ魚や生物が見えない方が、はっちにとっては集中できます。

でもやっぱむずい。

しかし、中性浮力が取れていないと、

ここではガンガゼに刺さりますのでしっかり練習する必要があります。

そうこうしていると刺されました。

痛かったけど、刺されても『死にぁーせん!』と、笑顔を見せるはっち。

その場にいるみんなを明るい気持ちにさせ、みんな笑顔になりました。

こんな風にしてはっちの周りには笑顔の人たちが集まるんだろうなと感じました。

その後はみんなで生物を観察したり、

ウミウシを見つけたりして、与えられた環境の中で楽しみました。

ファンダイブのたつぼー&つるっこチームは、

はぐれたりはぐれなかったりしながらイツメン撮影。

目の色、目の下のブルーに加えて、胸鰭の色がむちゃくちゃきれいなダテハゼ。

オキナワベニハゼの物憂げな表情が愛らしい。

カサゴが背景のキイロウミウシ。

綺麗に並んだハタタテダイ。

顔がかわいい。

最近ダイバーにガンガゼをねだってついてくるイシダイ。

ハタタテダイと顔も模様も似ていることに気づきました。

透視度・海況・お天気は、いい日もあれば悪い日もあるし、

見たい生物が見れない日もあるし、

思いがけずレアな生物やレアな場面に遭遇することもある。

しかし、私の辰ノ口人生で、今日一番濁ってました。笑

そんな日はただただ、目を凝らして、神経を研ぎ澄ませるのです。

では、また明日。

12/29 2017年潜り納め&お嬢送別会
2017年12月29日

こんばんは。DMのショーです。

昨日は、2台で辰ノ口へ潜り納めにいってきましたよーーー。

DMトミーチーム、DMコンバットチームはファンダイブに

僕は、DM候補生おにいの講習生役で潜ってきました。

太った僕と痩せたおにい。

ずいぶん前からおにいのDM講習は始まっておりましたが、

一緒に潜るのはこれが初めてでした。

おにいはこの日、かっこいいおニューのドライスーツでやってきました。

タンクは運べるけど、フィンははけないDM候補生おにい。

そんなおにいにまずは、フィンを履かせてあげました。

自分でフィンがはけないなら、お客さんに履かせてもらえばいいのだ。

この日も透明度GOOD

おにいの真っ赤なニュードライ、ばりばり水中で目立って光り輝いてました。

「愛の戦士」かっこいいです。

この日は、おにいのディープ講習

深場も綺麗でした。

まずは色の変化を見てみました。

おにいのスーツの色は水深28mでも全く変化なし

目立つスーツはDMにとっては必須ですね。

僕も新しいスーツが欲しくなっちゃいました。

僕は何色にしようかな。

簡単なゲームもしてきました。

おにいはセコして僕に勝って喜んでいました。

帰りはちゃんと魚も教えてくれました。

しかも名前も知っていました。

正解!

おにいすごいなー!

かっこいいなーーー!!

2本目は僕のガイドでおにいアシスタントで13人全員で潜ってきました

はらちゃん、カメラ水没しなくてよかった。

たいちゃんも水没しなくてよかったよかった。

生物も色々見てきました。

オトヒメエビは相変わらず2匹並んでかわいかったな。

変なカニもまたいたよ。

透明度が良い海に潜って、
ふじりんもまるちゃんも喜んでおりました。

温泉に入って温まり、
天神に戻ってお嬢の送別会で朝まで飲み明かしました。

今日のダイビングでお嬢は耳が抜けず、いい感じに潜れなかったけど

お嬢の為にこの日は、沢山の人が集まってくれてみんなでお嬢との思い出を語り合いました。

大阪に旅立つお嬢にサンライズからは、一年間の思い出がたっぷり詰まったフォトスタンドを進呈しました。

お嬢からは、色んなあったかいものを頂きました。

みんなであったかくなりたいと思います。

そんな感じで長い一日が終わりました。

来年も皆様宜しくお願い致します。

野郎たちの辰ノ口
2017年12月26日

メリークリスマス!! DMの大輔です。

みなさん、もうクリスマスが終わったと思っているでしょ?それは商業主義に毒された日本でのこと。
キリスト教の本場ヨーロッパではまだまだクリスマスシーズンは続きます。今年は1月7日までかな。

日本ではハロウィンが終わるとすぐにクリスマスモードになるけれど、

本当は12月25日の4週間前の日曜日から準備が始まり、1月6日の直後の日曜日までが本当のクリスマス!!

まだまだクリスマス気分でいきましょう。

今日は野郎ばっかりの辰ノ口。エンリッチナイトロックスのでかでかコンビ、岡山から遊びに来たササショウ、

ファンダイブのともき。紅一点、前田さんは柏島からの連チャンダイビング。

今日の辰ノ口は透明度抜群!!10mくらい見えてたかな。辰ノ口の地形も生き物も丸見え!!

エンリッチ講習の二人は濃度の濃い酸素を吸って、目力もパワーアップ。

二人でバディダイブ、30mオーバーのアラの巣を目指す。

フーミンの抜群ガイドでぴったり到着。今日のアラの巣は明るくてきれいだったらしい。

この時キュウちゃんは残圧80、死に物狂いで帰ってきたらしい。減圧不要限界が伸びても、エアがもたないとね。

その頃、久々にシェルドライを着た猫耳ササショウはPPBとドライスーツのスペシャリティ講習。コスプレではないのね。

水中体操座りも、逆立ちもばっちりできました。これから夜道を気を付けて帰ってね。

ファンダイブ組はイソバナについているカニを探しに行ったけど、二人で探し続けて結局見つけられなかった。

イソバナの周りをぐるぐる回り続けたけどだめだった、残念。近くにいたオニオコゼが迷惑そうな顔してた。

この後は深場でオトヒメエビなんかを見て、きれいな辰ノ口を満喫しました。

2017年もあとわずか。お店の潜り納めは29日でーす。

その日はお嬢の送別会もあります。来られる人は連絡ください!! 飛び立つお嬢をみんなでお見送りしよう!!

Chao!!

12/20 平日に長崎でダイビングをしよう
2017年12月23日


平日なのに、集まってくれた面々です。
ありがとうございます。

僕とマイちゃんはエンリッチ講習で、
他のみなさんはファンダイビング

冬の平日は人がほとんどいないので
とってもいい感じなのです。

冬は人が少ない理由は、
「普通、冬とか潜らないでしょ」
とか言っている人が多いからです。

そういった人は、普段から「感情」と「固定概念」に
頭の中を支配されていいますので
為政者の思うように利用され「大衆」として
生かされていることにあまり気が付いていません。

そうならないためにも
「常識を徹底的に疑う」ことを
おすすめしています。

みか姫は初めてのマイドライスーツで
ダイビングでした。

6年近く、レンタルで潜ってきているので、
「着やすさ」「脱ぎやすさ」「温かさ」「かわいさ」
どれをとってもレベルが違うことを体感したようです。

とってもお似合いですよね。

それだけではなく、使っていくうちに
ドライスーツにご自身の「気」が入ってくるので、
これ以外着たくないって思うようになるのが
わかると思います。

そして、いつものダイビングが
変わっていき、楽しみの幅が広がって
いきます。

ふーみんはこれ以外着ちゃだめ

ドライスーツは洋服と違って
「コスプレ的」な要素が大きいので
違う自分が演出できます。
しかも、異空間である水中での
コスプレはストレス解消に
大きく貢献します。

ハロウィンがここ何年かで一気に
社会的な地位を築いたように
日本人は少しづつ「殻」を破り
「個人」の時代の到来を肌で
感じているのかもしれません。

みか姫は自分のドライに慣れるのに
そんなに時間はかからなかったようです。

毎回、自分に合わないレンタルで潜って
きていたから、対応力がついているのかも
しれません

僕とまいちゃんは途中まで
店長ガイドについていって
そこから深いところに降りて
酸素&窒素酔いを経験しました。

酔っていなかったようです。

でも、掛け算は酔っていたようです。

その後、灯台を一周回って
帰っていきました。

結構泳いだし、疲れたんだろうなと
思っていたら、全然元気なまいちゃん
エンリッチのおかげなのかな

2本目も僕らエンリッチ講習組は
一緒に潜ることにしました。

優しいめぐちゃんは、
まいちゃんのシリンダーを一生懸命に
運んでいましたが、まいちゃん
めぐちゃんに腕相撲勝ったよね??

僕は「フル装備コンデジ」で
あれやこれや設定をかえて
練習していました。

めぐちゃんもいい写真を撮って
展示会入賞を狙います

がんばって百枚以上撮影していました。

大将さんも上手に撮っていました

男前なゼブラガニ

綺麗なガラスハゼ

つぶらなカサゴ

でも、一本目に水没したので、2本目からは
ノーカメラダイビング

たまにはいいよね

西口を泳いでいると、
真鯛が10匹くらいついてきます

ウニをクレ~~と
目の前に近づいてきます。

真鯛ちょっと怖し。

最後は、たまたまいた
こいつ

ハムスターにもなるし、
トラみたいにもなるし、
鬼みたいにもなるフグでした。
「ハムフグ」となずけました。

あんまいじめないでね。

無邪気な一同

みなさんさんきゅーでーす

冬のダイビングがやっぱ一番好きですな

RIO

Page 1 of 171234510...Last »

月別記事一覧

新着記事一覧

カテゴリ一覧